HOME > DISC > ALCD-9209

献呈
Widmung


ALCD-9209 税抜価格2,800円 2020/06/07発売   JAN 4530835 113003新納 洋介(ピアノ)
Yosuke Niino, piano

レコード芸術 特選盤
音楽現代 推薦盤


クライスラー/ラフマニノフ
[1] 愛の喜び (1910/1923)
[2] 愛の悲しみ (1910/1923)

ラフマニノフ: 10の前奏曲 Op.23より (1901,03)
 [3] I. Largo, F-sharp minor
 [4] II. Maestoso, B-flat major
 [5] III. Tempo di minuetto, D minor
 [6] IV. Andante cantabile, D major
 [7] V. Alla marcia, G minor
 [8] VI. Andante, E-flat major

[9] シューマン/リスト: 献呈 (1840/1848)

ショパン Frédéric Chopin:
 [10] 即興曲第1番 変イ長調 Op. 29 (1837)
 [11] 即興曲第2番 嬰ヘ長調 Op. 36 (1838-39)
 [12] 即興曲第3番 変ト長調 Op. 51 (1842)
 [13] 即興曲第4番 嬰ハ短調Op. 66「幻想即興曲」 (1834-35)

[14] グルック/ズガンバーティ: メロディー (1762/ca.1878)


新納 洋介(ピアノ)


〈録音〉三鷹市芸術文化センター 2020年2月12-13日


東京藝術大学卒業後、パリ地方国立音楽院を主席で修了、様々な国際コンクールで上位入賞を果たし、帰国後も精力的なリサイタルなどで躍進を続ける実力派・新納洋介。ソロアルバム第3弾では詩情溢れるロマンティックな楽曲を十全のテクニックと明快な解釈によって描き切る。巧みなアゴーギグ、澄んだ和音、フレージングや音色の選択にもこまやかな配慮が行き届き、新納が大切にしたメロディーの持つ情感をダイレクトに伝える演奏だ。



新納 洋介(ピアノ)
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。その後、パリ地方国立音楽院上級コースに入学。2000年、審査員満場一致の一等賞で修了し、フランス国家演奏家資格を得る。引き続き、同音楽院ソリストコースに進み2002年に修了。
第49回マリア・カナルス国際コンクール第2位、ヨーロッパ音楽コンクール第1位、パリ・マドレーヌ・ドゥ・ヴァルマルトゥピアノコンクール第1位、フランス国際音楽コンクール室内楽部門第1位、カミーロ・トーニ国際コンクール「シューマン賞」、など様々な国際コンクールで上位入賞。その後、モナコ、エビアン、ノアンなどヨーロッパ各地の国際音楽祭にも出演し、日本、ヨーロッパで演奏活動を展開している。帰国後の2004年1月、05年8月、06年12月、08年7月、11年3月、16年6月に東京文化会館小ホールに於いて連続開催したリサイタルは、いずれも好評を博す。ロシア国立マリインスキー劇場沿海舞台交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、セントラル愛知交響楽団など国内外のオーケストラと共演。東京藝術大学ピアノ科教育研究助手を経て、2008年から2013年まで東京藝術大学ピアノ科で後進の指導にあたる。2011年1月、CDデビューアルバム「ブラームス/新納洋介」を㈱ハーモニーより、2016年7月、セカンドアルバム「ラインの歌」をALM RECORDSより全国発売。「ラインの歌」は、レコード芸術誌準特選盤、音楽現代誌推薦盤に選出された。
これまでに、ピアノを青木礼子、高良芳枝、迫昭嘉、外山準、園田高弘、ピエール・レアック、ジェルメーヌ・ムニエ、パウル・バドゥラ=スコダの各氏に師事。
2008年から2013年まで東京藝術大学ピアノ科、2009年から2016年まで常葉大学短期大学部で後進の指導にあたる。
現在、国立音楽大学、小諸高校音楽科、及び相模原弥栄高校音楽科講師。



Fritz Kreisler/Sergei Rachmaninoff
[1] Liebesfreud (1910/1923)
[2] Liebesleid (1910/1923)

Sergei Rachmaninoff: 10 Préludes Op. 23 (1901,03)
 [3] I. Largo, F-sharp minor
 [4] II. Maestoso, B-flat major
 [5] III. Tempo di minuetto, D minor
 [6] IV. Andante cantabile, D major
 [7] V. Alla marcia, G minor
 [8] VI. Andante, E-flat major

[9] Robert Schumann/Franz Liszt: Widmung (1840/1848)

Frédéric Chopin
 [10] Impromptu No. 1 in A-flat major Op. 29 (1837)
 [11] Impromptu No. 2 in F-sharp major Op. 36 (1838-39)
 [12] Impromptu No. 3 in G-flat major Op. 51 (1842)
 [13] Impromptu No. 4 in C-sharp minor Op. 66 “Fantasy-Impromptu” (1834-35)

[14] Christoph Willibald Gluck/Giovanni Sgambati: Melody (1762/ca.1878)


Yosuke Niino, piano


Recorded at Mitaka City Arts Center Concert Hall, 12-13 February 2020


Yosuke Niino, piano
 After graduating from the Music High School attached to the Faculty of Music, Tokyo University of the Arts, Yosuke Niino went on to study at that university, where he completed an undergraduate degree. He entered the Conservatoire Supérieur de Paris (CNR) and graduated in 2000 having been given the honor of first prize awarded by all the judges. He continued his studies in the soloist course at the same conservatory and graduated in 2002.
 He has won a number of music competitions including 2nd prize at the 49th Concurs International Maria Canals de Barcelona, 1st prize at the Europe Music Competition, the 1st prize at Concours de Piano Madeleine de Valmalete, the 1st prize in the chamber music section of the France International Competition, the Schumann Prize at the International Piano Competition “Camillo Togni”. He subsequently participated in a number of international music festivals in Europe, including Monaco, Evian and Nohant and developed an active performing career all over Europe and Japan. He gave a series of well-received recital concerts in 2004, 2005, 2006, 2008 and 2011 at the Tokyo Bunka Kaikan hall. He has performed with the Mariinsky Theater Primorsky Stage Orchestra, Kansai Philharmonic Orchestra, Central Aichi Symphony Orchestra, and others both in Europe and Japan. He taught at Tokyo University of the Arts from 2008 to 2013 and released his first CD Album “Brahms/Yosuke Niino” on the Harmony Corporation label in 2011. His second album, Chants du Rhin, released by ALM Records and launched nationally, was selected as an “Editor’s Choice” disk by Japan’s two major music magazines, Record Geijutsu and Ongaku Gendai.
 He studied the piano under Reiko Aoki, Yoshie Kora, Akiyoshi Sako, Hitoshi Toyama, Takahiro Sonoda, Pierre Réach, Germaine Mounier and Paul Badura-Skoda.
 He undertook advanced training at Tokyo University of the Arts from 2008 to 2013, and at Tokoha University Junior College from 2009 to 2016.
 At present, he teaches at Kunitachi College of Music, Komoro Senior High School (music department) and Sagamihara Yaei Senior High School.