HOME > DISC > ALCD-7208

鳥が飛ぶ ー佐藤弘和作品集ー
A Bird Flying Works of Hirokazu Sato

ALCD7208.jpgALCD-7208 税抜価格2,800円 2017/03/07発売
JAN 4530835 111627
ギター/原善伸 鈴木大介 大萩康司

guitar: Yoshinobu Hara, Daisuke Suzuki, Yasuji Ohagi

レコード芸術特選盤
Stereo優秀録音盤
音楽現代注目盤




佐藤弘和:
音楽のエッセイ〜ギターソロのための24の小品集
[1] まどろみ
[2] シルエット
[3] 目覚め
[4] 穏やかなメヌエット
[5] 涙
[6] エチュード(フレージングと倚音のための)
[7] スケルツォ
[8] パストラール・エチュード
[9] ユーモレスク
[10] 古風なロマンス
[11] エコセーズ
[12] マリオネットの踊り
[13] 過ぎ去りし風景
[14] スペイン風ワルツ
[15] 立ち止まるメヌエット
[16] スケルツォ・シックネス
[17] 未来への歌
[18] ロンド・ガヴォット
[19] ある日の悲しみ
[20] 過ちと後悔
[21] 鳥が飛ぶ
[22] 静かな子守歌
[23] 想い出のシチリアーナ
[24] 希望へのコラール

4つの小品(ギター二重奏のための)
[25] 涙
[26] マリオネットの踊り
[27] シルエット
[28] エコセーズ

[29] 夏野原(ギター三重奏のための)


原善伸(ギター)
鈴木大介(ギター) [25]- [29]
大萩康司(ギター) [29]



〈録音〉かながわアートホール 2016年11月8-9・18日、神奈川県立相模湖交流センター 2017年1月18日


2016年夏に佐藤弘和氏が生み出した、あたたかく優しい、ギター音楽のエッセイ。悔しくも同年12月に作曲者は他界され、追悼盤となってしまったが、ここに収録した24の小品は、作曲者が生前、自らの感性とギター人生を集約し心を砕いて筆を執った、永遠に生き続ける作品だ。佐藤氏が全幅の信頼を置いたギタリスト原善伸が、渾身の演奏で氏の想いに応える。



SatoHirokazu.jpg
佐藤弘和

 青森県弘前市生まれ。弘前大学教育学部音楽科卒業。作曲を島一夫に師事。上京し、ギターを渡辺範彦に師事。1990年第21回新人賞選考演奏会(現クラシカルギターコンクール)で第2位入賞。同年、作曲で〈ピアノのためのロンド〉がPTMAヤングピアニスト・コンペティションB級部門入賞。その後、ギターを永島志基に師事。1991年カンマーザール立川にてデビューリサイタルを行う。この頃からギター作曲・編曲作品を『現代ギター』誌上に多数発表。曲集として『佐藤弘和作品集~秋のソナチネ』『季節をめぐる12の歌』『ギター四重奏のための20歳の頃』『G.フォーレ/ドリー(編曲)』『昔の歌~ギターのための22章(編曲)』『ギターソロのためのクラシカル・クリスマス~21のクリスマスの歌(編曲)』『カルカッシ/原典版ギターのための25のエチュードOp.60(校訂)』『風の間奏曲~48の優しい小品集』『佐藤弘和作品集・青空の向こうに』などを現代ギター社より出版。2009年より自身の作品の回顧シリーズ「佐藤弘和作品展」を通算6回開催。CD「佐藤弘和作品集1~秋のソナチネ・素朴な歌」「佐藤弘和作品集2~季節をめぐる12の歌」またDVDや楽譜などを多数出版。ギター曲作曲のモットーは「弾き易くわかり易くメロディックであること」。
 2016年12月22日死去(享年50歳)。



HaraYoshinobu.JPG
原善伸

 ギターを奥田紘正、K.H.ベットナー、佐々木忠の各氏に師事。1973年岩下志麻朗読のLP「マレー乙女マニアナの歌える」の音楽をギター1本で作曲、演奏、録音する。同年、第一生命ホールにてデビューリサイタルの後、ドイツへ留学。1976年ドイツ国立ケルン音楽大学を首席で卒業、ブレーメン音楽院専任講師に就任する。1979年国家演奏家資格を得て帰国、各地で演奏活動を開始する。日本大学芸術学部音楽学科、熊本大学教育学部音楽学科、洗足学園音楽大学弦楽器コースの講師を、また2008年~2016洗足学園音楽大学クラシックギターコース教授を歴任、現在、同大学客員教授。これまでに、東京文化会館小ホール、サントリーホール・ブルーローズ、浜離宮朝日ホール、ヤマハホール、横浜みなとみらいホール小ホールなど都内及び近郊の主要ホールにてリサイタルを行う。また、40年にわたる教育活動を通して、多くの優秀なギタリストを輩出するなど指導者として揺るぎない地位を保っている。



SuzukiDaisuke.JPG
鈴木大介

 早稲田大学文学部卒業。1992年マリア・カナルス国際コンクール第3位、93年アレッサンドリア市国際ギターコンクール優勝。1994年より文化庁派遣在外研修員としてオーストリアへ留学。2000年第10回出光音楽賞受賞。2006年芸術選奨新人賞受賞。武満徹、池辺晋一郎、猿谷紀郎、西村朗、伊佐治直、林光等の多くの作曲家の新作初演を行う他、都立現代美術館、国立新美術館、ブリヂストン美術館など美術館でのコンサートも数多く行っている。斬新なレパートリーと新鮮な解釈によるアルバム制作はいずれも高い評価を受け、CD「カタロニア讃歌~鳥の歌/禁じられた遊び~」は2005年度文化庁芸術祭優秀賞(レコード部門)を受賞。洗足学園音楽大学客員教授。



OhagiYasuji.JPG
大萩康司

 パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。ハバナ国際ギターコンクール第2位、審査員特別賞受賞。これまでに14枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。モスクワのギター・ヴィルトゥオーゾ・フェスティバル、台湾国際ギターフェスティバル、コロンビアのコンペンサール・ギターフェスティバル、日本・キューバ国交400年記念公演などにソリストとして参加。2015年セイジ・オザワ松本フェスティバルではサイトウ・キネン・オーケストラの一員としてベルリオーズのオペラ「ベアトリスとベネディクト」を演奏。第6回ホテルオークラ音楽賞、第18回出光音楽賞受賞。洗足学園音楽大学客員教授。




Hirokazu Sato:
The Essay of Music: 24 petites pieces for guitar solo
[1] Slumber
[2] Silhouette
[3] Awake
[4] Calm Minuet
[5] Tears
[6] Etude
[7] Scherzo
[8] Etude Pastorale
[9] Humoresque
[10] Romance Oldfashion
[11] Ecossaise
[12] Marionette Dance
[13] Past Scenery
[14] Spanish Waltz
[15] Stopping Minuet
[16] Scherzo Sickness
[17] Song to the Future
[18] Rondo Gavotte
[19] Sorrow of One Day
[20] A Mistake and Regret
[21] A Bird flying
[22] Quiet Lullaby
[23] Siciliana of the memory
[24] Choral to Hope

4 Pieces for two guitars
[25] Tears
[26] Marionette Dance
[27] Silhouette
[28] Ecossaise

[29] Natsu Nohara for three guitars


Yoshinobu Hara, guitar
Daisuke Suzuki, guitar [25]- [29]
Yasuji Ohagi, guitar [29]


Recording Location: Kanagawa Art Hall, 8-9, 18 November 2016
Sagamiko Koryu Center, 18 January 2017