HOME > DISC > ALCD-9115

ルクレール 2つのヴァイオリンのためのソナタ集
LECLAIR Sonates à deux violons sans basse

ALCD9115.jpgALCD-9115 税抜価格2,500円  2012/02/07発売長岡聡季・長岡秀子(ヴァイオリン)

Satoki Nagaoka & Hideko Nagaoka, violin



ジャン=マリー・ルクレール:
2つのヴァイオリンのためのソナタ集 第1巻 作品3 (1730)
ソナタ第1番 ト長調
ソナタ第2番 イ長調
ソナタ第3番 ハ長調
ソナタ第4番 ヘ長調
ソナタ第5番 ホ短調
ソナタ第6番 ニ長調

Jean-Marie Leclair:
Sonates à deux violons sans basse [Premier livre] op. 3 (1730)
Sonate I en sol majeur
Sonate II en la majeur
Sonate III en do majeur
Sonate IV en fa majeur
Sonate V en mi mineur
Sonate VI en ré majeur


録音:三鷹市芸術文化センター 2011年2月10、15日

ジャン=マリー・ルクレール(1697−1764)による2つのヴァイオリンのためのソナタ集第1巻の全曲録音。飾り紐職人やバレエダンサーの経歴を持ち、ヴァイオリン奏者としてもヨーロッパ中で名声を博したバロック期フランスの異色作曲家が作品に織り込んだ創意工夫を、親密で息の合ったアンサンブルで奏でるのは長岡聡季・秀子の親子デュオ。若手実力派奏者としてモダン・古楽の両分野で活躍する息子・聡季が6歳の頃から現在まで長年続く熟練のアンサンブルが、2つの同属楽器ならではの融和と対比を鮮やかに聴かせる。