HOME > DISC > ALCD-7186

◉GUITARRA×GUITARRA(ギターラ・ギターラ)


ALCD7186.jpgALCD-7186 税抜価格2,800円  2015/03/07発売
JAN 4530835 110798
原善伸・鈴木大介(ギター)

Yoshinobu Hara & Daisuke Suzuki, guitars

レコード芸術特選盤
ステレオ優秀録音盤

いずれも高度に完成された奏楽で、共に後進を導く立場にある両者が若い奏者たちへの範を垂れた、という意味もあると想像されるが、それ以上に、ギター愛好者のみならず広く音楽ファンの心を惹くに値する。願わくば一回性に終わらぬデュオであることを。
(濱田滋郎氏・レコード芸術2015年4月号より



[1] E. グラナドス:歌劇「ゴイェスカス」より 間奏曲(E.プジョール編)

[2] M. デ・ファリャ:歌劇「はかなき人生」より スペイン舞曲 第1番(E.プジョール編)

[3] I. アルベニス:コルドバ(E.プジョール編)

[4] F. プーランク:シテール島への船出 FP150(E.プジョール編)

[5] M. ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ(E.プジョール編)

[6]-[8] F. ソル:慰め (1er Divertissement) op.34
6 Cantabile
7 Thème (Andantino) et Variations
8 Valse

[9]-[10] F. カルッリ:6つの対話風小二重奏曲 第2番 op.34-2
9 Largo
10 Rondeau. Poco allegretto

[11]-[13] F. カルッリ:3つのセレナーデ 第1番 op.96-1
11 Largo maestoso – Allegro moderato
12 Larghetto sostenuto
13 Finale. Poco allegretto

[1]-[5] トランスクリプション:エミリオ・プジョール

1st 原善伸/2nd 鈴木大介 [1], [5], [9]-[13]
1st 鈴木大介/2nd 原善伸 [2]-[4], [6]-[8]

〈録音〉相模湖交流センター 2014年5月13-15日
〈解説〉濱田滋郎

名手二人の競演が、あなたを甘い極上の時間に誘う!ギター界の重鎮・原善伸と中堅世代を代表する鈴木大介が奏でる2台のギターは、豊穣な音の綾を身にまとい、緻密なアンサンブルでギターの千変万化する音色を、ひとつの理想へと昇華させる。心掻き立てるスペインの情熱、あこがれの世界へと誘うフランスの夢幻、そしてギター音楽の気品と格調を高らかに示す古典――魅力のデュオは、音楽を愛するすべての人の想像力を響きで刺激する。



yoshinobuhara.jpgYoshinobu Hara
(Photo: Akitoshi Higashi)
原善伸(ギター)

 1950年神奈川県出身。クラシックギターを奥田紘正、K. H. ベットナー、佐々木忠各氏に師事。1972年日本ギタリスト協会新人賞受賞。1973年東京第一生命ホールにてデビューリサイタル。また岩下志麻朗読のLP「マレー乙女マニアナの歌える」の音楽を任されギター一本で作曲録音する。同年西ドイツへ留学。1974年イタリア・ガルニャーノでのオスカー・ギリア・マスターコースでは優秀者としてファイナルコンサートに出演する。1976年ドイツ国立ケルン音楽大学を首席で卒業。1977年ブレーメン音楽院(現音大)ギター科専任講師に就任。1978年ドイツ国家演奏家資格を取得。1979年帰国、各地で演奏活動を開始する。1980年レオ・ブローウェルのマスターコースを受講。
 1990年CD「グラン・ホタ」を発表、以後、現在までにソロや室内楽など多数のCDを世に出し、多くのアルバムがレコード芸術特選盤に選ばれている。1991年より数年にわたりドイツ、ハンガリーなどで演奏活動をおこない好評を得る。  日本大学芸術学部、熊本大学教育学部、ドイツ・ヴァイカースハイム国際音楽祭などの講師を歴任。現在、洗足学園音楽大学および大学院教授として後進の指導にあたるかたわら、横須賀市にてギター教室を主宰している。
http://www.hara-guitar.com


daisukesuzuki.jpgDaisuke Suzuki
(Photo: Matsunao Kokubo)
鈴木大介(ギター)

 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。マリア・カナルス国際コンクール第三位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演も多く、多くの作曲家による新作を初演しているほか、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。  美術館でのコンサートも数多く行っており、特に都立現代美術館での「田中一光展」(2003年)、国立新美術館での「オルセー美術館展」、ブリヂストン美術館での「ドビュッシー、音楽と美術展」では、展示作品のテーマに即したプログラムをプロデュースし、大きな話題となった。
 また、斬新なレパートリーと新鮮な解釈によるアルバム制作はいずれも高い評価を受け、「カタロニア讃歌~鳥の歌/禁じられた遊び~」は2005年度文化庁芸術祭優秀賞(レコード部門)を受賞。これまでに映画音楽カヴァーアルバム「キネマ楽園」シリーズを6作品発表、各方面から好評を博している。  第10回出光音楽賞、平成17度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。洗足学園音楽大学客員教授。横浜生まれ。
http://daisukesuzuki.at.webry.info




1 Enrique Granados (1867-1916): Intermedio (de la Opera Goyescas)

2 Manuel de Falla (1876-1946): La vie brève: Première danse espagnole

3 Isaac Albéniz (1860-1909): Córdoba

4 Francis Poulenc (1899-1963): L’embarquement pour Cythère FP150

5 Maurice Ravel (1875-1937): Pavane pour une infante défunte

Fernando Sor (1778-1839): L’Encouragement (1er Divertissement) op.34
6 Cantabile
7 Thème (Andantino) et Variations
8 Valse

Ferdinando Carulli (1770-1841): Six petites duos dialogues No.2 op.34-2
9 Largo
10 Rondeau. Poco allegretto

Ferdinando Carulli: Trois Sérénades No.1 op.96-1
11 Largo maestoso – Allegro moderato
12 Larghetto sostenuto
13 Finale. Poco allegretto

1-5 [Transcription: Emilio Pujol]

1st Hara/2nd Suzuki [1], [5], [9]-[13]
1st Suzuki/2nd Hara [2]-[4], [6]-[8]


YOSHINOBU HARA Guitar
Born in 1950 in Kanagawa Prefecture. Hara studied the classical guitar with Hiromasa Okuda, K.H. Böttner and Tadashi Sasaki. Winner of the Young Artist Prize at the Japan Guitarist’s Association in 1972. In 1973, he gave his debut recital at Dai-ichi Seimei Hall in Tokyo, and also composed and performed on solo guitar the accompanying music for the record “Chansons Malaises” read by the Japanese actress Shima Iwashita. In the same year, he went to Germany to further his studies. In 1974, he took part in Oscar Ghighlia’s masterclass in Gargnano in Italy and was chosen to perform in the final concert. He graduated with top honours from the Hochschule für Musik Köln in 1976, and the following year he was appointed lecturer in the Guitar Department of the Hochschule für Künste Bremen. He passed the “Konzertexamen” in 1978.
Hara returned to Japan in 1979 and began extensive concert activities. In 1980, he attended the masterclass by Leo Brouwer. His CD “Grand Jota”, released in 1990, was chosen as the outstanding disc in the Record Geijutsu Magazine. He has since released many recordings in both solo and chamber music. Since 1991, he has performed regularly in Germany and Hungary to critical acclaim. He has taught at Nihon University College of Arts, Kumamoto University Faculty of Education and International Music Festival Weikersheim. Currently he is Professor at Senzoku Gakuen College of Music and its Graduate School and he also runs a guitar school in Yokosuka City.

DAISUKE SUZUKI Guitar
Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. The lyricism of his legato has been said to ‘charm the audience without fail’.
Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad.
Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, to whom he was very close. In 2008, he performed for “A Tribute to Toru Takemitsu” with Kazumi Watanabe, coba, and Tomohiro Yahiro, as the part of Japan Festival held in Kennedy Center (Washington), and in 2010 with the same members at Carnegie Hall and Orange County Performing Arts Center (California) which were highly acclaimed.
Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997) which was acclaimed by Takemitsu who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2013.
Suzuki won the Idemitsu Music Award in 2000 and the Arts Encouragement Prize from Japan’s Agency for Cultural Affairs in 2006. Internationally, he captured third prize in the 1992 Maria Canals de Barcelona International Competition for Musical Performance - Guitar Division.