HOME > DISC > ALCD-9139

山根弥生子 ブラームスを弾く Vol.2
Yaeko Yamane plays Brahms Vol.2

ALCD9139.jpgALCD-9139 税抜価格2,800円  2014/05/07発売
JAN 4530835 110477
山根弥生子ピアノ

Yaeko Yamane piano

レコード芸術特選盤

「ここに1950年代にヨーロッパで身につけた正統的なピアニズムと解釈を今に生かしながら、堅固なかたわら、おのずとにじみ出る気品と詩情とに特徴づけられる」(濱田滋郎氏)
「このブラームスは、かつてヨーロッパの音楽が持っていたであろう、香りやエレガンスを漂わせている」(那須田務氏)



ヨハネス・ブラームス:
[1]-[27] ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ op. 24
[28]-44] シューマンの主題による変奏曲 op. 9
[45]-[56] 創作主題による変奏曲 op. 21-1
[57] スケルツォ 変ホ短調 op. 4

〈録音〉府中の森芸術劇場 ウィーンホール 2011年9月27-28日、10月18-19日、11月14日

日本人初となるベートーヴェン全ピアノ独奏作品録音プロジェクトを2013年に完結させた山根弥生子の最新盤。12年ぶりとなるブラームス、それも「ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ」をはじめ大曲を中心に組まれた濃厚なプログラムにはヨーロッパの伝統的なピアニズムが息づき、半世紀を超えるキャリアによって磨きぬかれた山根弥生子の芸術は、音楽の深奥を照らしだす。

山根弥生子(ピアノ)
 パリ国立音楽院でラザール・レヴィに師事。1953年プルミエ・プリを得てピアノ科卒業。その後チューリッヒ、ベルリン、モスクワでそれぞれマックス・エッガー、ヘルムート・ロロフ、ヤコブ・フリエールのもとで研鑽。1958年マリア・カナルス国際コンクール第一位。1960年日本でデビュー以来、国内外で絶え間なく演奏活動を続けて今日にいたる。1970年と77年には東京でベートーヴェンの全32曲のピアノ・ソナタ連続演奏会を開き高い評価を得る。海外の演奏はフランス、イタリア、スイス、ドイツ、チェコ、スロヴァキア、ポーランド、ルーマニア、ブルガリア、ユーゴスラヴィア、ロシア、中国に及ぶ。レパートリーは古典、ロマン派から現代に及び、特に海外では日本の作品の演奏にも力を入れ、牧野由多可のピアノ協奏曲第2番、「浄瑠璃幻想」、宍戸睦郎のピアノ協奏曲第2番等を世界初演した他、松平頼則の「主題と変奏」も演奏している。
国内のほとんどの主要オーケストラと共演し、国外でも多くの大都市のオーケストラ、旧レニングラードフィル(指揮アルヴィド・ヤンソンス)、ベルリン交響楽団(指揮クルト・ザンデルリング)、ゲヴァントハウス管弦楽団(指揮ヴァーツラフ・ノイマン)、ドレスデン・フィル(指揮クルト・マズア)等と共演。協奏曲のレパートリーは40数曲に及ぶ。1975年度福山賞受賞。2013年、日本人初のベートーヴェン全ピアノ独奏作品録音を完結。2014年、第26回ミュージック・ペンクラブ音楽賞(独奏・独唱部門賞)受賞。


yaekoyamane2014.jpgYaeko Yamane
(Photo: Yukio Kojima / studio gitanes)
Johannes Brahms (1833-1897)

[1]-[27] Variations and Fugue on a Theme by Handel op. 24
[28]-44] Variations on a Theme by Schumann op. 9
[45]-[56] Variations on an Original Theme op. 21-1
[57] Scherzo in E-flat minor op. 4


Yaeko Yamane (piano)
Yaeko Yamane studied with Lazare Lévy at the Paris Conservatory, graduating in 1953 after being awarded the Premier Prix, and subsequently continued her studies in Zurich with Max Egger, in Berlin with Helmut Roloff, and in Moscow with Yakov Vladimirovich Flier. Yaeko won 1st Prize in the Maria Canals International Music Competition in 1958. Since her Japanese debut in 1960, Yaeko has tirelessly pursued a performing career both in Japan and around the world. She performed highly acclaimed cycles of the complete Beethoven Sonatas in Tokyo in 1970 and 1977, and has given concerts in France, Italy, Switzerland, Germany, the Czech Republic, Slovakia, Poland, Romania, Bulgaria, Yugoslavia, Russia and China. Yaeko’s repertoire stretches from the Classical and Romantic periods to the present, with particular effort being expended on introducing foreign audiences to new Japanese compositions, such as Tema e Varie by Yoritsuné Matsudaïra. Her world premiere performances include the Second Piano Concerto and Fantasy of Joruri by Yutaka Makino, and the Second Piano Concerto by Mutsuo Shishido. Her world premiere performances include Tema e Varie by Yoritsuné Matsudaïra, the Second Piano Concerto and Fantasy of Joruri by Yutaka Makino, and the Second Piano Concerto by Mutsuo Shishido. Yaeko has performed with nearly all the major Japanese orchestras and important foreign orchestras including the Leningrad Philarmonic Orchestra under Arvid Jansons, the Berlin Symphony under Kurt Sanderling, the Leipzig Gewandhaus under Václav Neumann, and the Dresden Philharmonic under Kurt Masur. Yaeko has over forty concertos in her repertoire. She was awarded the Fukuyama Prize in 1975 and is the first Japanese artist to record the complete works for piano solo by Beethoven.