HOME > DISC > ALCD-9164

うたり
UTARI



ALCD9164.jpgALCD-9164 税抜価格2,800円 2016/10/07発売
JAN 4530835 111450
うたり 打楽器姉妹
藤井はるか 藤井里佳
(打楽器)
UTARI: Haruka Fujii Rika Fujii (percussion)

Stereo 今月の優秀録音盤
音楽の友 今月の注目盤
音楽現代 推薦盤


[1] クリス・カピカ:アテリウム
[2] 三善晃:協奏的練習曲
[3] 織田英子:三月にみたもの I. 梅の花の下で
[4] 織田英子:三月にみたもの II. 鹿が走る
[5] 松下功:インターウェーブスⅡ
[6] カイエンナ・ポンチオーネ:ランブルスティルトスキンズ
[7] 内藤明美:サンクチュアリ
[8] 三善晃:トルスV

うたり  (打楽器姉妹 藤井はるか 藤井里佳)


〈録音〉三芳町文化会館(コピスみよし) 2014年10月21日、文京シビックホール 2015年10月3日


世界に誇る打楽器姉妹デュオ「うたり」待望のファーストアルバム。時代をリードする作曲家とのコラボラーション、1960-80年代に日本で書かれた秀作の発掘、という新旧2つの要素を軸として活動しており、ここではそれを凝縮された形で聴くことができる。彼女たちの地に足のついた音楽性と世界観、そして現代の音楽についての広範なネットワークを、存分に体感することができることだろう。



Utari.jpg(C) Chelsea Gregory Photographyうたり
北米と東京を拠点に活躍する藤井はるかと藤井里佳による打楽器姉妹デュオ「うたり」は、時代をリードする作曲家とのコラボレーション、そして1960〜1980年代の日本において書かれた秀作の発掘と再演、という新旧二つの要素を取り入れ、演奏活動を国内外で広げてきた。これまでに世界最大規模の打楽器フェスティバル「PASIC」、ジュリアード音楽院主催サマーアカデミー、カナダ3都市における室内現代音楽祭などにおいて、日米の打楽器音楽を織り交ぜたプログラムを各地で発表し、好評を博している。

藤井はるか
東京藝術大学音楽学部打楽器科を卒業後、渡米。ジュリアード音楽院在学中よりリンカーンセンターやカーネギーホールでのデビュー演奏を始めとした精力的な演奏活動を開始。これまでに打楽器ソリストとして、作曲家・譚盾(タン・ドゥン)のオペラや打楽器コンチェルトで世界各地の主要オーケストラと共演し、2010年よりヨーヨー・マ率いるシルクロード・アンサンブルの正式メンバーとして各ツアー公演に参加、ケネディーセンター賞セレモニーにてオバマ大統領夫妻を前に演奏を披露するなど、世界の舞台で活躍。現在はカリフォルニアを拠点に演奏活動を広げている。ジュリアード音楽院打楽器夏期講習講師、アメリカ主要音楽大学にてマスタークラスを行うなど、後進の指導にも力を入れている。

藤井里佳
東京都立芸術高等学校音楽科を卒業後、桐朋学園大学音楽学部打楽器専攻へ入学。在学中より打楽器奏者としてオーケストラ・ミュージカル・室内楽等様々な活動を行い、読売新聞社主催第72回新人演奏会出演。日本打楽器協会主催第18回新人演奏会最優秀新人賞受賞。現代打楽器作品の普及活動に力を入れ、PASIC(国際打楽器フェスティバル)や、カナダ現代音楽祭、クロアチア現代音楽祭等に招聘を受け、打楽器作品の魅力を発信。クラシックを中心に国内外で活動する他、「女性和太鼓グループ 焱太鼓ユニット」のメンバーとして和太鼓奏者の顔も持つ。また、(株)日本総合音楽研究に所属し、主に教育機関対象のコンサートを企画、演奏し全国を回る。桐朋学園大学音楽学部、名古屋芸術大学音楽学部、埼玉県立芸術総合高等学校講師。





[1] Chris Kapica: Aetherium
[2] Akira Miyoshi: Aetherium
Eiko Orita: In Spring
[3] I. Under the Plum Blossom
[4] II. Deer Running
[5] Isao Matsushita: Interwaves II
[6] Cayenna Ponchione: Rumble-Stiltskins
[7] Akemi Naito: Sanctuary
[8] Akira Miyoshi: Torse Ⅴ


UTARI Haruka Fujii Rika Fujii (percussion)

[1][2][6][8]
Recorded at Coppice Miyoshi Culture Hall, Saitama, Japan on October 21, 2014
Bunkyo Civic Hall, Tokyo, Japan on October 3, 2015
[3][4][5][7]
Recorded at Glenn Gould Studio, Canada on March 12, 2013



Utari
Sisters Haruka and Rika Fujii’s passion for Japanese percussion music has led them to tour internationally for the past ten years. Following the path of their mother Mutsuko Fujii, an influential marimbist, they have introduced Japanese percussion works at major venues in Asia, Europe and North America.
Utari’s mission is to introduce audiences to master works which are not well known outside of Japan, many of which are written for and dedicated to Mutsuko Fujii by luminary composers such as Maki Ishii, Akira Miyoshi, Isao Matsushita, and Akira Nishimura. In addition to music from Japan’s “golden age” of modern music, Utari actively works with and performs music by young composers who are defining the sound of the current generation.
www.utariduo.com

Haruka Fujii has won international acclaim as a solo percussionist for her interpretations of contemporary music, having performed premieres of works from composers including Tan Dun, Nico Muhly, Joji Yuasa, and Maki Ishii. She has appeared in major venues across the world as a soloist, as well as chamber musician with Yo-Yo Ma’s Silk Road Ensemble, NY based quartet Line C3 Percussion Group, new music quartet Flexible Music and The Fujii Trio. She also enjoys teaching as a frequent guest instructor at Juilliard Summer Percussion Seminar and several international percussion festivals.

Rika Fujii is an active percussionist based in Tokyo, Japan. She performs frequently in theatrical and orchestral settings as well as in traditional Japanese taiko drumming concerts. She has performed internationally, including appearances at Carnegie Hall in New York, Koerner Hall in Toronto, the New Zealand International Arts Festival, and international percussion festivals such as PASIC 2012 in Austin, IPEW in Croatia and BUMfest in Slovenia. Ms. Fujii is a faculty member of the Toho Gakuen School of Music, Nagoya University of Arts, and the Saitama High School of Music.