リサイタル


Récital
ALCD-7260 税抜価格2,800円 2021/02/07発売 JAN 4530835 113386
藤澤仁奈(マリンバ)




[1] エマニュエル・セジョルネ: ヘネラリフェ
[2] エマニュエル・セジョルネ: プレリュード 第1番
[3] エマニュエル・セジョルネ: ロマンティカ
J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009
 [4] Prélude
 [5] Allemande
 [6] Courante
 [7] Sarabande
 [8] Bourrée I-II
 [9] Gigue
[10] 服部和彦: ミザール、あるいは並行する反射 マリンバのための
トマシュ・ゴリンスキー: ルミノシティ
 [11] I
 [12] II
[13] リー・ハーライン: 星に願いを(編曲: 加藤大輝)
[14] アメイジング・グレイス(編曲: 加藤大輝)


〈録音〉
神奈川県立相模湖交流センター 2020年6月17-18日



国立音楽大学打楽器科を首席で卒業し、目覚ましい活躍を見せる藤澤仁奈。2016年 The Great Plains 国際マリンバコンクール(アメリカ)第1位、2013年 国際マリンバコンクール(ベルギー)第3位、併せて審査委員長Igor Lesnik賞受賞、2012年 第22回日本クラシック音楽コンクール最上位(1位なしの第2位)ほか、受賞歴多数。繊細かつ上品、優しさに満ちた演奏は、聴き手の心をあたたかく包み込む。




藤澤仁奈 Nina Fujisawa
国立音楽大学附属高等学校を経て、国立音楽大学を首席で卒業。同時に「武岡賞」を受賞。2016 年The Great Plains 国際マリンバコンクール(アメリカ)第1位。 2013年国際マリンバコンクール(ベルギー)第3位。併せて審査委員長Igor Lesnik賞受賞。2012年第22回日本クラシック音楽コンクール最上位(1位なしの第2位)。他、受賞歴多数。
2013年クロアチア国際打楽器フェスティバル出演。2014年ルーマニアで開催された国際打楽器フェスティバルに於いてE.Sejourne氏のピアノ伴奏でマリンバコンチェルトを共演。2015年ベルギーにゲストアーティストとして招かれ、ソロ・リサイタルを行う。2017年より毎年「藤澤仁奈マリンバ・リサイタル」を東京オペラシティリサイタルホール、近江楽堂にて開催。2018年ミューザ川崎シンフォニーホールにて、ランチタイムコンサート、ナイトコンサートに出演。2020年 NHK-FM「リサイタル・パッシオ」に出演。
『Shiniti Uéno & PHONIX-Réflexion』のメンバーとしてコンサート・レコーディングに参加、CDをリリース。打楽器デュオ『Nino Nina』メンバー。2021年、打楽器デュオ『Nino Nina』CDをリリース予定。現在、マリンバ・ソロ、アンサンブル、室内楽などの活動の傍ら後進の指導も行っている。
日本最大のマリンバメーカー(株)こおろぎ社契約アーティスト。




[1] Emmanuel Séjourné: Generalife
[2] Emmanuel Séjourné: Prélude N°1
[3] Emmanuel Séjourné: Romantica
Johann Sebastian Bach: Cello Suite No.3 in C major BWV1009
 [4] Prélude
 [5] Allemande
 [6] Courante
 [7] Sarabande
 [8] Bourrée I-II
 [9] Gigue
[10] Kazuhiko Hattori: Mizar, in parallel with reflex for marimba
Tomasz Goliński: Luminosity
 [11] I
 [12] II
[13] Leigh Harline: When You Wish upon a Star (Arr. Daiki Kato)
[14] Amazing Grace (Arr. Daiki Kato)



Nina Fujisawa marimba

Recording Location: Lake Sagami-ko Community Center, 17-18 June 2020



Nina Fujisawa
Following on from her graduation from Kunitachi High School of Music, Nina Fujisawa furthered her musical education at Kunitachi College of Music, from which she graduated with first-class honors in percussion music, and at the same time won the Takeoka Prize. In 2016 she won first prize in the Great Plains International Marimba Competition (Oklahoma, USA), in 2013 she won third prize and the jury president Igor Lešnik Prize at the Universal Marimba Competition & Festival Belgium, and in 2012 she was awarded second prize (first prize not awarded) in the 22nd Japan International Music Competition. These are in addition to many other prizes and awards.
She appeared at the 2013 Croatia International Percussion Festival, and in 2014 performed a marimba concerto accompanied by Emmanuel Séjourné at an international percussion festival held in Romania. She gave a solo recital in Belgium in 2017, having been invited as a guest artist. Since 2017 she has given an annual “Nina Fujisawa Marimba Recital” at the Tokyo Opera City Oumi Recital Hall. In 2018 she appeared in a lunchtime and evening concert at Muza Kawasaki Symphony Hall, and in 2020 she participated in “Recital Passio” on NHK-FM.
She has participated in concerts and recordings as a member of “Shiniti Uéno & PHONIX Réflexion”, recordings which have since been released on disk. She is also a member of the “Nino Nina” percussion duo and has plans to release a CD in 2021. At present she engages in advanced coaching in addition to her marimba solo, ensemble and chamber music career.
She is a contract artist with Korogi, Japan’s largest marimba manufacturer.