HOME > DISC > ALCD-91

南聡作品集「昼」
Works of Satoshi Minami HIRU

ALCD91.jpgALCD-91 税抜価格2,800円 2012/02/07発売夏田昌和(指揮)木ノ脇道元・菅井春恵(フルート)是澤悠(オーボエ)鈴木生子(クラリネット)神田佳子(パーカッション)大須賀かおり(ピアノ)甲斐史子・花田和加子(ヴァイオリン)藤原歌花(ヴィオラ)竹本聖子(チェロ)佐藤洋嗣(コントラバス)松尾俊介(ギター)是澤悠(オーボエ)松永加也子二宮英美歌(ピアノ)ほか

レコード芸術準特選盤
2012年度レコード・アカデミー賞 現代曲部門



《昼Ⅶ/ほとんど協奏的ソナタ》op. 58 (1992/93/97/2010)
夏田昌和(指揮)木ノ脇道元(1st フルート)菅井春恵(2nd フルート)是澤悠(オーボエ)鈴木生子(クラリネット)神田佳子(パーカッション)大須賀かおり(ピアノ)甲斐史子(ヴァイオリン)藤原歌花(ヴィオラ)竹本聖子(チェロ)佐藤洋嗣(コントラバス)

《日本製ロッシニョール》op. 29 (1994)
夏田昌和(指揮)木ノ脇道元(フルート)是澤悠(オーボエ)鈴木生子(クラリネット)大須賀かおり(ピアノ)松尾俊介(ギター)神田佳子(パーカッション)花田和加子(ヴァイオリン)竹本聖子(チェロ)

《異議申し立て》反復と位相に関する2台のピアノのための協奏曲:石井眞木の思い出に op. 57 (2003/10)
松永加也子(1st ピアノ)二宮英美歌(2nd ピアノ)

HIRU VII / quasi Sonata Concertante op. 58
Masakazu Natsuda, conductor / Dogen Kinowaki, flute / Akane Suzuki, flute / Yu Koresawa, oboe / Ikuko Suzuki, clarinet / Yoshiko Kanda, percussion / Kaori Ohsuga, piano / Fumiko Kai, violin / Utaka Fujiwara, viola / Seiko Takemoto, cello / Yoji Sato, contrabass

“Le Rossignol” made in Japan op. 29
Masakazu Natsuda, conductor / Dogen Kinowaki, flute / Yu Koresawa, oboe / Ikuko Suzuki, clarinet / Kaori Ohsuga, piano / Shunsuke Matsuo, guitar / Yoshiko Kanda, percussion / Wakako Hanada, violin / Seiko Takemoto, cello

The Lodgment an Objection. Concerto for 2 pianos about Repetition and Phase / in Memory of Maki Ishii op. 57
Kayako Matsunaga, piano / Emika Ninomiya, piano


録音:三鷹市文化センター風のホール 2011年10月13日
   札幌ザ・ルーテルホール 2011年5月6日

札幌在住の作曲家南聡による弊社からは2枚目となるアルバム。緻密な語法から導かれる意外性のある音世界は、絵画のネガとポジに由来する概念の展開 ——相反する一対が異なる次元で絡み合い、多様な運動体として1つの世界を呈示する—— による。1992年からシリーズ作品として作られ、再作曲(レコンポジション)された7つのセクションで完結した《昼》、ストラヴィンスキーへのオマージュとして構想された《日本製ロッシニョール》、石井眞木への追悼を込め、パルス音型の中に彼の初期作品が密やかに引用された2台ピアノによる《意義申し立て》の3作品を収め、相互浸透するポジとネガが複雑に繰り広げる3つの多様な運動体を呈示する。