HOME > DISC > ALCD-9187

dolceamaro 〜フルートとピアノで奏でるオペラファンタジー〜
dolceamaro
Opera Fantasies for Flute and Piano



ALCD9187_罫あり.jpgALCD-9183 税抜価格2,800円 2018/06/07発売
JAN 4530835 112105
イ・ジュヒ(フルート) アリアンヌ・ジャコブ(ピアノ)
Joohee Lee, flute Ariane Jacob, piano


[1] ブリッチャルディ:ヴェルディの歌劇「椿姫」による自由なトランスクリプション
[2] ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」より《今の歌声は》
[3] ショパン:ロッシーニの主題による変奏曲
[4] ブリッチャルディ:ヴェルディの歌劇「マクベス」による幻想曲 作品47
[5] ドニゼッティ:フルートとピアノのためのソナタ
[6] ブリッチャルディ:ヴェルディの歌劇「アイーダ」による劇的幻想曲 作品134
[7] ジュナン:ヴェルディの歌劇「リゴレット」による幻想曲 作品19


イ・ジュヒ(フルート) Joohee Lee, flute
アリアンヌ・ジャコブ(ピアノ) Ariane Jacob, piano



〈録音〉2018年3月5-6日 彩の国さいたま芸術劇場


世界的に名高いヴィルトゥオーゾのフルート奏者、イ・ジュヒ。韓国・アメリカ・ヨーロッパにて広く活躍し、ロマン派の超絶技巧作品を優美に演奏する。本アルバムでは、ヴェルディ、ロッシーニを中心に多彩なオペラの世界を生き生きと奏で上げる。甘かったり、ほろ苦かったり、甘酸っぱかったり……次々に移り変わるファンタジーに、心踊らされる一枚!



JooheeLee.jpgイ・ジュヒ(ピアノ)
韓国ソウル生まれ。イェウォン芸術学校およびソウル芸術高校で学び、連続で最優秀賞を受賞。イファ・キョンヒャン・コンクールをはじめ韓国の数々のコンクールに優勝し、審査員からそのすぐれた感性および技巧を賞賛された。その後、パリ国立高等音楽院副校長およびローマ大賞の受賞者アラン・ウェーバーに招かれ、パリに留学。エコール・ノルマル音楽院にてパトリシア・ナーグルに師事、一年で審査員一致の優秀賞で卒業。さらにパリ国立高等音楽院でアラン・マリオンおよびレイモン・ギヨーに師事、木管五重奏で室内楽の一等賞を得た。さらにイェール大学音楽院にてランサム・ウィルソンに師事、修士号を取得。在学中に第5回ジャン=ピエール・ランパル国際フルート・コンクールで特別賞を受賞。最終的にはジュリアード音楽院にてキャロル・ウィンセンスの最後の弟子として腕を磨き、ニューヨークのティルデン賞(審査員長ジャン=ピエール・ランパル)にて第2位を受賞。
これまでKBS交響楽団、オーストラリア室内管、パロアルト室内管、シュトゥットガルト室内管、ソフィア・アルス室内管、ウィーン・モーツァルト管、ヤナーチェク室内管、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、シュメン・フィルハーモニー管、上海音楽院管、ニューヨーク・コリアン室内管、ユーロ=アジアン・フィルハーモニー管、ソウル・フィルハーモニー管などと共演。カーネギー・ホール、ウィーン楽友協会大ホール、大阪のいずみホール、上海コンサートホール、ソウル・アーツセンター・コンサートホールなどの名門ホールで公演を行なっている。また、マクサンス・ラリュー、ミシェル・モラゲス、キャロル・ウィンセンス、何声奇、ジョゼ=ダニエル・カスティヨン、神田寛明、ロイク・シュネデイル、ユン・ヘリら多くの著名なフルート奏者と共演する機会を得てきた。
また上海、ニューヨーク、ソウル、釜山、クールシュヴェル、リヨン、フォントネー=ル・コントなどの国際フルート・コンクールの審査員として招かれている。
現在、韓国の名門校である崇実大学音楽院の客員教授および延世大学の講師を務めている。次世代のフルート奏者を育てることによって、韓国のフルート教育の水準を高めたいと願っている。また上海音楽院より招かれ、マスタークラスおよびリサイタルを行なった。韓国フェスティバル・アンサンブルのソロ・フルート奏者、ソウル・フルート・クワイアのリーダー、アジア・フルート連盟理事を務める。ソロCD「Douce Paris」をユニヴァーサルよりリリース。



ArianeJacob.jpgアリアンヌ・ジャコブ(ピアノ)
パリのシャトレ座やシャンゼリゼ劇場、ラジオフランスのホールといったフランス名だたるホールをはじめ、ナントのラフォルジュルネ、オーヴェル・シュル・オワーズ音楽祭、ベルリオーズ音楽祭、サン・リキエ音楽祭などの多くの音楽祭に出演をしている。またドイツやスペイン、イタリア、スイス、ハンガリー、日本、韓国、アメリカ、ベネズエラ等の海外でも活躍を続けている。
ソリストとしての活動に加え、室内楽奏者としてもフィリップ・ベルノルド(フルート)、バーバラ・ヘンドリックス(ソプラノ)、ローラン・コルシア(ヴァイオリン)、エルヴェ・ジュラン(ホルン)らと共演。さらに俳優ディディエ・サンドルやランベール・ウィルソンとの朗読付きコンサートにも出演。
リヨン国立高等音楽院にてエリック・ハイドシェックに師事し、1989年に一等賞を得る。1999年には、バルセロナのマリア・カナルス国際ピアノコンクールにおいて入賞。
ケント・ナガノ指揮リヨン国立オペラ管弦楽団とは多くの公演や録音に参加。また室内楽のCDも高い評価を受けており、「ドビュッシーの室内楽」(ハルモニア・ムンディ)はフランスの雑誌Téléramaなどで高評価、フィリップ・ベルノルドと共演した「カプリス」(サフィー)は2010年のヴィクトワール音楽賞にノミネートされた。
2000年よりパリ地方音楽院および同院の高等専門課程の教授を務める。毎年、東京でマスタークラスおよびリサイタルを開いている。


[1] Giulio Briccialdi: Free Trascription of Verdi’s “La Traviata”
[2] Gioachino Rossini: “Una voce poco fa” from the opera “Il Barbiere di Siviglia”
[3] Frédéric Chopin: Variations on a theme by Rossini
[4] Giulio Briccialdi: Fantasy on Verdi’s “Macbeth” op.47
[5] Gaetano Donizetti: Sonata for Flute and Piano
[6] Giulio Briccialdi: Dramatic Fantasy on Verdi’s “Aida” op.134
[7] Paul-Agricole Génin: Fantasy on Verdi’s “Rigoletto” op.19


Joohee Lee, flute
Ariane Jacob, piano



Joohee Lee, flute
Joohee Lee was born in Seoul, South Korea. She studied at The Yewon Art School and The Seoul Art High School where she consecutively won the Prize of Honors among students and alumni. She was the top prize winner of numerous major competitions in Korea, including the Ewha-Kyung Hyang Competition. The Juries acclaimed for her high sensibility and splendid technique. Alain Weber, Vice President of the Conservatoire National Superieur de Musique de Paris (CNSMP) and winner of Prix de Rome, invited her to study in Paris. She studied with Patricia Nagle at The Ecole Normale de Musique and graduated execution superieur in one year with unanimity of juries. Moreover, she continued to study at The Conservatoire National de Musique de Paris (CNSMP) with the guidance of Alain Marion and Raymond Guiot, and there she won the First Prize in the Competition of Chamber Music with woodwind quintet. After her graduation with the First Prize at CNSMP, she earned a Master of Music degree from The Yale School of Music with Ransom Wilson. When she was a graduate student, she got a Special Prize of The 5th Jean-Pierre Rampal International Flute Competition. She continued her studies at The Juilliard School where she finished professional studies, as the last flutist in the program, under Carol Wincenc in New York. In this time, she got the Second Prize of the Tilden Prize New York associated with Jean-Pierre Rampal as a president of jury.
She has performed concertos as a soloist with the KBS Symphony Orchestra, Australian Chamber Orchestra, Palo Alto Chamber Orchestra, Stuttgart Chamber Orchestra, Sofia Ars Chamber Orchestra, Vienna Mozart Orchestra, Janacek Chamber Orchestra, Ensemble de Inter-Contemporain, Shumen Philharmonic Orchestra, Shanghai Conservatory Orchestra, New York Korean Chamber Orchestra, Euro-Asian Philharmonic Orchestra, Seoul Philharmonic Orchestra, etc. She has performed solo at the most prestigious halls such as Carnegie Hall in New York, Musikverein Golden Hall in Vienna, Izumi Hall in Osaka, Shanghai Concert Hall, and Seoul Art Center Concert Hall. She also has had honorable chances to play with the most famous flutists in the flute history, including Maxence Larrieu, Michel Moragues, Carol Wincenc, Shengqi He, Jose-Daniel Castellon, Hiroaki Kanda, Loic Schneider, Hyeri Yoon, and many others.
Ms. Lee was invited as a faculty member at several famous International music Festivals in Shanghai, New York, Seoul, Busan, Courchevel, Lyon, Fontenay le comte, and many others.
Ms. Lee is a currently visiting Professor at Soongsil Conservatory of Music, as well as a Faculty at Yonsei University, the most prestigious art institutions in South Korea. By teaching talented future flutists, she seeks to enrich the quality of South Korean flute education. She is also invited every year by Shanghai Conservatory of Music to give masterclass and recital. She is the flute solo at Korea Festival Ensemble, the leader and concert master of Seoul Flute Choir, Advisory Board of Asia Flute Foundation. Her solo recording <Douce Paris> can be heard on the Universal Music.


Ariane Jacob, piano
Ariane Jacob, pianist, performs in large French theatres and in many festivals: Châtelet and Champs-Elysées theatre, Radio-France, La Folle Journée de Nantes, Auvers-sur-Oise, Berlioz Festival, Saint-Riquier Festival... and also all over the world: Germany, Spain, Italy, Switzerland, Hungary, Japan, South Korea, the United States, Venezuela...
She performs solo and for chamber music with Philippe Bernold (flute), Barbara Hendricks (soprano), Laurent Korcia (violin), Hervé Joulain (horn)... and during readings-concerts with famous actors Didier Sandre and Lambert Wilson.
Trained at the Conservatoire National Superieur de Musique de Lyon, she won first prize in the piano class of Eric Heidsieck in 1989. She graduated in International Piano Competition “Maria Canals” in Barcelona in 1999.
She participated in several concerts and recordings with the Orchestre de l’Opera National de Lyon under the direction of Kent Nagano and her chamber music recordings have been praised by the biggest names in the industry: ffff Telerama and **** World Music for “Debussy chamber music”/ Harmonia Mundi, appointing the Victoires de la Musique 2010 for “Caprice”/Saphir, with Philippe Bernold.
She is professor since 2000 at Paris Conservatory CRR “Rue de Madrid” and for bachelor at PSPBB.
She comes every year in Tokyo for master-classes and recitals.



Recording Location: Sainokuni Saitama Arts Theater, Japan, 5-6 March 2018