HOME > DISC > ALCD-105

CONFESSION(コンフェッション) 斉木由美作品集
CONFESSION | WORKS OF YUMI SAIKI

ALCD105.jpgALCD-105 税抜価格2,800円
2015/07/07発売
JAN 4530835 110965

多久潤一朗(fl)鈴木生子(cl)松本卓以(vc)大須賀かおり(p)国立音楽大学打楽器アンサンブル 佐藤瑛里子(vn)ダニエル・パナー(va)ジェイムズ・ウィルソン(vc)宮田まゆみ(笙)山田武彦(pf)
Junichiro Taku, flute/ Ikuko Suzuki, clarinet / Takui Matsumoto, violoncello / Kaori Ohsuga, piano / Kunitachi College of Music Percussion Ensemble / Eriko Sato, violin / Daniel Panner, viola / James Wilson, violoncello / Mayumi Miyata, shô / Takehiko Yamada, piano

レコード芸術 特選盤&優秀録音盤
朝日新聞for your Collection 推薦盤


斉木由美:
[1] 嘆きは踊りに変わる (2013)
  多久潤一朗(フルート)鈴木生子(クラリネット)松本卓以(チェロ)
録音:2015年2月6日 三鷹市芸術文化センター 風のホール

[2] 歓(かん) (2014)
  大須賀かおり(ピアノ)
録音:2015年2月6日 三鷹市芸術文化センター 風のホール

[3] モルフォゲネシスII 〜6人の打楽器奏者のための (2010)
  国立音楽大学打楽器アンサンブル
  指揮:福田隆 I:辻田佳代子 II:和田穂奈美 III:吉野智子 IV:村田恵 V:吉田愛美 VI:曲淵俊介
録音:2010年10月24日 国立音楽大学講堂大ホール [ライヴ録音]

[4] 弦楽三重奏曲 (2008)
  佐藤瑛里子(ヴァイオリン)
  ダニエル・パナー(ヴィオラ)
  ジェイムズ・ウィルソン(チェロ)
録音:2008年2月24日 マーキン・コンサート・ホール(ニューヨーク)(Music From Japan Festival 2008 New York)[ライヴ録音]

[5] キリエ-b 〜笙とバス・フルートのための (2008/2014)
  宮田まゆみ(笙)多久潤一朗(バス・フルート)
録音:2015年4月17日 三鷹市芸術文化センター 風のホール

[6] コンフェッション (1995)
  山田武彦(ピアノ)
録音:2010年8月28日 サントリーホール・ブルーローズ(芥川作曲賞創設20周年記念ガラ・コンサート)[ライヴ録音]

〈解説〉斉木由美


2005年に芥川作曲賞を受賞するなど、着実に創作活動を積み重ねてきた斉木由美が、フランス留学期の代表作から近年までの室内楽作品を中心にまとめた初の作品集。その心の軌跡を反映した全6曲は、まさに作曲家の「CONFESSION=告白」であり、慎ましやかな美しさのうちに移ろいゆく音響の奥底には、斉木独自の視点にもとづいた神秘に満ちた時間が流れていく。世界の音楽の潮流のただ中で自らの存在を見つめ、深い創作の息吹を紡ぎ続ける作曲家の才能が煌めく快心のアルバム。


yumisaiki.jpgYumi Saiki
(photo: Kazuo Hiroji)
斉木由美(作曲)

 愛知県立芸術大学音楽学部卒業。1991年渡仏。翌年パリ・エコールノルマル音楽院卒業、同年パリ国立高等音楽院に入学、1995年同院作曲科を第一位指名で一等賞を得、首席卒業。1996年帰国後、同志社女子大学(専任)、桐朋学園大学、愛知県立芸術大学大学院講師を経て、現在、東京藝術大学、国立音楽大学及び大学院で後進の指導にあたっている。2009年芥川作曲賞選考委員、2011〜2013年日本音楽コンクール作曲部門審査員。日本作曲家協議会、日本現代音楽協会の会員、アンサンブル・コンテンポラリーαメンバー。作曲をポール・メファノ、平義久、兼田敏、保科洋、松井昭彦各氏に師事。名古屋文化振興賞作曲賞入選、日本音楽コンクール第2位、芥川作曲賞を受賞。2005年IRCAM講習生として選抜され電子音楽と作曲について学ぶ。これまでに、Music Tomorrow、読売日本交響楽団、名古屋フィル、Music from Japan 、サントリー音楽財団等の団体や優れた演奏家から委嘱を受け新作を発表し、主要作品は、NHK交響楽団等の日本の主要なオーケストラの他、Alter Ego、Ensemble 2e2m、Ensemble L’itinéraire等の海外の現代音楽アンサンブルや国内アンサンブル、および優れた演奏家たちによって演奏され、これまでに、カーン、ザールブリュッケン、ダルムシュタット、武生、ニューヨーク、ジョグジャカルタ、テグ、ガウデアムス等の音楽祭のほか、アジアや欧米で行われた演奏会で作品が紹介されている。2014年には岐阜現代美術館で室内楽作品による個展が行われた。




Yumi SAIKI:
[1] Turn My Mourning into Dancing (2013)
Junichiro Taku, flute / Ikuko Suzuki, clarinet / Takui Matsumoto, violoncello
Recording Location: Mitaka City Arts Center, 6 February 2015

[2] JOY (2014)
Kaori Ohsuga, piano
Recording Location: Mitaka City Arts Center, 6 February 2015

[3] Morphogenesis II
for 6 percussionists (2010)
Kunitachi College of Music Percussion Ensemble
Cond: Takashi Fukuda I: Kayoko Tsujita II: Honami Wada III: Tomoko Yoshino IV: Megumi Murata V: Manami Yoshida VI: Shunsuke Magaribuchi
Recording Location: Kunitachi College of Music Main Hall, 24 October 2010 [Live Recording]

[4] String Trio (2008)
Eriko Sato, violin / Daniel Panner, viola / James Wilson, violoncello
Recording Location: Merkin Concert Hall, New York, 24 February 2008 [Live Recording]

[5] KYRIE-b for shô and bass-flute (2008/2014)
Mayumi Miyata, shô / Junichiro Taku, bass flute
Recording Location: Mitaka City Arts Center, 17 April 2015

[6] CONFESSION (1995)
Takehiko Yamada, piano
Recording Location: Suntory Hall Blue Rose, 28 August 2010 (Gala Concert Celebrating the 20th Anniversary of Akutagawa Award for Music Composition) [Live Recording]



Yumi Saiki (composition)
Yumi Saiki studied composition at Aichi University of Arts and Music. She moved to Paris in 1991 to continue her studies and graduated from the Ecole Normale de Musique de Paris the following year. She then studied at the Conservatoire National Supérieur de Musique de Paris, graduating with top honors “Premier prix à Premier nommé” in 1995. Since returning to Japan in 1996, she has taught at Doshisha Women’s College of Liberal Arts, Toho Gakuen College of Music, Graduate School of Aichi University of Arts and Music, and currently she teaches at the Tokyo University of the Arts and at Kunitachi College of Music and its Graduate School. She was a jury member of the Akutagawa Award for Music Composition in 2009, and also of the Music Competition of Japan (composition category) in 2011-13. She is a member of the Japan Federation of Composers, Japan Society for Contemporary Music, and Ensemble Contemporary α.
Saiki studied composition with Paul Méfano, Yoshihisa Taïra, Bin Kaneda, Hiroshi Hoshina and Akihiko Matsui. Awards include composition prize at the Nagoya Cultural Promotion Competition, second prize in the Music Competition of Japan and the Akutagawa Award. In 2005, she pursued further research into electronic music and composition at IRCAM in Paris. She has received commissions from groups such as Music Tomorrow, Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, Nagoya Philharmonic Orchestra, Music from Japan and Suntory Foundation for the Arts as well as many eminent musicians, and her works have been performed by major Japanese orchestras including the NHK Symphony Orchestra, as well as by contemporary ensembles in Japan and abroad including Alter Ego, Ensemble 2e2m and Ensemble L'itinéraire. Her music has been presented at international festivals of Caen, Saarbrücken, Darmstadt, Takefu, New York, Yogyakarta, Daegu and Gaudeamus, and in concerts in Asia, Europe and the U.S.A. In 2014, a concert featuring her chamber works was held at the Gifu Collection of Modern Arts.