メロディア
Melodia

ALCD-123 税抜価格2,800円 2020/02/07発売  JAN 4530835 112860
山田岳(ギター、パフォーマンス)

GAKU YAMADA guitars and performance

朝日新聞 for your Collection 推薦盤
読売新聞サウンズBOX クラシック 推薦盤
レコード芸術 特選盤
音楽現代 推薦盤



[1] ミシェル・ヴァン・デル・アー (1970- )
ギターとオーディオトラックのための《栗毛色》 (1994)

[2] 近藤 譲 (1947- )
不特定の同種2旋律楽器のための《オリエント・オリエンテーション》 (1973)
※ゲスト:佐藤 紀雄 [エレクトリック・ギター]


[3] 山本 裕之 (1967- )
ギターのための《葉理》 (2018)

[4] 三輪 眞弘 (1958- )
録楽のための《七ヶ岳のロンド》 (2019)


[5] シモン・ステーン=アナーセン (1976- )
2人の増幅された音楽家のための《実践の難しさ》 (2007)


[6] 中川 統雄 (1969- )
一人の奏者によるエレクトリック・ギターとエレクトリック・ベースのための《滅びの中の滅び》[作曲者によるリミックス・ヴァージョン] (2018/19)


西風 満紀子 (1968- )
ギターのための《メロディア – ギター》 (2019)

[7] I.
[8] II.
[9] III.

[10] ロイス・V・バーク (1951- )
5台のエレクトリック・ギターのための《五ギター》 (1981)


山田岳(ギター、パフォーマンス)

〈録音〉
STUDIO JOY 2019年1月30日・4月12日・8月25日・9月11日 [1] [4] - [6] [10]
神奈川県立相模湖交流センター 2019年1月11日・8月30日 [2] – [4] [7] – [9]


作曲家との協働的な対話を繰り返しつつ、音楽に係るあらゆる垣根を取り払う山田岳、二枚目のアルバム。
「ポスト・モダン」と言われる今の時代にあっては、「制度の解体」なしに「創造」はない。山田は、恰も精密な分光器のように、その豊饒な音楽創造(≑制度解体)の複合的なうねりのスペクトルを、個々の作品を通じて見事に映し出している。 (近藤譲)



(c)大島拓也
山田 岳(ギター)
中学生のときジミ・ヘンドリクスに憧れエレキギターを始める。その後ブルースやヘヴィメタル、パンク、プログレなどに傾倒したのち、クラシックギターを佐藤紀雄氏、ダニエル・ゲーリッツ氏に師事。

現代音楽の演奏を活動の主軸とし、広く内外の作曲家との交友を通して多くの独奏曲や室内楽、協奏曲などの初演に携わり、ギターのための新しいレパートリーを開拓している。またアコースティックギター、エレクトリックギターに加え19世紀ギター、バロックギター、リュートなどピリオド楽器の演奏も得意とし、時代にとらわれない幅広いレパートリーを持つ。
近年では楽器の枠を超えたパフォーマーとしての活動、ダンサーや造形家とのコラボレーションによる舞台制作など、さまざまな切り口で新しい表現へのアプローチを試みている。

サントリー音楽財団サマーフェスティバル、秋吉台の夏、ベルリン・ランドシュピーレ、トーキョーエクスペリメンタルフェスティバルなどの音楽祭に客演。
国内での活動のほか、これまでドイツ、ベルギー、ハンガリー、ロシア、マレーシア、中国、シンガポール、ベトナムの各都市に招聘され公演を行う。とりわけドイツ・ケルンでのヴィルヘルム・ブルックとの共演によるH.ラッヘンマン「コードウェルのための礼砲」の演奏は高く評価された。
また東京音楽大学、国立音楽大学、ゲント音楽院(ベルギー)、北京大学(中国)、ラサール芸術大学(シンガポール)、セギ大学(マレーシア)、ハノイ音楽院(ベトナム)などでレクチャーやマスタークラスを行う。

2017年にALM Recordsよりリリースした初のソロアルバム「Ostinati」は、ギターのあらゆる可能性を示した鮮烈な録音として話題を呼び「レコード芸術」誌にて特選盤に選出、加えて第55回レコードアカデミー賞にノミネートされた。

第9回現代音楽演奏コンクール"競楽IX”第1位。第20回朝日現代音楽賞を受賞。
桐朋学園芸術短期大学、福山平成大学非常勤講師。



佐藤 紀雄 Norio Sato  ギター

1951年生まれ。田島秀三、小原安正に師事し1971年ギター・コンクール(現東京国際ギターコンクール)優勝。ギター演奏にとどまらず、指揮、コンサート企画なども行ない、クラシックギター作品を演奏するほか、同時代の国内外の作曲家による多くの作品を積極的に演奏、初演する。ギター演奏においては国内はもとより南北アメリカ、ヨーロッパ各地、中国、台湾、韓国、オーストラリアなど世界各地で演奏やマスタークラスを、また国内外のアンサンブルとも多くの共演を行う。
1997年にはアンサンブル・ノマドを結成し音楽監督をつとめ現在に至る。毎年3回開いている定期演奏会は明確なテーマを持った個性的なプログラムと質の高い演奏で内外の注目を集めている。アンサンブルはこれまでにオランダ、ベルギー、ベネズエラ、イギリス、フランス、メキシコ、中国、韓国などの音楽祭から招待され演奏してきた。1993年京都音楽賞(実践部門) 1994年中島健蔵賞 1996年朝日現代音楽賞を受賞。現在、演奏活動を行うと同時に、桐朋芸術短期大学、日本大学芸術学部ギター科、フェリス女学院大学音楽科などで後進の指導に当たっている。
イラストレーション:Colliu
http://colliu.com/



[1] Michel van der Aa 《Auburn》for guitar and audio track

[2] Jo Kondo 《Orient Orientation》for 2 Melody Instruments of the Same Kind
guest : Norio Sato [electric guitar]

[3] Hiroyuki Yamamoto 《Lamina》for guitar

[4] Masahiro Miwa 《Nanagatake Rondo》for Roku-gaku

[5] Simon Steen-Andersen 《Difficulties into the Practice》 for two amplified musicians

[6] Norio Nakagawa 《Dooms of Dooms》[remix version by composer] for electric guitar and electric bass by one player

Makiko Nishikaze 《melodia - guitar》for guitar
[7] I.
[8] II.
[9] III.

[10] Lois V Vierk 《五 guitars》 for five electric guitars


GAKU YAMADA guitar, electric guitar, electric bass guitar, lute

Recording Location:
STUDIO JOY, 30 January, 12 April, 25 August & 11 September 2019 [1] [4] - [6] [10]
Sagamiko Koryu Center, 11 January & 30 August 2019 [2] – [4] [7] – [9]



Gaku Yamada
Guitarist, performance artist

Gaku Yamada began learning to play the electric guitar when he was in junior high school, aspiring to become like Jimi Hendrix. After going through phases of blues, heavy metal, punk and progressive rock, he studied classical guitar with Norio Sato and Daniel Göritz.
Mainly focusing on contemporary music, Gaku’s friendships with both Japanese and international composers have enabled him to premiere numerous solo pieces, chamber works and concertos and to cultivate a new repertoire for the guitar. In addition to the acoustic and electric guitar, he excels in the field of period instruments such as the nineteenth century guitar, the baroque guitar and lute. He has an exceptionally broad repertoire which transcends the boundaries of any particular period.
In recent years he has branched out into performance art which goes beyond musical instruments, collaborating with dancers and plastic artists on stage works and trying out new approaches to artistic expression.
Gaku has given guest performances in numerous music festivals, such as The Suntory Foundation for Arts Summer Festival, Contemporary Music Seminar “AKIYOSHIDAI’S summer”, Randspiele | Neue Musik in der St.Annen Kirche Zepernick (Berlin), and TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL etc.
In addition to his work in Japan, he has been invited to give concerts in Germany, Belgium, Hungary, Russia, Malaysia, China, Singapore and Vietnam. His collaboration with Wilhelm Bruck on ‘Salut für Caudwell’ by Helmut Lachenmann in Cologne, Germany, was particularly well received.
He gives lectures and masterclasses at the Tokyo College of Music, the Kunitachi College of Music, the Royal Conservatory of Ghent (Belgium), Peking University (China), LASALLE College of the Arts (Singapore), SEGi University (Malaysia) and Hanoi Conservatory (Vietnam) et al.
His debut album ‘Ostinati’, released by ALM Records in 2017, garnered a great deal of attention as a striking recording which highlights the possibilities of the guitar. It was selected as a ‘tokusenban’ (editor’s choice) by the Records Geijutsu music magazine and was nominated for the 55th Record Academy Awards.
Gaku won first prize at the “Kyogaku Ⅸ”, the 9th Contemporary Music Performance Competition and the 20th Asahi Contemporary Music Award.
At present he is a part time lecturer at the Toho Gakuen College of Drama and Music and at Fukuyama Heisei University.


Norio Sato
Guitarist

Born in 1951, Norio Sato studied guitar with Shuzo Tajima and Yasumasa Obara. He was the winner of 1971 Tokyo International Guitar Competition. He has since been active not only as guitarist but as conductor and concert producer, and in addition to performing classical guitar repertoire, he performs and gives world premieres of numerous contemporary works by Japanese and international composers. As guitarist, he has given concerts and masterclasses in Japan and abroad including North and South America, Europe, China, Taiwan, South Korea and Australia. He has also performed with many ensembles both within and outside Japan.
He formed Ensemble NOMAD in 1997 and has been its Music Director ever since. The ensemble gives three subscription concerts annually, which are acclaimed for their unique programming with specific themes and high-quality performance. The group has been invited from music festivals around the world, including the Netherlands, Belgium, Venezuela, U.K., France, Mexico, China and South Korea.
He is the recipient of the Kyoto Prize (1993), Kenzo Nakajima Prize (1994), and Asahi Prize for Contemporary Music (1996). In addition to his performing career, he currently teaches at Toho Gakuen College of Drama and Music, Nihon University College of Art and Ferris University.


Illustration: Colliu
http://colliu.com/