HOME > DISC > ALCD-7238

Viaggio

ALCD7238.jpgALCD-7238 税抜価格2,500円 2019/08/07発売
JAN 4530835 112648
Barchetta(バルケッタ) [佐藤秀徳(トランペット) 佐藤紀雄(ギター)]
Barchetta[Shutoku Sato, trumpet & Norio Sato, guitar

レコード芸術 準特選盤


[1] ファリャ:アストゥーリアス地方の歌 《7つのスペイン民謡》より
[2] A. マルチェロ:アダージョ《オーボエと弦楽合奏のための協奏曲 ニ短調》より
[3] 渡辺裕紀子:バルケッタ―トランペットとギターのための(2018)
[4] ドビュッシー:美しき夕べ
[5] ファリャ:カンシオン 《7つのスペイン民謡》より
[6] 岡野貞一/渡辺裕紀子 編曲:朧月夜
[7] ダウランド:デンマーク王のガリアード
[8] ファリャ:ムルシア地方のセギディーリャ 《7つのスペイン民謡》より
[9] ダウランド:涙のパヴァーヌ
[10] 武満徹/渡辺裕紀子 編曲:翼
[11] ファリャ:ポロ 《7つのスペイン民謡》より
[12] 中村八大/Momo 編曲:上を向いて歩こう
[13] ファリャ:ムーア人の織物 《7つのスペイン民謡》より
[14] ファリャ:ホタ 《7つのスペイン民謡》より
[15] ダウランド:エセックス伯のガリアード
[16] マイヤーズ:カヴァティーナ
[17] ヒナステラ:小麦のダンス
[18] 本田祐也/上屋安由美 編曲:さよならのワルツに溺れて
[19] ファリャ:ナナ 《7つのスペイン民謡》より

Barchetta [佐藤秀徳(トランペット) & 佐藤紀雄(ギター)]
GUEST: 相川瞳 (パーカッション)


〈録音〉相模湖交流センター 2019年1月12-14日


Barchettaは、2016年に結成されたトランペットの佐藤秀徳とギターの佐藤紀雄によるデュオ。音量からしてだいぶ違うこの2つの楽器によるデュオは珍しく、CDでもなかなかお目にかかれない。しかし二人の佐藤は、性格がまったく違う楽器によるアンサンブルだからこそ、今まで聴いたことのない豊かな世界が広がることを存分に示してくれる。未知の世界へと聴き手を誘う瑞々しいアルバムの誕生。



Barchetta.jpg
佐藤秀徳 Shutoku Sato トランペット
福島県郡山市出身。東京藝術大学卒業。Theater Orchestra Tokyo(K-Ballet Company)首席トランペット奏者。横浜シンフォニエッタ、東京金管五重奏団などに所属。アンサンブル・ノマドレギュラーゲスト。
1999年よりライヴパフォーマンスグループ「チャンチキトルネエド」(2013年活動休止)のメンバーとして海外公演や全国ツアーに参加し各方面から高い評価を得る。2013年NHK連続テレビ小説「あまちゃん」、2019年大河ドラマ「いだてん」などをはじめとする劇伴音楽、CM、アーティストサポートなどの録音にも多く参加している。大友良英スペシャルビッグバンドメンバー。
クラシックからジャズ、ポップスなど幅広いフィールドで演奏しており、独自の世界観でトランペットやアンサンブルの新しい魅力を作り出している。
故郷福島県では、ソリストとして多くの音楽団体と共演するほか、後進の指導にも力を入れている。2010年に福島県出身のトランペット奏者3人とピアニストで結成したQuartet Made in Fukushimaでは、県内をはじめ東京・福岡での公演、CDのリリースのほか、2017年にはNHK-FM「リサイタル・ノヴァ」に出演し好評を博した。

佐藤紀雄 Norio Sato ギター
1951年生まれ。田島秀三、小原安正に師事し1971年ギター・コンクール(現東京国際ギターコンクール)優勝。ギター演奏にとどまらず、指揮、コンサート企画なども行ない、クラシックギター作品を演奏するほか、同時代の国内外の作曲家による多くの作品を積極的に演奏、初演する。ギター演奏においては国内はもとより南北アメリカ、ヨーロッパ各地、中国、台湾、韓国、オーストラリアなど世界各地で演奏やマスタークラスを、また国内外のアンサンブルとも多くの共演を行う。
1997年にはアンサンブル・ノマドを結成し音楽監督をつとめ現在に至る。毎年3回開いている定期演奏会は明確なテーマを持った個性的なプログラムと質の高い演奏で内外の注目を集めている。アンサンブルはこれまでにオランダ、ベルギー、ベネズエラ、イギリス、フランス、メキシコ、中国、韓国などの音楽祭から招待され演奏してきた。1993年京都音楽賞(実践部門) 1994年中島健蔵賞 1996年朝日現代音楽賞を受賞。現在、演奏活動を行うと同時に、桐朋芸術短期大学、日本大学芸術学部ギター科、フェリス女学院大学音楽科などで後進の指導に当たっている。


AikawaHitomi.jpg
相川瞳 Hitomi Aikawa パーカッション
2006年、東京藝術大学音楽学部器楽科打楽器専攻卒業。幼少よりピアノを学び、東邦音楽大附属中学校・高等学校のピアノ科に在籍した。16歳より本格的に打楽器を学ぶ。
2007年、ブルガリアで開催されたプロヴディフ国際打楽器コンクールDUO部門で2位入賞(1位なし)。2013年大晦日、「大友良英 with あまちゃんスペシャルビッグバンド」のメンバーとして、NHK紅白歌合戦に出場。2017年6月、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」にソリストとして出演。これまでに坂東玉三郎、岩城滉一、椎名林檎、渡辺えり、Flower、真琴つばさ、大鳥れい、涼風真世、姿月あさと、蘭寿とむら等と共演し、数多くの舞台やレコーディングに演奏で参加しているほか、作曲・編曲も手がける。ミュージカル、ポップス、現代音楽など、ジャンルを問わないマルチ・パーカッショニストとして精力的に活動中している。



[1] Manuel de Falla:Astriana from Siete Canciones populares Españolas
[2] Alessandro Marcello:Adagio from Concerto for Oboe and Strings in D minor
[3] Yukiko Watanabe:Barchetta for Trumpet and Guitar (2018)
[4] Claude Debussy:Beau Soir
[5] Manuel de Falla:Canción from Siete Canciones populares Españolas
[6] Teiichi Okano/arr. Yukiko Watanabe:Oborozukiyo
[7] John Dowland:The King of Denmark’s Galliard
[8] Manuel de Falla:Seguidilla muruciana from Siete Canciones populares Españolas
[9] John Dowland:Flow my tears
[10] Toru Takemitsu/arr. Yukiko Watanabe:Wings
[11] Manuel de Falla:Polo from Siete Canciones populares Españolas
[12] Hachidai Nakamura/arr. Momo:Uewo muite Arukou
[13] Manuel de Falla:El paño moruno from Siete Canciones populares Españolas
[14] Manuel de Falla:Jota from Siete Canciones populares Españolas
[15] John Dowland:The Earl of Essex Galliard
[16] Stanley Myers:Cavatina
[17] Alberto Ginastera:Danza del trigo from Estancia
[18] Yuya Honda/arr. Ayumi Kamiya:Sayonarano waltz ni oborete
[19] Manuel de Falla:Nana from Siete Canciones populares Españolas


Barchetta[Shutoku Sato, trumpet & Norio Sato, guitar]
GUEST: Hitomi Aikawa, percussion


Recorded at Sagamiko Koryu Center, 12-14 January 2019