HOME > DISC > ALCD-88

モートン・フェルドマン《バニータ・マーカスのために》
Morton Feldman FOR BUNITA MARCUS

ALCD88.jpgALCD-88 税抜価格2,800円
2013/04/07発売
JAN 4530835 110040
井上郷子(ピアノ)
Satoko Inoue, piano

レコード芸術特選盤・毎日新聞推薦盤・CDジャーナル推薦盤



モートン・フェルドマン (1926-87):
[1]《バニータ・マーカスのために》(1985)
Morton Feldman: FOR BUNITA MARCUS

〈録音〉相模湖交流センター 2012年8月14-16日
〈解説〉近藤譲



SatokoInoue.jpgPhoto: Masaco Kondo——ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず——
ケージ・ポロック・ロスコらニューヨークの前衛芸術家たちと親交を結び、20世紀後半の芸術に大きな影響を与えたアメリカ実験音楽シーンの雄モートン・フェルドマン(1926-87)が死の2年前に残した伝説のピアノ曲、待望の国内盤。稜線を持たない悠久の時間の中に広げられる極小単位の反復は、常に微細な変化を続け、やがて人の聴感覚そのものを変えてゆく。緻密に織り上げられた76分の比類なく美しき静謐に、あなたは何を聴くか?


井上 郷子(ピアニスト)
東京学芸大学大学院作曲科修了。1986-1991年「ムジカ・プラクティカ・アンサンブル」のメンバーとして活動後、1991年よりソロ活動。東京で毎年、定期的にリサイタルを開催、武満徹、近藤譲、松平頼則、松平頼暁などの日本人作曲家のほか、モートン・フェルドマン、ジョン・ケージ、ルチアーノ・ベリオ、リュック・フェラーリ、ドイナ・ロタルらの、世界初演、日本初演を含む150曲以上を演奏。海外でも、アメリカ合衆国、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、スペイン、ルーマニア、トルコ、エジプト、アルゼンチン各地でソロリサイタルや大学でのレクチャーコンサートを行なうほか、「ブールジュ実験音楽祭」(フランス)「ダルムシュタット夏期音楽セミナー」(ドイツ)等の国際芸術祭から招聘、「8th Meridian ISCM- Romanian Section International Festival」」(ブカレスト) 「Festival “l’art pour l’Aar”」(ベルン)「9th Mersin Müzik Festivali」(メルシン)「16th Ciclo de Conciertos de Música Contemporánea」(ブエノスアイレス)などの音楽祭でソロリサイタルを行なっている。ソロアルバムとして、これまでにスイスHatHut社、ドイツ エディション・フンデルトマルクから計4タイトルが出版されている。「井上郷子ピアノ・リサイタル#19 モートン・フェルドマン作品集」により、第10回佐治敬三賞(サントリー芸術財団)を受賞。現在、国立音楽大学准教授。

Satoko Inoue, pianist
Pianist Satoko Inoue is renowned throughout Japan, Europe and in United States as a leading interpreter of contemporary solo piano music. She has premiered works by some of Japan’s foremost composers including Jo Kondo, Yori-Aki Matsudaira, Yoritsune Matsudaira, and Toshi Ichiyanagi. She is also known for performing works of other contemporary composers such as Toru Takemitsu, John Cage, Morton Feldman, Henry Cowell, Luciano Berio, Giacinto Scelsi, Luc Ferrari, Doina Rotaru, and others. Since 1991 every year, Ms. Inoue has been presenting the solo piano series "Satoko Plays Japan" at major venues in that country. She has performed over one hundred and fifty contemporary pieces in this well-respected series. Before this she was the pianist with Musica Practica Ensemble Tokyo, a leading Japanese ensemble which introduced many important pieces of new music to Japan. She completed her B.A. and M.A. degrees at Tokyo Gakugei University. Besides performing in Japan, Satoko Inoue has been invited by major European festivals including Darmstadt, the International Experimental Music Festival in Bourges, and had solo recitals, for example, MERIDIAN, Zilele SNR-SIMC (ISCM) in Bucharest, Mersin International Music Festival, Festival “l’Art pour l’Aar” in Bern, Ciclo de Conciertos de Música Contemporánea in Buenos Aires. In addition, she had a lot of solo concerts in US, Germany, France, Italy, Switzerland, Spain, Turkey, Romania, Egypt, and Argentina. She has recorded three solo CDs on HatHut Records (Switzerland) and has also the CD on the German label Edition Hundertmark. She was awarded “Keizo Saji Prize” for 2010 by The Suntory Foundation for Arts with “Satoko Inoue Piano Recital #19 Morton Feldman ~Works for Piano~”. Besides concertizing, Ms. Inoue is Associate Professor of Kunitachi College of Music in Tokyo.