HOMEABOUTACCESSRECORDINGRECRUITRELEASESCATALOGUE
ORDER(JAPAN)ORDER(OVERSEAS)AWARDS



記憶の風景
Escenas de la memòria


ALCD-7291 税込価格¥3,300(税抜価格¥3,000) 2023/05/07発売  JAN 4530835 115274
鷲宮美幸〈ピアノ〉
Miyuki Washimiya piano





ぶらあぼCD評(New Release Selection)link




[1] プーランク: 愛の小径

[2] プーランク: エディット・ピアフを讃えて 即興曲第15番

プーランク: ナゼルの夜
   [3] 前奏曲 Extrêmement animé et décidé
   [4] 変奏1. 分別の極み Vif et gai
   [5] 変奏2. 手の上の心臓 Modéré
   [6] 変奏3. 磊落と慎重と Presto
   [7] 変奏4. 思索の続き Très large et pompeux
   [8] 変奏5. 口車の魅力 Très allant
   [9] 変奏6. 自己満足 Très vite et très sec
   [10] 変奏7. 不幸の味 Lent et mélancolique
   [11] 変奏8. 老いの警報 Très rapide et bien sec
   [12] カデンツァ Très large et très librement –
   [13] フィナーレ Follement vite, mais très précis

[14] ドビュッシー: 亜麻色の髪の乙女 《前奏曲集第1集》より

[15] セヴラック: ロマンティックなワルツ《休暇の日々から第1集》より

[16] セヴラック: 古いオルゴールが聞こえるとき《休暇の日々から第1集》より

[17] モンポウ: 歌と踊り 第6番

[18] グラナドス: アンダルーサ 《スペイン舞曲集》Op.37 より

グラナドス: 《ロマンティックな情景》より
   [19] マズルカ Poco lento con abandono
   [20] アレグレット
   [21] エピローグ Andantino spianato con exaltacion poetica

レクオーナ: 《スペイン組曲「アンダルシア」》より
   [22] アンダルーサ
   [23] マラゲーニャ


鷲宮美幸〈ピアノ〉


<録音>
2022年10月3-4日


アンリエット・ピュイグ=ロジェの推薦を得てパリで研鑽を積み、現在はソリスト・室内楽奏者として国内外で活躍している鷲宮美幸。3枚目のソロ・アルバムとなる今回は、近代フランスとスペイン由来の作品に焦点をあてたもの。音楽のコントラストを鮮やかに描ききる鷲宮の表現力によって、まさに万華鏡のような色彩の乱舞が湧き起こる。




鷲宮美幸〈ピアノ〉
 7歳よりピアノ、作曲、バイオリンを始める。その後、桐朋学園大学ピアノ科在学中、フランス音楽界の第一人者H.ピュイグ=ロジェ氏の推薦で、パリに留学。帰国後、同大学を卒業。
 第56回日本音楽コンクール入選を皮切りに、UFAM国際コンクール・室内楽部門第2位、日本室内楽コンクール第3位、国際ピアノデュオ・コンクール2台4手部門第2位(日本人最高位)など、多くのコンクールに入賞。
 Kris Foundationに度々招聘され、シンガポールでソロリサイタル、Metropolitan Festival Orchestra、指揮Chan Tze Lawと協奏曲を共演。また、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のクリストフ・ハルトマン、イ・ムジチ合奏団のマッシモ・パリス、マクサンス・ラリュー、ミッシャ・マイスキーなど、国内外の著名なソリストらとも共演している。
 NHK・BS「ぴあのピア」、NHK・FM「名曲リサイタル」にソロで、また室内楽、伴奏でも度々出演。『ピアノ&ピアニスト』(音楽之友社、2018年1月発行)の“日本の名ピアニストたち”にも選ばれた。
 これまでにピアノを寺西昭子、村手静子、T.パラスキヴェスコ、高木茉莉、松浪佳子の各氏に、室内楽をJ.M.ダマーズ、三善晃、H.ピュイグ=ロジェ、クリスチャン・イヴァルディの各氏に、チェンバロを遠藤陽子氏に師事。
 現在、ソリスト、室内楽奏者、オメガ・ピアノトリオのメンバーとして活躍している。
 これまでに、ソロ・アルバム「ワッシー・ファンタジア」(パスティエル)、「鷲宮美幸ピアノ・リサイタル」(コジマ録音)をリリース。このほかマッシモ・パリス(Vla.)との共演による「ショスタコーヴィチ」(ダ・ヴィンチ・クラシック)など、数多くのCDをリリースし、いずれも高い評価を得ている。

http://www.miyuki-washimiya.com/



[1] Francis Poulenc: Les chemins de l'amour

[2] Francis Poulenc: Hommage à Edith Piaf – Impromptu No.15

Francis Poulenc: Les Soirées de Nazelles
   [3] Préambule. Extrêmement animé et décidé
   [4] Variation I: Le comble de la distinction. Vif et gai
   [5] Variation II: Le cœur sur la main. Modéré
   [6] Variation III: La désinvolture et la discrétion. Presto
   [7] Variation IV: La suite dans les idées. Très large et pompeux
   [8] Variation V: Le charme enjôleur. Très allant
   [9] Variation VI: Le contentement de soi. Très vite et très sec
   [10] Variation VII: Le goût du malheur. Lent et mélancolique
   [11] Variation VIII: L’alerte vieillesse. Très rapide et bien sec
   [12] Cadence. Très large et très librement –
   [13] Final. Follement vite, mais très précis

[14] Claude Debussy: La fille aux cheveux de lin – Préludes I

[15] Déodat de Séverac: Valse romantique – En vacances I

[16] Déodat de Séverac: Ou l’on entend une vieille boite a musique – En vacances I

[17] Federico Mompou: Cancións y Danzas No.6

[18] Enrique Granados: Andaluza – Danzas espanolas Op.37

Enrique Granados: Escenas Romanticas
   [19] Mazurka: Poco lento con abandono
   [20] Allegretto
   [21] Epilogue: Andantino spianato con exaltacion poetica

Ernesto Lecuone: Suite española “Andalucía”
   [22] Andaluza
   [23] Malagueña


Miyuki Washimiya, piano


Recording: 3-4 October, 2022