HOME > DISC > ALCD-9189

ラルゴ 〜サクソフォンとオルガンによるバロック音楽作品集〜
Largo


ALCD9189.jpgALCD-9189 税抜価格2,800円 2018/08/07発売
JAN 4530835 112167
長瀬正典サクソフォン 椎名雄一郎オルガン

Masanori Nagase, saxophone

Yuichiro Shiina, organ

レコード芸術 特選盤
音楽現代 準推薦盤
Stereo 今月の優秀録音盤
ロゴ&左右に年号.jpg



アルビノーニ (1671-1751)
協奏曲 ニ短調 作品9-2
Tomaso Albinoni: Concert in D minor, Op.9, No.2
 [1] I. Allegro e non presto
 [2] II. Adagio
 [3] III. Allegro

コレッリ (1653-1713)
ソナタ ヘ長調 作品5-10
 [4] I. Preludio
 [5] II. Allemanda
 [6] III. Salabanda
 [7] IV. Gavotta
 [8] V. Giga

ヘンデル (1685-1759)
水上の音楽(長瀬正典、椎名雄一郎 編)
第1組曲 HWV 348
 [10] Ouverture - Allegro
 [11] Adagio e staccato
 [12] Allegro
 [13] Andante
 [14] -
 [15] Air
 [16] Bourrée
 [17] Bourrée
 [18] Hornpipe
 [19] -
第2組曲 HWV 349
 [20] -
 [21] Alla Hornpipe
 [22] Menuet
 [23] Lentement
 [24] Bourrée


長瀬正典(サクソフォン) 椎名雄一郎(オルガン)

〈録音〉軽井沢コルネ音楽堂 2016年10月8-10日



19世紀にアドルフ・サックスにより発明されたサクソフォンは、バロック時代にはまだ存在していなかったが、その響きはバロック音楽とも美しく呼応し、温かくも明るい音色を紡ぎ出す。サックス奏者・長瀬正典が、オルガンの名手・椎名雄一郎の奏でる軽井沢コルネ音楽堂のオーベルタン・オルガンの芳醇な響きとともに贈る、心安らぐバロック音楽のひととき。




NagaseMasanori.jpg
長瀬正典(サクソフォン)

浜松学芸高等学校芸術科音楽課程卒業。東京藝術大学音楽学部器楽科サクソフォン専攻卒業、静岡大学大学院教育学研究科修士課程(サクソフォン、音楽教育専攻)修了。
東京藝術大学在学中に室内楽定期演奏会オーディションに合格し、大学主催の演奏会に出演。これまでにサントリーホールデビューコンサートをはじめ、数多くの演奏会に出演。オーケストラのサクソフォン奏者として名古屋フィルハーモニー交響楽団、中部フィルハーモニー管弦楽団、浜松フィルハーモニー管弦楽団等で演奏。2008年、オーストリア・ザルツブルグコンサートツアーに参加し、ミラベル宮殿で演奏。2012年、サントリーホールオルガンプロムナードコンサートに出演し、椎名雄一郎氏と共演。同年、CD「Air~サクソフォンとオルガンによるバッハ作品集~」をリリース。2014年、華道家假屋崎省吾氏との共演で、音楽と華道のコラボレーションを実現。その他、国内外で幅広い演奏活動の他、後進の指導にも力を注ぐ。
現在、東京藝術大学、静岡大学、常葉大学短期大学部、浜松学芸高等学校、各非常勤講師。文化庁「学校への芸術家等派遣事業」講師。サクソフォンを岩本伸一、冨岡和男、須川展也、北山敦康の各氏、室内楽を冨岡和男氏、古楽演奏法を吉沢実氏に師事。



ShiinaYuichiro.jpg
椎名雄一郎(オルガン)

東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。第1回ダラス国際オルガンコンクール第2位。第12回ライプツィヒ・バッハ国際コンクール第3位。2002年NDR(北ドイツ放送局)音楽賞国際オルガンコンクール優勝。
ウィーン国立音楽大学に留学し、オルガンをM.ラドゥレスク氏、チェンバロをG.マレー氏に師事し、満場一致の最優秀の成績で卒業。スイス、バーゼル・スコラカントルム音楽院に留学。オルガンとチェンバロをJ.C.ツェンダー氏、通奏低音をJ.A.ベッティヒャー氏、アンサンブルをA.ルーリー氏に師事。日本のほか、スイス・オルガン・フェスティバルをはじめ、ドイツ、オーストリアを中心に欧州各地で演奏会を行う。
コジマ録音よりCD「バッハのオルガン解体新書」、「平和の祈り」、「メンデルスゾーンオルガン作品集」などをリリースし、レコード芸術特選盤に選ばれる。また春秋社より『パイプオルガン入門』を出版する。
現在、長崎・活水学院オルガニスト、キリスト教音楽研究所副所長、活水女子大学音楽学部准教授。東京藝術大学非常勤講師。日本基督教団讃美歌委員会委員。日本キリスト教団吉祥寺教会オルガニスト。


Tomaso Albinoni: Concert in D minor, Op.9, No.2
 [1] I. Allegro e non presto
 [2] II. Adagio
 [3] III. Allegro

Arcangelo Corelli: Sonata in F major, Op.5, No.10
 [4] I. Preludio
 [5] II. Allemanda
 [6] III. Salabanda
 [7] IV. Gavotta
 [8] V. Giga

[9] George Frideric Handel: Largo(Ombra mai fú)

George Frideric Handel: Water Music (arr. Masanori Nagase & Yuichiro Shiina)
Suite I HWV 348
 [10] Ouverture - Allegro
 [11] Adagio e staccato
 [12] Allegro
 [13] Andante
 [14] -
 [15] Air
 [16] Bourrée
 [17] Bourrée
 [18] Hornpipe
 [19] -
Suite II HWV 349
 [20] -
 [21] Alla Hornpipe
 [22] Menuet
 [23] Lentement
 [24] Bourrée




Masanori Nagase, saxophone Yuichiro Shiina, organ

Recording Location: Karuizawa-cornet, Nagano, 8-10 October 2016