HOME > DISC > ALCD-3102, 3103

■A. ウール:クラリネットのための48の練習曲(エチュード)
Alfred Uhl: 48 Etüden für Klarinette


ALCD3102.jpgALCD-3102, 3103 (2CD) 税抜価格3,400円
 2014/09/07発売
JAN 4530835 110606
小谷口直子(クラリネット)

Naoko Kotaniguchi, clarinet


クラリネット界の至宝であるウールのエチュードを録音するというNaokoのアイデアはまさに慧眼だ。そして、実際に録音を聴いた私は、おもわず感嘆の声をあげずにはいられなかった。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者
ヴェンツェル・フックス



Disc 1
[1]-[24] ウール:クラリネットのための48の練習曲 第1巻

Disc 2
[1]-[24] ウール:クラリネットのための48の練習曲 第2巻

〈録音〉三鷹市芸術文化センター 2014年1月16-17日、キラリふじみ 2014年5月26-27日
〈解説〉奥田佳道


クラリネットの喜び、ここに極まる!
完成された技術力に加えて高い音楽性が求められ、クラリネットの最難関エチュードとして上級者の前に立ちはだかるウールの48の練習曲。ウィーン・フィルと親交が深く、その首席奏者達との協働によって創作された偉大なる作曲家の遺産の録音に挑んだのは、日本を代表するクラリネット奏者・小谷口直子。作曲家と同じ街に学び、ウィーンの風をすみずみまで吸収した小谷口が、作品とクラリネットを通じてあらゆる表現の可能性をパレットいっぱいに繰り広げる。待望の世界初録音にして小谷口のデビュー盤、堂々の登場。



kotaniguchi.jpgNaoko Kotanicughi
(Photo: Naoya Yamaguchi [Studio☆Di:VA])
小谷口直子(クラリネット)

 兵庫県神戸市出身。東京藝術大学音楽学部卒業。同大学大学院修士課程修了。
 2000年、東京文化会館新進演奏家オーディション合格、新進演奏家デビューコンサート出演。東京ニューシティ管弦楽団と協演。2001年、第12回日本木管コンクール・クラリネット部門第2位。2002年、第14回宝塚ベガ音楽コンクール・木管楽器部門第1位。『小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト2002』参加。第71回日本音楽コンクール・クラリネット部門第1位、併せて増沢賞(管楽器奏者としてはコンクール史上初)、E. ナカミチ賞 受賞。新日本フィルハーモニー交響楽団と協演。2004年、『イデアル クラリネット アーベント(名古屋・大阪・東京)』に出演。2005年、『2005国際クラリネットフェストin東京』に出演、多くの海外プレーヤーから賛辞を受けた。2006年、『イデアル クラリネット アーベント Vol.2』に出演。2007年、『平成20~21年度 公共ホール音楽活性化事業登録アーティスト』 に選出され、演奏会に加え各地の学校・施設などでアウトリーチ活動を行う。2009年、第25回〈東京の夏〉音楽祭「2009 日本の若き実力」にソリスト出演。東京オペラシティリサイタルシリーズ『B→C バッハからコンテンポラリーへ』 出演。2010年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてウィーン国立音楽大学に留学。ウィーン楽友協会ホールにてホール主催演奏会に出演。ブレゲンツ(オーストリア)にてウィーン交響楽団によるマスタークラスに参加。
 2011年「京都市芸術新人賞」、2012年「神戸市文化奨励賞」受賞。
 これまで、全国主要オーケストラ・吹奏楽団体からの招きにより多数のソリスト協演がある他、日本音楽コンクールをはじめ各種コンクールの審査員や、NHK-TV、NHK-FM への出演、協演CDリリース、音楽専門誌での対談などメディアへの露出も多い。これまでに、クラリネットを藤井一男、村井祐児、山本正治、川畑真一、J. Hindler、G. Pachingerの各氏に、室内楽をG. Pokorny、A. Kouyoumdjianの各氏に師事。
 現在、大阪音楽大学、同志社女子大学 非常勤講師。京都市交響楽団首席クラリネット奏者。オーケストラ活動の他、ソロリサイタルや室内楽公演、各地でのアウトリーチ活動等、全国で幅広い活動をしており、日本を代表する若手クラリネット奏者である。その完璧なまでの高い技巧と美しい音色、豊かな音楽性は多くのファンを魅了している。

楽器: YAMAHA Ideal G
http://kotarinette.com




Disc 1
[1]-[24] Alfred Uhl (1909-1992): 48 Etüden für Klarinette Band 1

Disc 2
[1]-[24] Alfred Uhl (1909-1992): 48 Etüden für Klarinette Band 2

Instrument: YAMAHA Ideal G
Recording Location: Mitaka City Arts Cultural Center, 16-17 Jan 2014
Kirari Fujimi, 26-27 May 2014


Naoko KOTANIGUCHI
Kobe native Naoko Kotaniguchi attained both undergraduate and graduate degrees at the Tokyo University of the Arts, and gave her debut concert in 2000 after winning a Tokyo Bunka Kaikan Audition for Young Artists. She has performed with the Tokyo New City Orchestra. In 2001 Naoko won 2nd prize in the Japan Woodwind Competition, and in the following year, won 1st prize in the Takarazuka Bega Music Competition and participated in the Seiji Ozawa Music Academy Opera Project. Other prizes Naoko has been awarded include the 1st prize in the clarinet section of the Music Competition of Japan, the Masuzawa Prize (the first wind player to win in the history of the competition), and the E. Nakamichi Prize. Naoko has performed with the New Japan Philharmonic, and in 2004 took part in the Idéal Clarinet Abend (Nagoya, Osaka and Tokyo). In 2005 Naoko took part in the International Clarinet Festival in Tokyo and gained the admiration of many international musicians. In 2006 Naoko took part in the Idéal Clarinet Abend Vol. 2, and in 2007 was selected as an Associate Artist by the Public Music Hall Activation Project, which involves performances and outreach activities in schools around the country. In 2009 Naoko performed as a soloist at the 25th Tokyo Summer Festival and at a Japan Youth Potential event, and appeared at the Tokyo Opera City recital series “B to C: From Bach to Contemporary Music”. In 2010 Naoko received a fellowship from the Agency of Cultural Affairs to study at the University of Music and Performing Arts, Vienna, and performed at the Wiener Musikvereinsaal. She also took part in Vienna Symphony Orchestra master-classes in Bregenz.
Further awards Naoko has received are the Kyoto City Art New Face Award in 2011 and the Kobe Cultural Incentive Award in 2012.
In addition to solo performances with all of Japan’s major orchestras and wind ensembles, Naoko has served on the juries of many major competitions, has appeared on NHK television and radio, has released a number of CDs and has gained considerable exposure in the media, including participating in round table discussions in music journals etc. So far, Naoko has studied the clarinet with K. Fujii, Y. Murai, M. Yamamoto, S. Kawabata, J. Hindler and G. Pachinger, and studied chamber music with G. Pokorny and A. Kouyoumdjian.
At present, Naoko teaches on a part-time basis at the Osaka College of Music and Doshisha Women’s College of Liberal Arts, and is principal clarinettist with the Kyoto Symphony Orchestra. In addition to her orchestral work, Naoko gives frequent solo recitals and chamber music concerts, takes part extensively in outreach activities all over Japan, and has become Japan’s leading clarinettist. Her technical perfection and rich musicality have won her a loyal following.