■舞踏への誘(いざな)

 Invitation au bal

ALCD-7270 税込価格¥3,080(税抜価格¥2,800) 2021/12/07発売 JAN 4530835 113829
栗原麻樹(ピアノ)
Maki Kurihara (piano)


レコード芸術 準特選



ピョートル・チャイコフスキー=ミハイル・プレトニョフ編曲
演奏会組曲《くるみ割り人形》
Peter Ilyich Tchaikovsky – Arr. Mikhail Pletnev
Concert Suite from the Ballet “The Nutcracker” (1892/1978)

 [1] 小序曲[チャイコフスキー=エシポフ編曲] Miniature Overture [P.I. Tchaikovsky – Arr. Stepán Esipoff]
 [2] 行進曲 March
 [3] 金平糖の精の踊り Dance of the Sugar-Plum Fairy
 [4] タランテラ Tarantella
 [5] 間奏曲 Intermezzo
 [6] トレパーク Trepak (Russian Dance)
 [7] 葦笛の踊り[チャイコフスキー=エシポフ編曲] Dance of the Reed-Flutes [P.I. Tchaikovsky – Arr. Stepán Esipoff]
 [8] 中国の踊り Chinese Dance
 [9] アンダンテ・マエストーゾ Andante maestoso

ピョートル・チャイコフスキー=ミハイル・プレトニョフ編曲
演奏会組曲《眠れる森の美女》
Peter Ilyich Tchaikovsky – Arr. Mikhail Pletnev
Concert Suite from the Ballet “The Sleeping Beauty” (1889/1978)

 [10] プロローグ Prologue
 [11] 小姓たちの踊り Dance of Pages
 [12] 情景 Vision
 [13] アンダンテ Andante
 [14] 銀の精 Fairy of Silver
 [15] 長靴を履いた猫と白い猫 Puss in Boots and the White Cat
 [16] ガヴォット Gavotte
 [17] カナリアの精 The Singing Canary
 [18] 赤ずきんと狼 Little Red Riding Hood and the Wolf
 [19] アダージョ Adagio
 [20] フィナーレ Finale

モーリス・ラヴェル
Maurice Ravel

[21] 亡き王女のためのパヴァーヌ
  Pavane pour une infante défunte (1899)

栗原麻樹 (ピアノ)
Maki Kurihara, piano


<録音>
2021年7月20-21日 富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ
Recorded at Fujimi Civic Cultural Hall (Kirari Fujimi), 20-21 July 2021



パリ国立高等音楽院、パリ・エコールノルマル音楽院、パリ・スコラカントルム音楽院を経て、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、白寿ホール、銀座ヤマハホールをはじめ、各所で精力的なコンサートを継続してきた栗原麻樹。3rdアルバムとなる本作では舞踏をテーマに、チャイコフスキー=プレトニョフ編曲による超絶技巧を凝らした華麗なるバレエ音楽と、ラヴェルの甘美な宮廷舞曲を収録。見事なタッチコントールが描き出す色彩と、めくるめくようなソノリティの悦びに溢れる一枚。




栗原麻樹

3歳より母の手ほどきによりピアノを始める。幼少の頃よりピティナ・ピアノコンペティション、全日本学生音楽コンクールなど数多くのコンクールに上位入賞。浜松国際ピアノアカデミーコンクールにて上位入賞併せてモスト・プロミッシング・アーティスト賞を受賞。大阪国際音楽コンクール第2位。アルカション国際ピアノコンクール第1位。マイエンヌ国際ピアノコンクール第1位。15歳でパリに渡りパリコンセルヴァトワール(パリ国立高等音楽院)に満場一致の首席にて入学、その間、文化庁海外芸術家研修員として派遣される。
パリエコールノルマル音楽院の最高課程を修了、パリ・スコラカントルム音楽院のコンサーティスト課程を満場一致の首席にて修了。これまで、パリ日本文化会館(仏)など国内外の数多くのコンサートホールや、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、白寿ホール、日本演奏連盟主催による東京文化会館で演奏を行う。2018年銀座ヤマハホールでのリサイタルでは公益社団法人日本演奏連盟/増山美知子奨励ニューアーティストシリーズを授与され好評を博す。
これまでに深沢亮子、故中村紘子、藤井一興、中沖玲子、故ジェルメーヌ・ムニエ、ブルーノ・リグット、フセイン・セルメット、ジャン=マルク・ルイサダ、ガブリエル・タッキーノ各氏に師事。ラジオ、テレビ、雑誌などに多数出演掲載され現在年間50回ほどの演奏活動や、株式会社長谷工不動産建築の音楽マンション<PLAY江古田>の音楽アドバイザーを務めるなど幅広い活動をしている。日本演奏連盟会員。スタインウェイ・エデュケーショナル・パートナー。
フランスの作曲家の珠玉のような作品を集めたファーストアルバム『Couleur~SHIKISAI~』、フランスの作曲家プーランクの作品と壮大なムソルグスキーの作品「展覧会の絵」を収録したセカンドアルバム『愛の小径~Les chemins de l’amour』2枚をリリースしている。

オフィシャルホームページ: https://maki-kurihara.com/
オフィシャルtwitter:https://twitter.com/makiwanwan





Peter Ilyich Tchaikovsky – Arr. Mikhail Pletnev
Concert Suite from the Ballet “The Nutcracker” (1892/1978)

 [1] Miniature Overture [P.I. Tchaikovsky – Arr. Stepán Esipoff]
 [2] March
 [3] Dance of the Sugar-Plum Fairy
 [4] Tarantella
 [5] Intermezzo
 [6] Trepak (Russian Dance)
 [7] Dance of the Reed-Flutes [P.I. Tchaikovsky – Arr. Stepán Esipoff]
 [8] Chinese Dance
 [9] Andante maestoso


Peter Ilyich Tchaikovsky – Arr. Mikhail Pletnev
Concert Suite from the Ballet “The Sleeping Beauty” (1889/1978)

 [10] Prologue
 [11] Dance of Pages
 [12] Vision
 [13] Andante
 [14] Fairy of Silver
 [15] Puss in Boots and the White Cat
 [16] Gavotte
 [17] The Singing Canary
 [18] Little Red Riding Hood and the Wolf
 [19] Adagio
 [20] Finale

Maurice Ravel
[21] Pavane pour une infante défunte (1899)


Maki Kurihara, piano


Recorded at Fujimi Civic Cultural Hall (Kirari Fujimi), 20-21 July 2021




Maki Kurihara

Maki Kurihara began learning the piano with her mother when she was three years old and while still a child went on to win top prizes in competitions such as PTNA Piano Competition, Student Music Concours of Japan et al. She won both the top prize and the most promising artist prize at the Hamamatsu International Piano Academy Concours. She also won first prize in the Arcachon International Piano Competition and in the Mayenne International Piano Competition. At the age of fifteen she moved to Paris under the Japanese Government Agency for Cultural Affairs Program of Overseas Study for Upcoming Artists after her admission to the Paris Conservatory had been approved unanimously by the adjudicator panel.
After completing post-graduate studies at the École normale supérieure in Paris, she went on to complete the concert artist program at the Schola Cantorum with unanimous top honors.
To date she has appeared in numerous concert halls in Japan and internationally, giving concerts in France (Maison de la Culture du Japon à Paris), the UK and Spain, and in Japanese venues such as La Folle Journée au Japon, Hakuju Hall, a Japan Federation of Musicians concert at Tokyo Bunka Kaikan, and a highly acclaimed 2018 Japan Federation of Musicians/Michiko Masuyama New Artist Series concert at Ginza Yamaha Hall.
She has studied with Ryoko Fukasawa, the late Hiroko Nakamura, Kazuoki Fujii, Reiko Nakaoki, the late Germaine Mounier, Bruno Rigutto, Hüseyin Sermet, Jean-Marc Luisada and Gabriel Tacchino. She has made numerous appearances on radio and television and been featured in magazines. She enjoys a diverse career, giving around fifty concerts a year and also working as a musical advisor to the “Play Egota” music building built by Haseko Real Estate Development Holdings. She is a member of the Japan Federation of Musicians and is a Steinway Educational Partner.
She has released two CDs: a collection of French gems entitled “Couleur – Shikisai”, and “Les chemins de l’amour” – a pairing of works by the French composer Poulenc with the imposing “Pictures at an Exhibition” by Mussorgsky.

Official website: https://maki-kurihara.com/
Official twitter account: https://twitter.com/makiwanwan