フォニックス・マリンバオーケストラ III ― ザ・クラシカル
Phonix Marimba Orchestra III The Classical

ALCD-7276 税込価格¥3,080(税抜価格¥2,800) 2021/12/07発売 JAN 4530835 113836上野信一&フォニックス・レフレクション
Shiniti Uéno & PHONIX Réflexion


音楽現代 準推薦盤




[1] W. A. モーツァルト:《フィガロの結婚》序曲

[2] S. バーバー:弦楽合奏のためのアダージョ 作品11

J. S. バッハ:ブランデンブルグ協奏曲第3番 BWV1048
 [3] I. –
 [4] II. Adagio
 [5] III. Allegro

A. ヴィヴァルディ:《調和の霊感》より2台のヴァイオリンのための協奏曲 イ短調 作品3-8
 [6] I. Allegro
 [7] II. Larghetto e spiritoso
 [8] III. Allegro

[9] G. フォーレ:ラシーヌの雅歌 作品11

E. グリーグ:組曲《ホルベアの時代から》作品40
 [10] I. Praeludium
 [11] II. Sarabande
 [12] III. Gavotte
 [13] IV. Air
 [14] V. Rigaudon

上野信一&フォニックス・レフレクション

指揮 上野信一

編曲 奥定美和


<録音>
富士見市民文化会館キラリふじみ 2017年4月11日 [6]
富士見市民文化会館キラリふじみ 2017年4月15日 [11]-[13]
神奈川県立相模湖交流センター  2017年12月1日 [7]-[8]、[10]、[14]
富士見市民文化会館キラリふじみ 2021年5月26-27日 [1]-[5]、[9]



「マリンバ」を中心としたオーケストラによる独特なサウンド感、紡ぎ出される広大なスケールの世界により大好評を博している「マリンバオーケストラ」シリーズ第3弾。今回はクラシックの名曲の編曲作品を取り揃えている。聴く者の心を大きくやわらかく包み込む世界観が魅力的だ。



上野信一&フニックス・レフレクション
マルチ・パーカッショニスト上野信一が、国内外で活躍するソリストたちと1988年に結成したパーカッショングループ。毎年コンサートを行い、安倍圭子、J.N.ジヴコヴィッチ、E.セジュルネ、S.レナール等の世界的な演奏家とも共演。「西村朗 パーカッションの宇宙」「安倍圭子 マリンバの世界」「フォニックス・マリンバ・オーケストラ」「打楽器アンサンブルの潮流」等、様々な企画が国際的に注目を集め、2014年クロアチア、2015年ルーマニア、2019年中国(上海IPEA)での各国際打楽器フェスティバルにて招待演奏。グループとして現在までに10枚のCDをリリース。2013年には西村朗による打楽器オーケストラとヴォイスのための室内楽オペラ「バガヴァッド・ギーター」を世界初演し、NHK.BSプレミアムで3度放映された。最近では「邦人作曲家による打楽作品展」(2019) が高く評価され、ISCM(国際作曲家協議会)主催のVirtual Collaborative Series 2020 に福士則夫「青海波」の演奏動画が選出されてISCMウェブサイトより動画配信されている。全曲邦人作曲家委嘱作品による「マリンバ・オーケストラVII」(2020)は、現代曲の演奏に定評ある上野&フォニックスの持ち味を生かし、好評を得た。 CD情報ならびに動画はウェブサイト、Youtubeで公開されている。
http://phonix.nows.jp/shinitiueno/phonix/



上野信一
マルチ・パーカッショニスト。元仏国立ストラスブール・フィルハーモニー打楽器奏者、仏国立トゥールーズ・キャピトル管弦楽団首席打楽器・ティンパニ奏者。パリ国際現代音楽コンクール・打楽器部門特別賞、マリア・カナルス国際音楽コンクール・ソロ打楽器部門第3位など受賞歴多数。米国、フランス、クロアチア、ルーマニア、中国、韓国などの国際フェスティバルにて招聘演奏。アンドレ・ジョリヴェ、P.クレストン、ウィリアム・クラフト、N.T.ダオの協奏曲を国内外のオーケストラと共演。デビュー以来国内外でリサイタル40回、初演(世界初演、各国初演含)100回以上。ソロおよびグループのCD16枚(うち『レコード芸術』特選盤3枚)。『ヴィブラ=エルーファ』は『レコード・アカデミー賞現代音楽部門賞』ノミネート(2019)。『上野信一 ティンパニ作品集 Vol.1:ソロ』に続き『上野信一 ティンパニ作品集 Vol2:コンチェルト』も好評を博している。アンサンブル・ムジカ・ヴィヴァンテ、上野信一&フォニックス・レフレクション主宰/指揮/音楽監督。



演奏者(五十音順):
悪原至 伊藤すみれ 飯野晶子 小田もゆる 加賀谷巧 加藤大輝 亀尾洸一 佐藤直斗 白井桜子
杉江瑠維子 鷲見寿子 曽我龍介 高木雅也 高口かれん 武井千晴 戸口あおい 新野将之
野々村俊輔 藤澤仁奈 藤田愛 細田眞裕 曲淵俊介 簑輪飛龍 三森友美 横内奏 渡邊まや
& 上野信一


[1] Wolfgang Amadeus Mozart: Overture from “Le Nozze di Figaro”

[2] Samuel Barber: Adagio for Strings Op. 11

 Johann Sebastian Bach: Brandenburg Concerto No. 3 BVW1048
 [3] I. –
 [4] II. Adagio
 [5] III. Allegro

Antonio Vivaldi: Concerto for two violins in A minor from “L'estro armonico” Op. 3-8
 [6] I. Allegro
 [7] II. Larghetto e spiritoso
 [8] III. Allegro

[9] Gabriel Fauré: Cantique de Jean Racine Op. 11

Edward Grieg: Holberg-Suite Op. 40
 [10] I. Praeludium
 [11] II. Sarabande
 [12] III. Gavotte
 [13] IV. Air
 [14] V. Rigaudon


Shiniti Uéno & PHONIX Réflexion
Conducted by Shiniti Uéno

Arranged by Miwa Okusada


Shiniti Uéno & PHONIX Réflexion
Shiniti Uéno & PHONIX Refléxion was founded in 1988 by Uéno and young solo percussionists. Its recent activities include concerts with such guests as Keiko Abe and Nevojsa Jovan Zivkovic, participation in the International Percussion Festivals in Croatia (2013) and Romania (2014), as well as CDs such as “Wish,” Kecak”, “Yantra, “Souls of Percussion: Works of Nnevojsa Jovan Zivkovic” (all by Musica Vivante). It world-premiered Akira Nishimura’s “Bhagavad Gita” (Suntory Hall, Tokyo, 2013), the TV-opera version of which was recorded and broadcasted by NHK-BS in 2015. Marimba Orchestra, its new formation, has been presenting new and colorful sounds of percussion ensemble featuring keyboard instruments, namely marimba and vibraphone.

Shiniti Uéno
Shiniti Uéno, a multi-percussionist and founder and leader of Shiniti Uéno & PHONIX Refléxion, graduated from Kunitachi College of Music and continued his studies at the Strasbourg National Conservatory with Jean Batique, Sylvio Gualda and Jean-Pierre Drouet. His awards include first prize at the “Concours Interregional des Conservatoires Nationaux de Region de France,” a special award at the “Concours International pour Interpretation de la Musique Contemporaine pour Percussion,” and third prize at the “Concours International d’Execution Musicale Maria Canals, Discipline Percussion Solo.” Uéno was a percussionist for Orchestre Philharmonique de Strasbourg and principal percussionist and timpanist for Orchestre National du Capitole de Toulouse. Also active as a soloist, he has presented world and Japanese premieres of more than eighty works by composers such as N.T. Dao, Maki Ishii, William Kraft, Isao Matsushita, Akira Nishimura, Kaija Saariaho, Yuji Takahashi, and Iannis Xenakis. Also notable is his recent duo performances with such artists as Keiko Abe, Yuji Takahashi, Yumi Nara, and Yusuke Satoh. Currently living in Tokyo, Uéno is on the faculty of Kunitachi College of Music. He is a YAMAHA percussion player.


Members performing in this CD are
Itaru Akuhara, Nina Fujisawa, Ai Fujita, Masahiro Hosoda, Akiko Iino-Goto, Sumire Ito, Takumi Kagaya, Koichi Kameo, Daiki Kato, Shunsuke Magaribuchi, Yumi Mimori, Hiryu Minowa, Masayuki Nino, Shunsuke Nonomura, Moyuru Oda, Naoto Sato, Sakurako Shirai, Ryusuke Soga, Ruiko Sugie, Hisako Sumi, Masaya Takagi, Karen Takaguchi, Chiharu Takei, Aoi Toguchi, Maya Watanabe, Kana Yokouchi (alphabetical order)
& Shiniti Uéno