HOME > DISC > ALCD-1167

バッハの森からの贈りもの
〜オルゲルビュッフライン〜
Fruits of Bach Grove
The Orgelbüchlein


ALCD1167.jpgALCD-1167 税抜価格2,800円 2017/10/07発売
JAN 4530835 111825
宮本とも子オルガン

Tomoko Miyamoto, organ

レコード芸術特選盤
音楽現代推薦盤

ロゴ&左右に年号.jpg



J. S. バッハ 
オルゲルビュッフライン BWV599-644

[1] 降臨節 さぁ、来てください、異邦人の救い主よ, BWV 599
[2] 降臨節 神よ、あなたの慈しみにより/神の御子は来られた, BWV 600
[3] 降臨節 主なるキリスト、神の独り子/主なる神よ、今、あなたは誉め称えられますように, BWV 601
[4] 降臨節 全能の御神に讃美があるように, BWV 602
[5] 降誕祭 一人のみどり児がベツレヘムに生まれた, BWV 603
[6] 降誕祭 誉め称えられますように、あなたは、イェス・キリストよ, BWV 604
[7] 降誕祭 この日、それは喜び溢れる日, BWV 605
[8] 降誕祭 高い天より私はここに来た, BWV 606
[9] 降誕祭 天より天使の群れが来て, BWV 607
[10] 降誕祭 甘い喜びのうちに, BWV 608
[11] 降誕祭 御神を誉め称えよ、皆そろって、お前たち、キリスト教徒よ, BWV 609
[12] 降降誕祭 イェスよ、私の喜びよ, BWV 610
[13] 降誕祭 キリストをまことに私たちは讃美すべきだ, BWV 611
[14] 降誕祭 私たちキリストの者たちに, BWV 612
[15] 年の転換 私を助け、御神の慈しみを誉め称えさせよ, BWV 613
[16] 年の転換 旧い年は過ぎ去りました, BWV 614
[17] 年の転換 あなたに喜びがあります, BWV 615
[18] 顕現祭、マリア潔め祭 平安と喜びをもって私はかなたへ行きます, BWV 616
[19] 顕現祭、マリア潔め祭 主なる神よ、今、天を開いてください, BWV 617
[20] 受難節:受難 おぉ、神の小羊よ、罪なく, BWV 618
[21] 受難節 :受難 キリストよ、あなた、神の小羊よ, BWV 619
[22] 受難節:受難 私たちを幸いにしてくださるキリストは, BWV 620
[23] 受難節:受難 イェスが十字架につけられたとき, BWV 621
[24] 受難節:受難 おぉ、人よ、お前の大いな罪を嘆け, BWV 622
[25] 受難節:受難 私たちはあなたに感謝します、主イェス・キリストよ。あなたは私たちのために死に, BWV 623
[26] 受難節:受難 助けてください、神よ、私が首尾良く, BWV 624
[27] 復活祭 キリストは死の縄目につき, BWV 625
[28] 復活祭 イェス・キリスト、私たちの救い主、死にうち勝った方, BWV 626
[29] 復活祭 キリストはよみがえられた, BWV 627
[30] 復活祭 聖なるキリストはよみがえられた, BWV 628
[31] 復活祭 素晴らしい日が現れた, BWV 629
[32] 復活祭 今日、神の御子は勝ち鬨をあげたもう, BWV 630
[33] 聖霊降臨祭 来てください、創造主の神、聖霊よ, BWV 631
[34] 聖霊降臨祭 主イェス・キリストよ、私たちを顧みてください, BWV 632
[35] 聖霊降臨祭 愛しまつるイェスよ、私たちはここにいます, BWV 633
[36] カテキズム これは聖い十戒である, BWV 635
[37] カテキズム 天の王国にいます私たちの父よ, BWV 636
[38] カテキズム アダムの堕罪により全く腐敗した, BWV 637
[39] カテキズム 救いは私たちにあちらから来た, BWV 638
[40] キリスト者の生活 私はあなたに呼びかけます、主イェス・キリストよ, BWV 639
[41] 十字架、迫害、試み あなたに私は望みをかけました、主よ, BWV 640
[42] 十字架、迫害、試み 私たちが悩みの極みにあり, BWV 641
[43] 十字架、迫害、試み 愛する神にのみ統べ治めていただき, BWV 642
[44] 戦争、平和 すべての人は死ななければならない, BWV 643
[45] 補遺 あぁ、なんと空しく、あぁ、なんと儚いことか, BWV 644


宮本とも子(オルガン) Tomoko Miyamoto, organ

〈録音〉バッハの森記念奏楽堂 2017年3月25-27日



つくば市にある私塾「バッハの森」では、創設者であり聖書学者の石田友雄氏のもと、30年以上にわたり日々コラールの研究が続けられてきた。奏楽堂に佇む美しいアーレント・オルガンは東日本大震災で大きな被害を受けたが、「バッハの森」を愛する人々の力とアーレント自身の依頼による修理で見事に復活。ここに、長年のクラヴィコード演奏経験をもつ宮本とも子の独自のオルガン演奏アプローチにより、コラールの学びとオルガンの息吹が一体となった録音が誕生。まるでコラールを歌うかのように奏でられる魂の音楽に、「バッハの森」が育んできた宗教音楽への対峙と真摯な探求の、確かな軌跡を聴く。




Bach-no-mori.jpg

バッハの森(つくば市)


MiyamotoTomoko.jpg
宮本とも子(オルガン)

 1952年、東京に生まれる。ジュリアード・プレ・カレッジ、聖心女子大学を経てニューイングランド音楽院学士課程、修士課程を優等で修了。その後、オランダ政府給費生としてスウェーリンク・アムステルダム音楽院に学び、ソリスト・ディプロマを得る。A.バーニー、林佑子、H.フォーゲル、故K.ボルト、故L.F.タリアヴィーニ、各教授に師事。1976年以来クラヴィコードを手元楽器としながら、欧州では16世紀から18世紀に建造されたオルガンで、米国、日本では歴史的建造法に基づくオルガンで演奏活動を行う。1980年以降、国内に広くクラヴィコードを紹介。1982年~1998年の16年間はキース・ヒルの設計によるペダル・クラヴィコードを愛用した。
 1989年、フェリス女学院大学山手キャンパスフェリスホールに18世紀北ドイツ様式の石井記念オルガン(Taylor & Boody Organbuilders opus17)が設置されて以来、オルガンとクラヴィコードの担当教員を務める。また1995年、マニアーノ国際クラヴィコード・シンポジウムで演奏して以来、イタリア、ドイツ、米国、日本でマスタークラスを行う。2004~2007年度、福井県立音楽堂ハーモニーホールふくいのオルガン設置にともない、養成講座講師として県民のためのオルガン教育とオルガンの普及活動に従事。
 現在、(一財)「バッハの森」でコラールの背景研究を学ぶ。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会、日本クラヴィア協会、英国クラヴィコード協会会員。フェリス女学院大学音楽学部、及び同音楽研究科教授。


Johann Sebastian Bach

[1] Nun komm, der Heiden Heiland, BWV 599
[2] Gott, durch deine Güte / Gottes Sohn ist kommen, BWV 600
[3] Herr Christ, der einge Gottessohn / Herr Gott, nun sei gepreiset, BWV 601
[4] ob sei dem allmächtigen Gott, BWV 602
[5] Puer natus in Bethlehem, BWV 603
[6] Gelobet seist du, Jesu Christ, BWV 604
[7] Der Tag, der ist so freudenreich, BWV 605
[8] Vom Himmel hoch, da komm ich her, BWV 606
[9] Vom Himmel kam der Engel Schar, BWV 607
[10] In dulci jubilo, BWV 608
[11] Lobt Gott, ihr Christen, allzugleich, BWV 609
[12] Jesu, meine Freude, BWV 610
[13] Christum wir sollen loben schon, BWV 611
[14] Wir Christenleut, BWV 612
[15] Helft mir Gottes Güte preisen, BWV 613
[16] Das alte Jahr vergangen ist, BWV 614
[17] In dir ist Freude, BWV 615
[18] Mit Fried und Freud ich fahr dahin, BWV 616
[19] Herr Gott, nun schleuß den Himmel auf, BWV 617
[20] O Lamm Gottes, unschuldig, BWV 618
[21] Christe, du Lamm Gottes, BWV 619
[22] Christus, der uns selig macht, BWV 620
[23] Da Jesus an dem Kreuze stund, BWV 621
[24] O Mensch, bewein dein Sünde groß, BWV 622
[25] Wir danken dir, Herr Jesu Christ! daß du für uns gestorben bist, BWV 623
[26] Hilf, Gott, daß mir’s gelinge, BWV 624
[27] Christ lag in Todesbanden, BWV 625
[28] Jesus Christus, unser Heyland, der den Tod überwand, BWV 626
[29] Christ ist erstanden, BWV 627
[30] Erstanden ist der heilge Christ, BWV 628
[31] Erschienen ist der herrliche Tag, BWV 629
[32] Heut triumphieret Gottes Sohn, BWV 630
[33] Komm, Gott Schöpfer, heiliger Geist, BWV 631
[34] Herr Jesu Christ, dich zu uns wend, BWV 632
[35] Liebster Jesu, wir sind hier, BWV 633
[36] Dies sind die heilgen zehn Gebot, BWV 635
[37] Vater unser im Himmelreich, BWV 636
[38] Durch Adams Fall ist ganz verderbt, BWV 637
[39] Es ist das Heil uns kommen her, BWV 638
[40] Ich ruf zu dir, Herr Jesu Christ, BWV 639
[41] In dich hab ich gehoffet, Herr, BWV 640
[42] Wenn wir in höchsten Nöten sein, BWV 641
[43] Wer nur den lieben Gott läßt walten, BWV 642
[44] Alle Menschen müssen sterben, BWV 643
[45] Ach wie nichtig, ach wie flüchtig, BWV 644

Tomoko Miyamoto, organ

Recording Location: the Bach Grove Memorial Hall, 25-27 March 2017


Tomoko A. Miyamoto, organ

Tomoko Akatsu Miyamoto was born in Tokyo in 1952. After attending Juilliard-pre-college in New York City, and University of the Sacred Heart in Tokyo, she transferred to New England Conservatory of Music in Boston and received the Bachelor of Music and Master of Music degrees, both with Honors. Her organ teachers include Dr. Allan Birney, Professor Yuko Hayashi, Dr. Harald Vogel, the late Luigi F. Tagliavini and the late Klaas Bolt. She has kept clavichord as her private instrument since 1976 and she used the pedal-clavichord, designed by Keith Hill, from 1982 to 1998 as her main practice instrument at home. As a recipient of the Netherlands National Scholarship, she attended the Sweelinck/Amsterdam Conservatory and received the Solo Diploma in Organ Performance in 1980. In Europe, she has performed on historical organs, and in the USA and in Japan, on historically built organs. She has dedicated organs by H. Tsuji, T. Kusakari, and M. Yokota in Japan and G. Guillardi in Italy.
Since 1989, Professor Miyamoto’s main teaching organ has been the Opus 17 of Taylor and Boody Organbuilders at Ferris Hall in Yokohama, Japan. In 1995, her well-reviewed clavichord performance at the International Clavichord Symposium at Magnano, Italy, led her to give master classes of the clavichord in Italy, Germany and in the United States, as well as in Japan. At present, she serves as a professor of the Music College of Ferris University, where she has taught organ to more than one thousand students and transformed them to organ fans.