トゥルヌミール

 十字架上のキリストの7つの言葉による7つのコラール詩曲
 3連コラール



ALCD-9217 税抜価格2,800円 2021/02/07発売   JAN 4530835 113379
高橋博子(オルガン)

Hiroko Takahashi organ

読売新聞 サウンズBOX クラシック 推薦盤
朝日新聞 for your Collection 推薦盤



シャルル・トゥルヌミール:

[1] 3連コラール(聖三位一体)作品41

十字架上のキリストの7つの言葉による7つのコラール詩曲 作品67
 [2] 父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです
 [3] あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる
 [4] 婦人よ、御覧なさい。あなたの子です。見なさい。あなたの母です
 [5] わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか
 [6] 渇く
 [7] 父よ、わたしの霊を御手にゆだねます
 [8] 成し遂げられた


高橋 博子(オルガン)


録音:新宿文化センター 大ホール 2020年8月15−17日


数々の作曲家が取り組んできた「キリストの最後の7つの言葉」を1台のオルガンに託した天才オルガニスト・作曲家―トゥルヌミール。フランクを継承した即興技術や詩的な作曲技法によって編み込まれた神秘主義の世界を、高橋博子(新宿文化センター専属オルガニスト、聖路加国際大学聖ルカ礼拝堂オルガニスト)が、70ストップを備えるアルザスのケルン社製オルガンが醸し出す絶妙な響きのグラデーションとともに開く。





高橋 博子
Hiroko Takahashi

東京藝術大学音楽学部オルガン科卒業、同大学院音楽研究科修了。安宅賞受賞。明治安田生命クオリティ・オブ・ライフ文化財団奨学生として、ドイツ国立ハンブルグ音楽演劇大学を卒業し、更に平和中島財団奨学生として同大学の国家演奏家試験を最優秀で修了。
オルガンを今井奈緒子、W.ツェラー、早島万紀子の各氏に、ハルモニウムを伊藤園子氏に師事。
1999年ツェレ・ニーダーザクセン国際オルガニスト・コンクール、2000年北ドイツ放送(NDR)音楽賞国際コンクール共に優勝。審査員長であったG.レオンハルト氏から絶賛される。
新宿文化センター専属オルガニスト、明治学院大学協力オルガニスト、聖路加国際大学聖ルカ礼拝堂オルガニスト。
日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。



Charles Tournemire:

[1] Triple Choral (Sancta Trinitas), op.41

Sept Chorals-Poèmes d’Orgue pour les sept paroles du Xrist, op.67
 [2] Pater, dimitte illis; nesciunt enim quid faciunt
 [3] Hodie mecum eris in Paradiso
 [4] Mulier, ecce filius tuus. Ecce mater tua
 [5] Eli, Eli, lamma sabacthani
 [6] Sitio
 [7] Pater, in manus tuas commendo spiritum meum
 [8] Consummatum est


Hiroko Takahashi organ


Recorded at Shinjuku Bunka Center Main Hall, 15-17 August 2020