HOME > NEWS ARCHIVE

 コジマ録音は、今年で創設40周年を迎えます。長年にわたり、コジマ録音のLP, CDをご愛顧いただいた皆様に感謝の気持を込めて、過去の名音源からのハイライトを集めた2枚組特別限定盤をリリースいたします。
 ALM RECORDS最初のLPとなった近藤譲「線の音楽」をはじめ、現代音楽から古楽、民族音楽まで、コジマ録音の「聴きどころ」を一同に集めています。
コジマ録音40周年記念CD ザ・ベスト・レコーディング1974-2014
ALCD-100, 101(2CD) 税抜価格1,500円(税込価格1,620円) 2014年5月7日発売

2014年4月1日より消費税率が5%から8%に引き上げられるのに伴い、CD料金の税込価格を増税分改定させていただきますので、お知らせいたします。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
現行 : 税抜価格 + 消費税 5%
改定後: 税抜価格 + 消費税 8%
適用時期: 2014年4月1日以降
弊社ウェブサイト内の価格表記は、現在5%の税込価格が掲載されているものと税抜価格のみの表示になっているものが混在しております。順次価格改定作業を実施いたしますが、価格改定に時間差が生じる(4月1日午前0時以降に一部改定が完了しない)場合がございます。どうぞご了承くださいませ。
レコード芸術誌2014年5月号で、山名敏之(フォルテピアノ、クラヴィコード、チェンバロ)による「ハイドンと18世紀を彩った鍵盤楽器達」(ALCD-9138)が特選盤に選ばれました。
「いずれの曲も、十分に吟味された多様なアーティキュレーションを駆使した明快な語り口が快く、知情意のバランスが取れた秀演揃い」(那須田務氏)
 このたび、コジマ録音は、ピアニスト山根弥生子さんとともに、第26回ミュージック・ペンクラブ音楽賞クラシック部門〈独奏・独唱部門〉最優秀賞を受賞しました。
 山根弥生子さんは、弊社より発売の下記の3点のアルバムにより、日本人初となるベートーヴェンのピアノ独奏作品全曲録音を達成されました。
●山根弥生子ベートーヴェンを弾く〜変奏曲集〜(ALCD-9049, 9050)
●山根弥生子/山根弥生子 ベートーヴェンを弾くVol. 2 〜変奏曲とロンド〜(ALCD-9117, 9118)
●山根弥生子/山根弥生子 ベートーヴェンを弾く Vol. 3 〜バガテルとさまざまな小品〜(ALCD-9127, 9128)
レコード芸術誌2014年4月号で、阿部早希子(ソプラノ)&古楽アンサンブル・ファンタジアスによる「A.ステッファーニ:2声のための室内カンタータ集」(ALCD-1143)が特選盤に選ばれました。
「こぼれるばかりの豊かさ、美しさ、的確でありながら今生まれたばかりのような初々しさに満ちた演奏だ」(美山良夫氏)
レコード芸術誌2014年2月号で、渡邊孝(オルガン&ミュゼラー)による「スヴェーリンク:鍵盤作品集」(ALCD-1140)が特選盤および優秀録音盤に選ばれました。
ドイツ北部タンガーミュンデの聖シュテファン教会での録音です。渡邊孝さんは、前作「J. S. バッハ:ゴルトベルク変奏曲」(ALCD-1130)に続いての特選盤です。
加納悦子(メゾソプラノ)と長尾洋史(ピアノ)による「メアリ・スチュアート女王の詩 シューマン後期歌曲集」(ALCD-7172)が第51回レコード・アカデミー賞[声楽曲部門]の受賞ディスクに選ばれました。オペラでも活躍する加納さんの初ソロCDでの受賞です!受賞ディスクの一覧は、音楽之友社のサイトをご覧ください。
11月9日(土)(現代ギター社)、10日(日)(タワーレコード渋谷店)の両日にわたって行なわれた、ギタリスト谷辺昌央のインストアライヴは、好評のうちに終了しました。新譜「すべての人のための祈り」の中から、たっぷりと40分あまりのプログラムが演奏されました。
ご来場いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。
「レコード芸術」誌2013年11月号にて、谷辺昌央「すべての人のための祈り 〜ラテン・フォルクローレの煌めき〜」 (ALCD-7177) が特選盤に選ばれました。
7月7日に「山根弥生子 ベートーヴェンを弾く Vol.3 バガテルとさまざまな小品〜」をリリースするピアニストの山根弥生子。アダムエースよりリリースされていたピアノ・ソナタ全集とあわせて、このCDのリリースにより日本人初のベートーヴェン全ピアノ独奏作品録音を達成したことになります。
CDの詳細は、こちらから。
6月17日付で、本件に関するプレスリリースを発表しましたので、あわせてご覧下さい。
【プレスリリース資料ダウンロード】