バッハ by バスーン・アローン

Bach
by bassoon alone



ALCD-9219 税込価格¥3,080(税抜価格¥2,800) 2021/08/07発売   JAN 4530835 113638
フィリップ・トゥッツァー(ファゴット)

Philipp Tutzer (bassoon)

レコード芸術 特選盤
stereo 今月の話題盤



J.S. バッハ  (1685-1750)
無伴奏チェロのための組曲 第1番 ト長調 BWV 1007
 [1] I. 前奏曲
 [2] II. アルマンド
 [3] III. クーラント
 [4] IV. サラバンドe
 [5] V. メヌエット I & II
 [6] VI. ジーグ

無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV 1013
 ニ短調編曲版:ウィリアム・ウォーターハウス
 [7] I. アルマンド
 [8] II. クーラント
 [9] III. サラバンド
 [10] IV. ブーレ・アングレーズ

無伴奏チェロのための組曲 第4番 変ホ長調 BWV 1010
 [11] I. 前奏曲 Prelude
 [12] II. アルマンド
 [13] III. クーラント
 [14] IV. サラバンド
 [15] V. ブーレI & II
 [16] VI. ジーグ

C.P.E. バッハ (1714-1788)
無伴奏フルートのためのソナタ イ短調 Wq.132
 ニ短調編曲版:モルデチャイ・レヒトマン
 [17] I. ポコ・アダージョ
 [18] II. アレグロ
 [19] III. アレグロ

J.S. バッハ
[20] ジーグ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 ニ短調 BWV 1004より
 ハ短調編曲版
[21] クーラント 無伴奏チェロのための組曲 第6番 ニ長調 BWV 1012より


フィリップ・トゥッツァー(ファゴット)


録音:
Sonorium(ソノリウム) 2020年2月10-11, 13-14日


ARDミュンヘン国際音楽コンクールをはじめとする数々の国際コンクールに入賞し、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団首席奏者を務めるフィリップ・トゥッツァー。ベルリン・フィルやミュンヘン・フィルらと共演し、またソリストとしても注目を集める若きヴィルトゥオーソが、大バッハの傑作「無伴奏チェロ組曲」第1番と第4番を軸に、バッハ父子の無伴奏作品にその技巧と創意を注ぎ込んだ1stソロアルバム。





フィリップ・トゥッツァー(ファゴット)
フィリップ・トゥッツァーは故郷であるイタリアのボルツァーノでクラウディオ・アルベルティ教授のもとファゴットを始め、音楽院で学ぶ。
その後、ウィーン国立音楽大学でシュテファン・トゥルノフスキー、ハノーファー音楽演劇大学でダーク・イェンセンに師事。また同時期に、EUユース管弦楽団およびグスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団のメンバーとして活躍し、クラウス・トゥーネマン、セルジオ・アッツォリーニの講習会に参加。
デュッセルドルフのアイオロス国際管楽器コンクール、ロヴェレートの国際アウディ・モーツァルト・コンクール、ハノーファーのクルト・アルテン・コンクールで優秀な成績を収め、2008年のARDミュンヘン国際音楽コンクールで第2位受賞を果たす。ソリストとして、ベルリン・フィルハーモニーやウィーン・ムジークフェラインに登場し、ザルツブルク音楽祭でも高評を得る。
2007年よりザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の首席ファゴット奏者を務め、ゲスト奏者としてミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、カメラータ・ザルツブルク、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団へ出演。
現在、オーストリアのリンツ・アントン・ブルックナー私立音楽大学で教鞭を執るほか、ザルツブルクのモーツァルテウム音楽大学の夏期国際音楽アカデミーを含む多くの講習会で講師を務める。


Johann Sebastian Bach (1685-1750)
Suite No.1 in G Major BWV 1007
[1] I. Prelude
[2] II. Allemande
[3] III. Courante
[4] IV. Sarabande
[5] V. Menuet I & II
[6] VI. Gigue

Partita in A Minor BWV 1013, Transcription in D Minor (Arr. by William Waterhouse)
[7] I. Allemande
[8] II. Courante
[9] III. Sarabande
[10] IV. Bourrée angloise

Suite No.4 in E-flat Major BWV 1010
[11] I. Prelude
[12] II. Allemande
[13] III. Courante
[14] IV. Sarabande
[15] V. Bourrée I & II
[16] VI. Gigue

Carl Philipp Emanuel Bach (1714-1788)
Sonata in A Minor Wq.132, Transcription in D Minor (Arr. by Mordechai Rechtman)
[17] I. Poco Adagio
[18] II. Allegro
[19] III. Allegro

Johann Sebastian Bach
[20] Gigue from Partita No.2 in D Minor BWV 1004, Transcription in C Minor
[21] Courante from Suite No.6 in D Major BWV 1012



Philipp Tutzer (bassoon)


Recording Location: sonorium (Tokyo)
Recording Date: 10-11 & 13-14 February 2020


Philipp Tutzer (bassoon)
Philipp Tutzer began to play the bassoon in his home town of Bolzano, Italy, studying at the Conservatory there with Professor Claudio Alberti. His studies continued with Stepan Turnowsky in Vienna, and with Dag Jensen in Hannover.
Highlights of this period include membership in the European Union Youth Orchestra and the Gustav Mahler Youth Orchestra, as well as participation in the master classes of Klaus Thunemann and Sergio Azzolini.
Prizes in competitions, including “AEOLUS” in Dusseldorf, “AUDI MOZART” in Rovereto, “KURT ALTEN” in Hannover, and especially the 2008 ARD Competition in Munich, led to solo performances in the Berlin Philharmonie, the Musikverein in Vienna and at the Salzburg Summer Festival.
Philipp Tutzer has been the solo bassoonist of the Mozarteum Orchestra of Salzburg since 2007, and has performed in that role as a guest with the Munich Philharmonic, the Camerata Salzburg, the Rotterdam Philharmonic orchestra, the NDR in Hamburg, and the Berlin Philharmonic.
He currently teaches at the Anton Bruckner Private University in Linz, Austria, and leads frequent master classes, including at the Summer Academy of the Mozarteum in Salzburg.


Philipp Tutzer, Fagott
Philipp Tutzer lernt im Konservatorium seiner Heimatstadt Bozen von Prof. Claudio Alberti das Fagott zu spielen. Er studiert weiter bei Prof. Stepan Turnovsky in Wien sowie bei Prof. Dag Jensen in Hannover. Entscheidene Impulse während seiner Ausbildung erhält er als Mitglied der renommierten Jugendorchester EUYO und GMJO, sowie bei Meisterkurse von Klaus Thunemann und Sergio Azzolini.
Seine Preise bei Wettbewerben wie dem „AEOLUS“ in Düsseldorf, dem „AUDI MOZART“ von Rovereto, dem „KURT ALTEN“ in Hannover und vor allem beim ARD- Wettbewerb 2008 in München führten zu Engagements als Solist, unter anderem an der Berliner Philharmonie, bei den Salzburger Festspielen und im Wiener Musikverein.
Seit 2007 ist Philipp Tutzer Solo-Fagottist im Mozarteumorchester Salzburg und gastiert bei den Münchner Philharmonikern, der Camerata Salzburg, dem Münchner Kammerorchester, dem Rotterdam Philharmonisch Orkest, dem NDR Hamburg und den Berliner Philharmonikern.
Philipp Tutzer lehrt an der Anton Bruckner Privatuniversität in Linz und gibt regelmässig Meisterkurse, wie zum Beispiel bei der Sommerakademie des Mozarteum Salzburg.