HOME > DISC > ALCD-106

ローテーション
ROTATION

ALCD106.docALCD-106 税抜価格2,800円
2015/08/07発売
JAN 4530835 110996

低音デュオ[松平敬(声/バリトン)×橋本晋哉(チューバ、セルパン)]
teionduo [Takashi Matsudaira (voice / baritone) × Shinya Hashimoto (tuba, serpent)]

読売新聞サウンズBOX推薦盤


[1] 松平頼暁(1931-):ローテーション I(2010)
[2] 《ムジカ・エンキリアディス(音楽の手引書)》(9世紀)より:天の王よ
[3] 作曲者不詳(11世紀):全能の創造主よ
[4] 作曲者不詳(12世紀):聖マグヌス賛歌「気高く、慎ましく」
[5] 近藤譲(1947-):花橘 3つの対位法的歌と2つの間奏
[6] 《ヴォルフェンビュッテル写本》(ca.1225)より:主に忠誠を
[7] 《フィレンツェ写本》より(ca.1200):主を讃えましょう
[8] 田中吉史(1968-):科学論文の形式によるデュオ(2009/2010)
[9] ギヨーム・ド・マショー(ca.1300-1377):ご婦人よ、見つめないで下さい
[10] 山根明季子(1982-):水玉コレクション No.12(2011)
[11] ヤコポ・ダ・ボローニャ(fl.1340-ca.1386):彼女の恋人が(ca.1350)
[12] 鈴木治行(1962-):沼地の水(2009)
[13] 《ドイツ二声曲集》より:ああエルザよ(1545)
[14] 神長貞行(1955-):DIGITAL BOX 1(2007)

〈録音〉相模湖交流センター 2015年2月3-4日

現代、中世、縦横無尽、響く世界は摩訶不思議 これが噂の低音デュオ!
バリトンとチューバ=声楽と管楽器=低音×低音のデュオとして2006年に結成されて以来、その演奏機会ごとにこの編成の未知なる可能性を開拓してきた「低音デュオ」待望の初アルバム。それぞれが現代音楽の世界を大きく超えて活躍する実力者ソリストでもある松平敬×橋本晋哉のデュオが生み出す低音ワールドは、予想とは裏腹に音楽的充足に満ちている。中世の写本と彼らのために書かれた最前線の現代音楽の間を自由自在に行き来して創り出す、他のどこにもない独自の世界。近年注目を浴びる中世のヘビ型金管楽器「セルパン」まで飛び出して、一度聴いたらクセになる。ヘビロテ必至のとってもヘビーな『ローテーション』!



【低音デュオ】
松平敬、橋本晋哉による異色デュオ。2006年に湯浅譲二《天気予報所見》のバリトン&チューバ・ヴァージョンの初演を機に結成、以来30曲を超える委嘱、初演を行ってきた。また、中世、ルネサンスの二声曲も継続的に演奏、「低音による二声曲」の世界を拡げている。
http://teionduo.net

shinyahashimoto.jpgShinya Hashimoto
(photo: Hiroyuki Matsukage)
takashimatsudaira.jpgTakashi Matsudaira【松平敬(声/バリトン)】
東京芸術大学、同大学院に学ぶ。現代声楽曲のスペシャリストとして、湯浅譲二、松平頼暁、西村朗、近藤譲、三輪眞弘など80作以上の新作を初演、シュトックハウゼン、クセナキスの演奏至難な作品もレパートリーに持つ。全曲無伴奏独唱曲によるリサイタルなど、独創的な自主公演も話題を呼ぶ。ソロCDとして、多重録音で一人アカペラを実現した『MONO=POLI』(平成22年度文化庁芸術祭・優秀賞)、『うたかた』、一柳慧、ケージなど、通常の五線譜を使用しない作品ばかりを集めた『エクステンデッド・ヴォイセス』を発表。聖徳大学、文教大学講師。
http://matsudaira-takashi.jp

【橋本晋哉(チューバ、セルパン)】
チューバ、セルパン奏者。パリ国立高等音楽院第3課程卒。02年第5回現代音楽演奏コンクール第2位、03年ガウデアムス国際現代音楽演奏コンクール特別賞受賞。現代音楽、古楽を中心に活動。フェスティバル・アゴラ、レゾナンス2003、秋吉台現代音楽セミナー、サントリー音楽財団サマーフェスティバル、コンポージアム、東京オペラシティ「B→C」、NHK-FM「名曲リサイタル」などにソリストとして出演。洗足学園音楽大学講師。「低音デュオ」「東京現音計画(2014年佐治敬三賞受賞)」のユニットで活動。
http://shinyahashimoto.net




[1] Yori-Aki Matsudaira: Rotation I (2010)
[2] Rex coeli (from “Musica enchiriadis”) (9th century)
[3] Cunctipotens genitor (11th century)
[4] Hymn to St. Magnus “Nobilis Humilis” (12th century)
[5] Jo Kondo: Hana-tatibana (3 Contrapuntal Songs and 2 Interludes) (2013)
[6] Domino fidelium (from “Codex Wolfenbüttel”) (ca.1225)
[7] Benedicamus Domino (from “Codex Florence”) (ca.1200)
[8] Yoshifumi Tanaka: Duo in the Form of Scientific Article (2009/2010)
[9] Guillaume de Machaut: Dame, ne regardes pas
[10] Akiko Yamane: Dots Collection No.12 (2011)
[11] Jacopo da Bologna: Non al suo amante (ca.1350)
[12] Haruyuki Suzuki: Swamp Water (2009)
[13] Ach Elslein, liebes Elselein (from “Bicinia Germanica”) (1545)
[14] Sadayuki Kaminaga: DIGITAL BOX 1 (2007)



teionduo
The teionduo is voice and tuba duo by Takashi Matsudaira and Shinya Hashimoto. ‘Teion’ means ‘low sound' in Japanese. This unique duo was founded in 2006, when they played “Observation of Weather Forecast” by Joji Yuasa. Since then they have performed premieres of more than thirty works, and on the other hand they have been continuously performing two part pieces in the medieval and renaissance periods, trying to extend the world of “teionduo”.

Takashi Matsudaira, voice / baritone
Takashi Matsudaira studied singing at Tokyo University of the Arts, where he obtained his Master’s degree in music. As a specialist in modern vocal music, he has performed premieres of more than eighty works by Joji Yuasa, Yori-Aki Matsudaira, Akira Nishimura, Jo Kondo, and Masahiro Miwa, as well as Japanese premieres of demanding works by Iannis Xenakis and Karlheinz Stockhausen. Matsudaira has released three unique solo CDs. In his first CD “MONO=POLI”, and second CD “UTAKATA”, he sang ALL parts of various choir music including György Ligeti’s ‘Lux aeterna’ and Thomas Tallis’s motet in forty parts with overdub technique. Third CD “Extended Voices” includes only experimental works with unconventional notations by John Cage and Toshi Ichiyanagi.

Shinya Hashimoto, tuba & serpent
Shinya Hashimoto studied tuba at the Conservatoire National Supérieur de Musique de Paris, received first prize in “Avant-scènes” in Paris (2002), and special prize in International Gaudeamus interpreters competition in Rotterdam (2003). As a specialist in contemporary music, he has performed premieres of more than fifty works for tuba, and also plays in early music using serpent. Shinya Hashimoto is member of teionduo and Tokyo Gen’On Project.