HOME > DISC > ALCD-1139

プロイセンの宮廷音楽 〜サンスーシ宮殿 フリードリヒ大王の居室にて〜
Musik aus Sanssouci

ALCD1139.jpgALCD-1139 税抜価格2,800円  2013/11/07発売
JAN 4530835 110354
古楽アンサンブル ムジカ・レセルヴァータ
国枝俊太郎(フラウト・トラヴェルソ)
小野萬里(バロック・ヴァイオリン、バロック・ヴィオラ)
髙橋弘治(バロック・チェロ)
岡田龍之介(チェンバロ)

Musica Reservata
Shuntaro Kunieda flauto traverso
Mari Ono Baroque violin & Baroque viola
Koji Takahashi Baroque cello
Ryunosuke Okada harpsichord


reservata.jpgMusica ReservataJ. G. グラウン:トリオ・ソナタ 変ホ長調
J. G. ヤニチュ:トリオ・ソナタ ホ短調
C. シャフラート:トリオ・ソナタ へ長調
J. S. バッハ:6声のリチェルカーレ 〜《音楽の捧げもの》BWV1079より
C. P. E. バッハ:トリオ・ソナタ 変ロ長調

〈使用楽器〉
Flauto traverso:Kunito Kinoshita, 1989 after Godefroid Adrien Rottenburgh, Brussels, ca.1745
Kunito Kinoshita, 2010 after Martin Lot, Paris, ca.1745
Baroque violin: Franciscus Ruggeri, Cremona, 1696
Baroque viola: Anonymous / Unknown
Baroque cello: Anonymous / Unknown
Harpsichord: Eizo Hori, 1995 after Flemish-French model

〈録音〉秩父ミューズパーク音楽堂 2013年3月4-6日


Johann Gottlieb Graun (1703-1771): Trio Es-dur WVA:XV:8
Johann Gottlieb Janitsch (1708 – 1763): Trio e-moll
Christoph Schaffrath (1709-1763): Trio F-dur
Johann Sebastian Bach (1685-1750): Ricercare a 6 aus “Musikalisches Opfer”
Carl Philipp Emanuel Bach (1714-1788): Trio B-dur

Recording Location Chichibu Muse Park, 4-6 March 2013


【大王の愛した音楽】
J.S.バッハの「音楽の捧げもの」に使われた「大王の主題」の作曲者であり、クヴァンツにフルートを学んでいた事でも知られるフリードリヒ2世。惜しみない情熱を音楽に注ぐ彼の宮廷楽団には当世一流の音楽家が国内外から集められ、栄華を極めたサンスーシ宮殿では、高度に洗練された音楽史上でも指折りの音楽文化が花開いた。バッハ親子の作品の他、近年新たな注目を浴びているグラウン、ヤニチュ、シャフラートの美しき佳品まで、フリードリヒ大王の愛した音楽が、21世紀に再び響きわたる。


ムジカ・レセルヴァータ Musica Reservata
 2002年モーツァルト記念合唱団とのJ.S.バッハ「ヨハネ受難曲」の初共演を契機として、まず古楽器オーケストラとして発足。チェンバロ奏者、岡田龍之介の呼び掛けで我が国の古楽器演奏の第一線で活躍する奏者が集まり、優れた音楽性と緻密かつ自発性溢れるアンサンブルとして高い評価を得る。その後、オーケストラの活動と並行して、その主要メンバーを中心に様々なアンサンブル活動を行ってきた。2011年たまたま本CDのメンバーで演奏したのを機に、この顔ぶれによる定常的なアンサンブルとして活動を開始、これまでに東京、名古屋、横浜、富山などで演奏会を行い、いずれも好評を博す。アンサンブル経験豊富な4人の奏者の生み出す質の高い豊かな音楽表現は、選曲や練習に十分な時間をかけて納得のいくところまで解釈を追求する姿勢と相俟って、当アンサンブルの特徴をなし、今後の活動に大きな期待が寄せられている。