■ティンパニ作品集 Vol.1: ソロ
 TIMPANI WORKS Vol.1: Solo


ALCD-7254 税込価格¥3,080(税抜価格¥2,800) 2021/03/07発売 JAN 4530835 113270

上野 信一(ティンパニ)
Shiniti Uéno, timpani

レコード芸術 準特選盤
音楽現代 注目盤
stereo 今月の優秀録音盤
日本経済新聞 ディスクレビュー掲載



[1] 一柳慧:リズム・グラデーション

[2] 岸野末利加:モノクロマーガーテン III *世界初録音

[3] 松下功:オプティカル・タイム

エリオット・カーター:4台のティンパニのための8つの小品
 [4] I. Saëta      to Al Howard
 [5] II. Moto Perpetuo  to Paul Price
 [6] III. Adagio     to Jan Williams
 [7] IV. Recitative   to Morris Lang
 [8] V. Improvisation  to Paul Price
 [9] VI. Canto     to Jan Williams
 [10] VII. Canaries  to Raymond DesRoches
 [11] VIII. March   to Saul Goodman

上野信一(ティンパニ)


録音:
神奈川県立相模湖交流センター 2019年12月17-19日、2020年6月11-12日・7月28日・11月4日


マルチパーカッショニスト上野信一が、近現代ティンパニ作品にフォーカス。上野はフランスで10年余りオーケストラのティンパニ奏者の経験があり、その頃から長年あたためてきた満を持しての企画である。ティンパニという楽器の魅力を提示し、その可能性を探求した作品を抽出、ティンパニの世界に新たなまばゆい光が照射される。岸野末利加作品は世界初録音。




上野 信一 Shiniti Uéno
マルチ打楽器奏者。パーカッション・グループ「上野信一&フォニックス・レフレクション」「アンサンブル・ムジカ・ヴィヴァンテ」主宰、音楽監督。パリ国際現代音楽コンクール等、受賞歴多数。仏国立ストラスブール・フィルハーモニー打楽器奏者、仏国立トゥールーズ・キャピトル管弦楽団首席打楽器・ティンパニ奏者を歴任。国際的に演奏活動を展開。オーケストラ・ソリストとしてA.Jolivet打楽器協奏曲、P.Crestonマリンバ小協奏曲を仏国立トゥールーズ・キャピトル管弦楽団と共演。N.D.Ponteマリンバ協奏曲(吹奏楽)、W.Kraft「ティンパニ協奏曲」オーケストラ版、吹奏楽版の2回の日本初演を行う。特に1997年ドレスデン・フィルハーモニー来日公演(サントリーホール)で共演したW.Kraftの「ティンパニ協奏曲」日本初演は絶賛された。1977年ソロ演奏家としてデビュー。以来、国内外通算40回のリサイタルを開催、100曲を超える新作初演を行なっている。現在、計13枚のCDがリリースされており、内3枚が『レコード芸術』により「特選盤」に選出、昨年発売の「Vibra-Elufa」は2019年度レコードアカデミー賞(現代音楽部門)にノミネートされた。



[1] Toshi ICHIYANAGI: Rhythm Gradation

[2] Malika KISHINO: Monochromer Garten III <World Premiere Recording>

[3] Isao MATSUSHITA: Optical Time

Elliott CARTER: Eight Pieces for Four Timpani
 [4] I. Saëta      to Al Howard
 [5] II. Moto Perpetuo  to Paul Price
 [6] III. Adagio     to Jan Williams
 [7] IV. Recitative   to Morris Lang
 [8] V. Improvisation  to Paul Price
 [9] VI. Canto     to Jan Williams
 [10] VII. Canaries  to Raymond DesRoches
 [11] VIII. March   to Saul Goodman

Shiniti Uéno, timpani


Recorded at Lake Sagami-ko Community Center, 17-19 December 2019, 11-12 June, 28 July, & 4 November 2020


Shiniti Uéno

Multi-percussionist Shiniti Uéno, founder and music director of Shiniti Uéno & Phonix Refléxion and Ensemble Musica Vivante, has won numerous prices, including at the Concours International pour Interpretation de la Musique Contemporaine pour Percussion. He worked as a timpanist with the Orchestre Philharmonique de Strasbourg, after which he was the principal percussionist and timpanist in the Orchestre National du Capitole de Toulouse, and has since developed an international career. As a concerto soloist he has played the Percussion Concerto by André Jolivet and the Concertino for Marimba and Orchestra by Paul Creston, both with the Orchestre National du Capitole de Toulouse. He gave the Japanese premieres of the Marimba Concerto (wind instruments) by Niel De Ponte and the Timpani Concerto by William Kraft. In particular, the Japanese premiere of the Timpani Concerto by William Kraft, which took place at a Dresden Philharmonic Orchestra concert in Tokyo (Suntory Hall) was a huge success. Since his debut as a soloist in 1977 he has given forty recitals both in Japan and around the world, and premiered over a hundred new compositions. He has released a total of thirteen CDs, of which three were selected as editor’s choice (tokusen-ban) by the Record Geijutsu magazine. ‘Vibra-Elufa’, released last year, was nominated for a 2019 Record Academy Award in the contemporary music category.