HOME > DISC > ALCD-1145

◉バッハへの道 〜ノルデン聖ルートゲリ教会のシュニットガー・オルガン〜
THE ROAD TO BACH - The Arp Schnitger Organ in St. Ludger’s Church in Norden


ALCD1145.jpgALCD-1145 税抜価格2,800円 2014/06/07発売
JAN 4530835 110491
椎名雄一郎(オルガン)
Yuichiro Shiina, organ

第52回レコード・アカデミー賞[音楽史部門]ノミネート
レコード芸術特選盤

シュニットガー・オルガンの日々気に心うばわれ、さらに椎名さんの演奏に魅せられる。楽器の清婉な音色をフルに多彩に動員し活用し、格調ただしく造形感たしかに、熱情あふれる演奏である。(皆川達夫氏)
どの作品でも、この楽器で、この作品がどのように演奏されるべきかという到達目標が明確で、揺るぎがない。作品、楽器、演奏の三位一体が、一枚のディスクのなかで見事に実現している。(美山良夫氏)



norden_organ1.jpgディートリヒ・ブクステフーデ(c.1637-1707)
[1] 前奏曲 ハ長調 BuxWV 137
[2] コラール前奏曲「いざ来たれ、異邦人の救い主よ」 BuxWV 211
[3] フーガ ハ長調 BuxWV 174
[4] パッサカリア ニ短調 BuxWV 161
[5] コラール幻想曲「暁の星はいと麗しきかな」 BuxWV 223
[6] 前奏曲 ト短調 BuxWV 163

ゲオルク・ベーム(1661-1733)
[7] コラール・パルティータ「ただ愛する神の力に委ねる者は」
[8] コラール前奏曲「天にましますわれらの父よ」
[9] 前奏曲 ハ長調

ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)
[10] コラール前奏曲「われらが神は堅き砦」 BWV 720
[11] 前奏曲とフーガ ハ長調 BWV 566

〈録音〉ドイツ・ノルデン 聖ルートゲリ教会2013年9月5-8日
〈解説〉角倉一朗


ブクステフーデ、ベームからバッハへと続く、17世紀後半から18世紀前半に至る北ドイツ・オルガン音楽の輝かしい系譜。比類なきバッハのオルガン作品が誕生した背景には、優れた先達たちの存在があった。プロテスタント教会音楽の核となるコラール編曲のほか、前奏曲やトッカータなどさまざまな様式が発展したオルガン音楽の黄金時代。バロックを代表する銘器であるアルプ・シュニットガー・オルガンの華やかな音色が、豊穣たる作品群を聖ルートゲリ教会の空間いっぱいに響き渡らせる。

椎名雄一郎(オルガン)
 東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。 同大学院音楽研究科修士課程修了。オルガンを池田泉氏、廣野嗣雄氏、通奏低音を今井奈緒子氏、チェンバロを故小島芳子氏に師事。在学中、スペイン政府奨学金を得て、サラマンカ・オルガンアカデミーに参加する。
 2002年、NDR(北ドイツ放送局)音楽賞国際オルガンコンクール優勝他、1994年、第1回ザ・シンフォニーホール・オルガンオーディション入賞、 1997年、第1回ダラス国際オルガンコンクール第2位、 2000年、第12回ライプツィヒ・バッハ国際コンクール第3位など数多くの国際コンクールで入賞する。
 1999年10月よりオーストリア政府奨学金、ロームミュージックファンデーション奨学金を得て、ウィーン国立音楽大学に留学し、オルガンをM. ラドゥレスク氏、チェンバロをG. マレー氏に師事し、満場一致の最優秀の成績で卒業。 安田生命クオリティオブライフ文化財団より助成をうけスイス、バーゼル・スコラカントルム音楽院に留学。オルガンとチェンバロをJ.-C. ツェーンダー氏、通奏低音をJ.-A. ベッティッヒャー氏、アンサンブルをA. ルーリー氏に師事。2001年、オーストリア・ジュネスオーケストラのベルリン、シャウシュピールハウス公演にてチェンバリストとして参加し、絶賛された。
 2002年から2007年3月まで、豊田市コンサートホール専属オルガニストとして、演奏会、講座の企画を行う。2005年より10年間にわたるJ. S. バッハオルガン全曲演奏会シリーズを行っている。また、コジマ録音より、CD「バッハのオルガン解体新書」「オルガン音楽のすゝめ」「平和の祈り」「風琴事始」「新発見!バッハのオルガン芸術」「メンデルスゾーン:オルガン作品集」「リスト:オルガン作品集」をリリースし、高い評価を得ている。
 現在、日本の他、ドイツ、スイスなどヨーロッパ各地で演奏活動を行っている。活水女子大学准教授、学院オルガニスト。東京藝術大学非常勤講師、日本キリスト教団吉祥寺教会オルガニスト。


norden_organ2.jpgDieterich Buxtehude (c.1637-1707)
Praeludium C-Dur BuxWV 137
Nun komm, der Heiden Heiland BuxWV 211
Fuge C-Dur BuxWV 174
Passacaglia d-Moll BuxWV 161
Wie schön leuchtet der Morgenstern BuxWV 223
Praeludium g-Moll BuxWV 163

Georg Böhm (1661-1733)
Wer nur den lieben Gott läßt walten
Vater unser im Himmelreich
Praeludium C-Dur

Johann Sebastian Bach (1685-1750)
Ein feste Burg ist unser Gott BWV 720
Praeludium und Fuge C-Dur BWV 566

Recording Location: Ludgerikirche Norden, 5-8 September 2013



y_shiina.jpgYuichiro Shiina, organ
He graduated from Music Department of Tokyo University of the Arts with a degree in organ performance. He followed the master course of Graduate School of the same university and received Master's Degree of Music in 2002. He studied organ under Prof. T. Hirono, and harpsichord under Y. Kojima. During his university days he participated into Salamanca Organ Academy with award of scholarship from Government of Spain.
In 1997, he won the Second Prize in the First Dallas International Organ Competition and was granted Dallas Honorary Citizen. In 2000, he won the Third Prize in XII International Bach-Wettbewerb in Leipzig. Then he won the First Prize in NDR Musikpreis 2002-Internationaler Orgel-Wettbewerb.
In October 1999 to May 2001 he had studied at University of Music and Performing Arts in Vienna, being awarded scholarships both from Austrian Government and Rohm Music Foundation. In Vienna he studied organ under Prof. M. Radulescu and harpsichord under Prof. G. Murray. He graduated from Organ Department of the university at the most excellent achievement approved with one consent. During October 2001 and September 2003 he studied organ and harpsichord under Dr. J.-C. Zehnder, throughbass under J.-A. Bötticher and ensemble under J. Sonnleitner and A. Rooley in Schola Cantorum Basiliensis in Switzerland. In 2001 he joined a concert by Jeunesseorchester in Schauspielhaus in Berlin as a cembalist and won the highest praise.
From 2002 until March 2007, he was planning various concerts as an organist attached to John Brombaugh’s Organ, Toyota City Concert Hall, Japan. He is now giving frequent concerts of organ and harpsichord in Japan and oversea countries, Germany, Switzerland and USA etc. He is associate professor at Kwassui Women’s University, and a lecturer at Tokyo University of the Arts. He is also an organist of Kwassui Institute and Kichijoji Church.