ヴィオッティからメンデルスゾーンへ

 ヴァイオリン・ヴィルトゥオーゾの世界 Vol.1

 From Viotti to Mendelssohn
 Violin Virtuosity Vol.1


ALCD-9221 税込価格¥3,080(税抜価格¥2,800) 2021/07/07発売   JAN 4530835 113546
島根恵(ヴァイオリン) 碓井俊樹(ピアノ) 島根朋史(チェロ)

Megumi Shimane, violin Toshiki Usui, piano
Tomofumi Shimane, violoncello *


レコード芸術 準特選
音楽現代 注目盤



G.B.ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲 第22番 イ短調
 [1] I. Moderato
 [2] II. Adagio
 [3] III. Agitato assai

F.メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
 [4] I. Allegro molto appassionato
 [5] II. Andante - Allegretto non troppo
 [6] III. Allegro molto vivace

[7] F.ダヴィッド:ノクターン へ長調 《5つのサロン用小品》より 作品28-1
[8] J.ヨアヒム:アンダンティーノ イ短調 作品1-1
[9] C.シューマン:「私は暗い夢の中に立っていた」《6つの歌》より 作品13-1
[10] P.バイヨ:アンダンテ ニ短調 作品29*
[11] F.メンデルスゾーン:「歌の翼に」《6つの歌》より 作品34-2*


島根恵(ヴァイオリン) 碓井俊樹(ピアノ) 島根朋史(チェロ)*


録音:
品川区立五反田文化センター 2021年3月15-17日


後進の指導や、音源の少ない学習者向けの楽曲のCD化にも力を注いでいるヴァイオリニスト島根恵による、ヴァイオリン音楽発展の歴史に焦点をあてた一枚。国際的に活躍する碓井俊樹、島根恵の息子で音楽博士でもあるチェリスト島根朋史との共演も聴きどころ。なお、ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲第22番は、島根恵の校訂・解説による楽譜(演奏アドヴァイス付き)が音楽之友社から刊行。






島根 恵 Megumi SHIMANE(ヴァイオリン)
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学器楽科を卒業後、桐朋音楽大学研究生を修了。1981年第8回ヴィエニアフスキ国際ヴァイオリンコンクールに入賞。1987年第2回日本モーツァルト音楽コンクール・ヴァイオリン部門優勝。
これまでにヴァイオリンを、海野義雄、江藤俊哉、久保陽子、兎束龍夫、広瀬八朗、母島根育の諸氏に、室内楽を黒沼俊夫氏に、和声学を松村禎三氏に師事。2013年から2018年までJ.S.バッハについて、オランダのチェリスト、アンナー・ビルスマ氏に師事。
後進の指導のほかに、音源の少ない学習者向けの楽曲をCDにすることを主な活動としている。
公益社団法人日本演奏連盟会員。一般社団法人日本弦楽指導者協会関東支部理事。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会会員。

公式Website
http://megumishimane.web.fc2.com


碓井俊樹 Toshiki USUI(ピアノ)
東京藝術大学附属音楽高等学校および東京藝術大学を経て、ザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学で研鑽を積む。岩崎淑、植田克己、アボ・クユムジャン、カール・ハインツ・ケマリンクに師事。ヴィオッティ国際音楽コンクール入賞、オランダミュージックセッションにてドネムス演奏賞、ウィーン現代前衛芸術団体‘TAMAMU’より現代芸術特別賞、カントゥ国際音楽コンクール優勝など数多くの受賞歴を誇る。国内外のオーケストラのソリスト、多くの国際音楽コンクールの審査も務め、ウィーンを拠点に40カ国以上にて演奏活動を、南極大陸をはじめ100カ国以上の渡航歴がある。2017年「音楽を通じた日本とアルジェリアとの相互理解の促進」の功績にて平成29年度外務大臣表彰を受賞、2019年ジョージア共和国シグナギ市より名誉市民称号を授与される。2020年第3回種田山頭火賞を受賞。一般社団法人横浜シンフォニエッタ 代表理事・ゼネラルマネージャー、近江シンフォニエッタ ゼネラルマネージャー、日本香港音楽協会理事長(香港)、長野芸術文化振興協会 音楽監督、兵庫県豊岡市“おんぷの祭典”音楽監督、後進の育成においても数多くのピアニスト、国際コンクール入賞者を輩出している。尚美学園大学・大学院客員准教授を経て上野学園大学客員教授。
公式Website:www.toshikiusui.com


島根朋史 Tomofumi SHIMANE(チェロ)
東京藝術大学を附属高校から修士課程まで経て、博士号(音楽・チェロ)取得。研究内容はヴィオラ・ダ・ガンバからチェロ、ベートーヴェンの時代に至る奏法史について。同声会賞、大学院アカンサス音楽賞を受賞。サティ音楽院(パリ)バロックチェロ科、ヴィオラ・ダ・ガンバ科修了。故A.ビルスマ、E.バルサ、河野文昭、鈴木秀美、福澤宏などの諸氏に師事。
東京文化会館、スービズ邸(パリ)にてリサイタル開催。2019年、ALM RecordsよりリリースしたソロCD「Les Monologues」は、レコード芸術準特選、音楽現代・読売新聞・月刊サライの推薦盤、月刊Stereo優秀録音盤に選出された。
古楽オーケストラLa Musica Collana首席奏者、サブディレクター。同団でNHK「ららら♪クラシック」に出演し、古楽奏法の解説と演奏を務めた。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、レ・ボレアード、Trio Ace、弦楽アンサンブルTGSなど各メンバー。昭和音楽大学非常勤講師。日本弦楽指導者協会正会員。ヒストリカル/現代のチェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバを操る三刀流奏者、演奏家兼研究者の「音楽博士」として活動中。



Giovanni Battista Viotti: Violin Concerto No.22 in A minor
 [1] I. Moderato
 [2] II. Adagio
 [3] III. Agitato assai

Felix Mendelssohn: Violin Concerto in E minor Op.64
 [4] I. Allegro molto appassionato
 [5] II. Andante - Allegretto non troppo
 [6] III. Allegro molto vivace

[7] Ferdinand David : Nocturne in F major from “5 Salon Pieces” Op.28-1
[8] Joseph Joachim: Andantino in A minor Op.1-1
[9] Clara Schumann: ‘I Stood Here in My Dark Dreams’ from “6 Songs” Op.13-1
[10] Pierre Baillot : Andante in D minor Op.29*
[11] Felix Mendelssohn: ‘On Wings of Song’ from “6 Songs” Op.34-2*



Megumi Shimane, violin Toshiki Usui, piano
Tomofumi Shimane, violoncello *

Recording Location: Gotanda Cultural Center Hall, 15-17 March 2021