HOME > DISC > ALCD-7179

ドビュッシー:前奏曲集第1巻&第2巻
Claude Debussy: Préludes pour piano Livre 1 et 2

ALCD7179.jpgALCD-7178 税抜価格2,800円  2013/10/07発売菅野潤(ピアノ)
Jun Kanno, piano

レコード芸術特選盤&優秀録音盤
読売新聞推薦盤

「十分に熟した達意のドビュッシー」(濱田滋郎氏)
「すばらしい透明度と明晰さ」(那須田務氏)
「まとまりのある一貫した流れのうちに、各曲の特性をほどよく煌めかせながら、丹念に描出される。」(青澤唯夫氏)
「ひとつひとつの響きがふくよかな意味を持ちながら空中に放たれる様子には、ただ簡単するほかない。」(読売新聞)


kanno_jun.jpgPhoto: Taisuke Yoshidaクロード・ドビュッシー(1862-1918):
前奏曲集 第1巻
[1] デルフォイの舞姫
[2] 帆
[3] 野を渡る風
[4] 音と香りは夕暮れの大気に漂う
[5] アナカプリの丘
[6] 雪の上の足跡
[7] 西風の見たもの
[8] 亜麻色の髪の乙女
[9] 遮られたセレナード
[10] 沈める寺
[11] パックの踊り
[12] ミンストレル

前奏曲集 第2巻
[13] 霧
[14] 枯葉
[15] ビーノの門
[16] 妖精たちはあでやかな踊り子
[17] ヒースの野
[18] 風変わりなラヴィーヌ将軍
[19] 月の光が降りそそぐテラス
[20] 水の精
[21] ピックウィック卿をたたえて
[22] カノープ
[23] 交代する三度
[24] 花火


〈録音〉彩の国さいたま芸術劇場 2013年4月2-4日

豊かな色彩と煌めく音の輝きに満ちたドビュッシーの前奏曲集が登場。メシアンやイヴォンヌ・ロリオ夫人の薫陶を受け、パリを拠点に活躍するピアニスト菅野潤(かんのじゅん)は、様々な作曲技法が凝縮されたドビュッシーの音楽を、そのフランスの薫りに満ちた色彩的なタッチで染め上げ、卓抜したバランス感覚によって感性と知性の高度な結晶を創り出す。音楽の背後に隠された他芸術への広がりまでが聴こえる演奏が、完成から100年を経た2つの前奏曲集の新時代を象徴する。

菅野 潤
 パリを拠点とし、国際的に活躍するピアニスト。
 桐朋学園大学音楽学部卒業。三浦浩、御木本澄子、高良芳枝、安川加壽子の各氏に師事。その後オリヴィエ・メシアン夫妻の招きにより、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に学び、ピアノ科、室内楽科にそれぞれ一等賞を得て卒業。イヴォンヌ・ロリオ、ヴラド・ペルルミュテール、ゲオルギー・シェベックらの各氏のもとで研鑚を積む。数々の国際コンクールに上位入賞後、演奏活動を始める。
パリ・シャンゼリゼ劇場、及びサル・ガヴォー、東京・サントリーホール、及び紀尾井ホール、ロンドン・セントジョンズ、ローマ・テアトロギオーネ、ザルツブルク・ミラベル宮、その他ジュネーヴ、バルセロナなど各地の主要ホールでの演奏会のほか、ミュンヘン交響楽団、ポーランド国立クラクフ交響楽団、NHK交響楽団、日本フィルハーモニー管弦楽団などと共演。
室内楽の分野では著名な演奏家の信頼を広く集め、ウィーン弦楽四重奏団、ザルツブルク・モーツァルテウム四重奏団、またウェルナー・ヒンク、ピエール・アモワイヤル、ヴラディミール・メンデルスゾーン、ダニエル・グロギュラン、フランク・シュタートラーの各氏らと、欧州各国および日本で定期的に共演し、いずれも高い評価を得ている。
ロンドン、ポルト、メシアンなどの国際コンクールの審査員として、またブリュッセル王立音楽院、フィエゾレ音楽院、ハートフォード大学、桐朋学園大学などでのマスタークラスや、ニース国際音楽アカデミーをはじめとする夏期講習の講師としても世界各地に招聘されている。これまでに、バッハからメシアンまでのレパートリーを収めたCDがフランス、スイス、及び日本でリリースされている。
 2012年5月にALM RECORDSより発売された新譜「メシアン:幼子イエズスに注ぐ20のまなざし」は、「明晰な音楽表出、瞑想的な神秘性、心洗われるメシアン」(「ショパン」誌)、「ダイナミックで繊細、心を打つ、感動的な演奏」(「ぶらあぼ」誌)などと、一致した幅広い支持を受けた。

好評発売中 CD「メシアン:幼子イエズスに注ぐ20のまなざし」菅野潤 ALCD-7161, 7162 (2CD)


Claude Debussy 1862-1918

Préludes 1er Livre
Danseuses de Delphes
Voiles
Le Vent dans la plaine
Les sons et les parfums tournent dans l’air du soir
Les Collines d’Anacapri
Des pas sur la neige
Ce qu’a vu le vent d'Ouest
La Fille aux cheveux de lin
La Sérénade interrompue
La Cathédrale engloutie
La Danse de Puck
Minstrels

Préludes 2e Livre
Brouillards
Feuilles mortes
La Puerta del Vino
Les Fées sont d'exquises danseuses
Bruyères
“Général Lavine” eccentric
La Terrasse des audiences du clair de lune
Ondine
Hommage à S. Pickwick Esq. P.P.M.P.C.
Canope
Les Tierces alternées
Feux d’artifice

Jun Kanno
Jun Kanno is one the most internationally acclaimed and respected Japanese pianists performing today.
A graduate of Toho Gakuen College Music Department in Tokyo, Jun Kanno was invited to France by Olivier Messiaen and Yvonne Loriod, wife of the famous composer, who became his teacher at the Conservatoire National Supérieur de Musique de Paris. He won the <Premier prix> there in piano and chamber music. Jun Kanno was also unanimously awarded the <Diplôme supérieur d’exécution> by the Ecole Normale de Musique de Paris, and was subsequently appointed as Germaine Mounier’s assitant. He completed his studies with Vlado Perlemuter and Gyorgy Sebok.
After getting prizes at several international competitions, Jun Kanno has played with the Munich Symphony Orchestra, the Chamber Orchestra of Berlin, the National Orchestra of Cracow, the Chamber Orchestra of Salzburg, the Chamber Orchestra of Prague, the NHK Symphony Orchestra, the Japan Philharmonic, and the Korean National Orchestra.
Jun Kanno lives in Paris, where he has given many recitals at the Théâtre des Champs-Elysées and the Salle Gaveau. He is regularly invited to perform in principal musical cities such as London (St. John’s), Rome (Teatro Ghione), Geneva (Studio Ansermet), Salzburg (Schloss Mirabell), Tokyo (Suntory Hall), Brussels, Barcelona, Florence and others.
Jun Kanno was a regular guest artist with the Mozarteum Quartet of Salzburg. With Karlheinz Franke, first violin of the Mozarteum Quartet, he played all over Europe under the name of the Mozarteum Duo Salzburg.
Jun Kanno performs regularly with the Vienna String Quartet, composed of top players from the Vienna Philharmonic Orchestra. Werner Hink, Pierre Amoyal, Vladimir Mendelssohn, Bruno Pasquier, Daniel Grosgurin, Martin Lovett and Frank Stadler have been his partners of chamber music.
From 1996 to 2007 Jun Kanno was Professor at the Juan Pedro Carrero Music School in Barcelona, where his pedagogical skills were highly appreciated. Prestigious institutions such as Conservatoire Royal of Brussels, Scuola di Musica di Fiesole, Hartford University and Toho Gakuen College invite him regularly.
Often invited as judge at international competitions (London, Porto, Messiaen-Paris), he frequently holds master classes (International Summer Academy of Nice, PIANALE in Germany, Villa Medici in Italy etc.) all over the world.
His recordings have been released in France, Switzerland and Japan, include works from Bach to Messiaen.
“Vingt Regards sur l’Enfant-Jésus”, the latest CD of Jun Kanno edited by ALM RECORDS in May 2012, was unanimously praised by the critics with comments such as “expression with clarity, meditative and mysterious, feel purified” (<Chopin>magazine), “dynamic and refined, performance full of emotion” (<Bravo>magazine).