HOMEABOUTACCESSRECORDINGRECRUITRELEASESCATALOGUE
ORDER(JAPAN)ORDER(OVERSEAS)AWARDS



スヴェーリンク鍵盤作品集 
Sweelinck Keyboard Works




ALCD-1222 税込価格¥3,300(税抜価格¥3,000) 2024/06/07発売 JAN 4530835 115892
辰巳 美納子(チェンバロ)
Minako Tatsumi, harpsichord

朝日新聞 for your Collection クラシック音楽 推薦盤 link


















ヤン・ピーテルスゾーン・スヴェーリンク Jan Pieterszoon Sweelinck(1562-1621)

[1] モレ・パラティーノ / 宮廷のスタイルで SwWV318
[2] トッカータ ニ調 SwWV286
[3] トッカータ イ調 SwWV297
[4] ポーリッシュ・ダンス SwWV330
[5] イングリッシュ・フォーチュン SwWV320
[6] トッカータ ト調  SwWV289
[7] ファンタジア・クロマティカ  SwWV258
[8] 涙のパヴァーヌ SwWV328
[9] 緑の菩提樹の下で SwWV325
[10] 我が若き命は終わった SwWV324
[11] ヘクサコード・ファンタジア SwWV263



Harpsichord: Bruce Kennedy, Amsterdam 1993, after Johannes Ruckers 1624


<録音> 神奈川県立相模湖交流センター 2022年5月31日、6月1-2日

辰巳美納子(チェンバロ)




北ドイツオルガン楽派、そしてバッハへと連なる、鍵盤音楽芸術の源流、ヤン・ピーテルスゾーン・スヴェーリンク。現存する鍵盤のための作品約70曲の中から、傑作「ファンタジア・クロマティカ」や「ヘクサコード・ファンタジア」を含む選りすぐりの作品を名手・辰巳美納子が録音。ファンタジアにおける見事な対位法、トッカータにおける自由さや鮮やかさ、変奏曲における雰囲気や性格の対比、いずれも純度の高い音楽的な表現で聴き手をうならせる必聴の一枚。



辰巳 美納子(チェンバロ)

武蔵野音楽大学ピアノ科卒業後、東京藝術大学チェンバロ科卒業、同大学院修了。藝大在学中に第5回古楽コンクール<山梨>最高位入賞、同時に栃木[蔵の街]音楽祭賞受賞。その後、オランダ政府奨学金を得てアムステルダム・スヴェーリンク音楽院に学び、オランダ国家演奏家資格を取得し卒業。チェンバロを山田貢、鈴木雅明、アンネケ・アウテンボシュ、グスタフ・レオンハルトの各氏に師事。また、オルガン、フォルテピアノをあわせて学んだ。在蘭中より様々な演奏を行い、帰国後はソロ活動やNHK-FM、NHK-BSに出演の他、ソリスト及び通奏低音チェンバロ、オルガン奏者として、これまでにバッハ・コレギウム・ジャパン、新日本フィル、オーケストラ・アンサンブル金沢、東京シティ・フィル、日本フィル、名古屋フィル、札響、大阪フィル、神戸市室内管弦楽団、群響、東響、神奈川フィル、東フィルなど全国各地の演奏会や録音に多数出演。奇を衒うことなく作品と楽器の魅力を伝えるソロ演奏と、的確かつ自在な表現で全体を支える通奏低音には定評がある。CD『J.S. バッハ:半音階的幻想曲とフーガ、イタリア協奏曲』(レコード芸術特選盤)『J.S. バッハ:パルティータ全曲』(レコード芸術特選盤)『フレスコバルディ鍵盤作品集』(レコード芸術準特選盤)『J.S. バッハ:ゴルトベルク変奏曲』(レコード芸術特選盤)、『D.スカルラッティ:チェンバロのためのソナタ集 Vol.1、Vol.2』(レコード芸術特選盤、音楽芸術特選盤)。そのほか参加CD多数。



Jan Pieterszoon Sweelinck(1562-1621)

[1] More Palatino SwWV318
[2] Toccata in d SwWV286
[3] Toccata in a SwWV297
[4] Poolsche Dans SwWV330
[5] Engelsche Fortuyn SwWV320
[6] Toccata in G SwWV289
[7] Fantasia Chromatica SwWV258
[8] Pavana Lachrimae SwWV328
[9] Onder een linde groen SwWV325
[10] Mein junges Leben hat ein End' SwWV324
[11] Hexachord Fantasia SwWV263



Harpsichord: Bruce Kennedy, Amsterdam 1993, after Johannes Ruckers 1624


Recording Location: Lake Sagami-ko Community Center, 31 May & 1-2 June 2022

Minako Tatsumi (harpsichord)


Minako Tatsumi, harpsichord

Minako Tatsumi studied harpsichord at Tokyo University of the Arts receiving both Undergraduate and Master degrees. In 1991, she won the top prize in the 5th Competition for Early Music in Yamanashi and an award at the Tochigi ‘Kuranomachi’ music festival. She subsequently won a Dutch government scholarship to study at the Sweelinck Conservatorium in Amsterdam and graduated with a Soloist Diploma. Minako studied harpsichord with Mitsugu Yamada, Masaaki Suzuki, Anneke Uittenbosch and Gustav Leonhardt. She has also studied the organ and fortepiano. She has enjoyed a varied performance career, and since her return to Japan she has appeared as a soloist on NHK-FM and NHK-BS, and has performed and made recordings both as soloist and basso continuo player on both harpsichord and organ with Bach Collegium Japan, the New Japan Philharmonic, Orchestra Ensemble Kanazawa, Tokyo City Philharmonic Orchestra, the Japan Philharmonic Orchestra, the Nagoya Philharmonic, the Sapporo Symphony Orchestra, the Osaka Philharmonic Orchestra, Kobe City Chamber Orchestra, the Gunma Symphony Orchestra, the Tokyo Symphony Orchestra, the Kanagawa Philharmonic, the Tokyo Philharmonic Orchestra and many others. She has received praise for her solo performances, which unostentatiously convey the allure of both the music and the instrument, and for her continuo playing which supports the musical expression both precisely and freely.
Her recordings include “J.S.Bach: Chromatic Fantasy and Fugue, and the Italian Concerto” (Record Geijutsu magazine Tokusenban [critic’s special choice]), “J.S.Bach: 6 Partitas” (Record Geijutsu Tokusenban), “Frescobaldi: Keyboard Works” (Record Geijutsu Jun-tokusenban), “J.S.Bach: Goldberg Variations” (Record Geijutsu Tokusenban), “Domenico Scarlatti’s Sonatas for Harpsichord Vol. 1&2” (Record Geijutsu Tokusenban), and many others.