HOME > DISC > ALCD-9206

神奈川県民ホール開館45周年記念

パッサカリア
Kanagawa Kenmin Hall 45th Anniversary
Passacaglia



ALCD-9206 税抜価格2,800円 2020/04/07発売 JAN 4530835 112928荻野由美子(オルガン)
OGINO Yumiko, organ

レコード芸術 特選盤
音楽現代 推薦盤


[1] J.S.バッハ:パッサカリア ハ短調 BWV582

J.S.バッハ:コラール変奏曲「汝、明るき日なるキリスト」 BWV766
 [2] Partia I.
 [3] Partia II.
 [4] Partia III.
 [5] Partia IV.
 [6] Partia V.
 [7] Partia VI.
 [8] Partia VII.

F.メンデルスゾーン:ソナタ第2 ハ短調 作品65-2
 [9] I. Grave
 [10] II. Adagio
 [11] III. Allegro maestoso e vivace
 [12] IV. Fuga: Allegro moderato

[13] J.S.バッハ:フーガ ト短調 BWV578

P.ヒンデミット:ソナタ第2
 [14] I. Lebhaft
 [15] II. Ruhig bewegt
 [16] III. Fuge: Mäßig bewegt, heiter

J.ブラームス:11のコラール前奏曲 作品122 より
 [17 ] 我が心は喜びおどる Herzlich tut mich erfreuen
 [18] 装え、我が愛する魂よ Schmücke dich, o liebe Seele

[19] J.G.ラインベルガー:ソナタ第8 ホ短調 作品132 より〈パッサカリア〉

荻野由美子(オルガン)

〈録音〉
録音:神奈川県民ホール 2019年10月2-4日


神奈川県民ホールのパイプオルガンは、1975年1月の開館にあわせドイツのクライス社により設置された、日本の公共ホールでもっとも歴史のある楽器。当時国内では、オルガンを中心とする本格的な演奏活動はあまり前例がなかったため、少しでも多くの人に親しんでもらおうとさまざまな企画が試みられ、オルガン音楽の普及に貢献してきた。このCDでは、神奈川県民ホールのオルガン・アドヴァイザーでもある荻野由美子が、3段鍵盤+ペダル、ストップ数30、パイプ総数2024本のオルガンから、多彩な表情と魅力をみごとに引き出している。


荻野由美子(オルガン)
OGINO Yumiko, Organ
神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻、及びデュッセルドルフ音楽大学卒業。オルガンを廣野嗣雄、J.ゲッフェルトの各氏に師事。NHK-FM放送や日本各地のコンサートホール、教会などで演奏活動を行う。オーケストラ・アンサンブル金沢とはJ.G.ラインベルガーの《オルガン協奏曲第2番》を共演し好評を博す。2011年度から20年度まで神奈川県民ホールのオルガン・アドヴァイザーを務め、コンサートやレクチャーなどの企画・運営に携わる。
現在、カトリック碑文谷サレジオ教会オルガニスト、神奈川県民ホール、及び東京都北区北とぴあオルガン・アドヴァイザー、洗足学園音楽大学講師。日本オルガニスト協会会員、日本オルガン研究会会員。


[1] Johann Sebastian Bach: Passacaglia, c-moll, BWV582

Johann Sebastian Bach: Partite diverse sopra “Christ, der du bist der helle Tag” BWV766
 [2] Partia I.
 [3] Partia II.
 [4] Partia III.
 [5] Partia IV.
 [6] Partia V.
 [7] Partia VI.
 [8] Partia VII.

Felix Mendelssohn Bartholdy: Sonate für Orgel Nr.2 c-moll Op.65-2
 [9] I. Grave
 [10] II. Adagio
 [11] III. Allegro maestoso e vivace
 [12] IV. Fuga: Allegro moderato

[13] Johann Sebastian Bach: Fuga in g BWV578

Paul Hindemith: Sonate für Orgel Nr.2
 [14] I. Lebhaft
 [15] II. Ruhig bewegt
 [16] III. Fuge: Mäßig bewegt, heiter

Johannes Brahms: Elf Choralvorspiele Op.122
 [17 ] Herzlich tut mich erfreuen
 [18] Schmücke dich, o liebe Seele

[19] Josef Gabriel Rheinberger: Passacaglia, Sonate für Orgel Nr.8 e-moll Op.132

OGINO Yumiko, organ


Recording Dates: 2-4 October 2019
Location: Kanagawa Kenmin Hall, Small Hall


OGINO Yumiko, organ

OGINO Yumiko majored in organ at the Tokyo University of the Arts and subsequently graduated from the Robert-Schumann-Hochschule in Düsseldorf. She studied the organ with HIRONO Tsuguo and Johannes Geffert. She enjoys a prolific career giving performances in concert halls and churches, and radio broadcasts on channels such as NHK-FM. Her performance of Rheinberger’s Organ Concerto No. 2 with the Orchestra Ensemble Kanazawa was well received. Yumiko served as organ advisor to the Kanagawa Kenmin Hall from 2011 to 2020, a role which involved organizing and promoting concerts and lectures.
At present she is the organist at Himonya Catholic Church, organ advisor to the Hokutopia concert hall in Tokyo, and a lecturer at Senzoku Gakuen College of Music. She is a member of the Japan Association of Organists and the Japan Organ Society.