HOME > DISC > ALCD-7218

フォニックス・マリンバオーケストラ II
Phonix Marimba Orchestra II

ALCD7218.jpgALCD-7218 税抜価格2,800円 2018/02/07発売
JAN 4530835 111979
上野信一&フォニックス・レフレクション
Shiniti Uéno & PHONIX Réflexion




[1] N. ドートリー:蛍[日本初録音]
[2] 後藤洋:プリマ・ルーチェ[委嘱作品 世界初録音]
[3] 木下牧子:砂の書[委嘱作品 世界初録音]
[4] 新実徳英:シンフォニアM ―神々の声を聴け!― マリンバオーケストラのための[委嘱作品 世界初録音]
[5] 奥定美和 編曲:4つのロシアの歌(御者よ、馬を急かさないでおくれ/いつか遠いところで/淋しいアコーディオン/黒い瞳)

D.ミヨー安倍圭子 編曲:スカラムーシュ〜5人のマリンバ奏者のための〜
 [6] Vif
 [7] Modere
 [8] Brazileira

[9] 菅野よう子奥定美和 編曲:花は咲く

〈録音〉キラリふじみ 2017年4月11-15日


「マリンバ」を中心としたオーケストラによる独特なサウンド感、紡ぎ出される広大なスケールの世界により大好評を博している「マリンバオーケストラ」シリーズ第2弾。現代を牽引する作曲家の委嘱作品、ロシア民謡、耳馴染んだ音楽まで、前作に続き実に多彩な楽曲がマリンバの音色にのって、聴く者の心を大きく、やわらかく包み込む。今回も最大10台のマリンバを使用。委嘱作品・世界初録音3曲、日本初録音1曲を含む。


PhonixMarimba.jpg
上野信一&フニックス・レフレクション
マルチ・パーカッショニスト上野信一が国内外で広く活躍するソリストたちと1988年に結成したパーカッション・グループ。毎年コンサートを行ない、2009年には全曲西村朗作曲作品によるコンサート「西村朗 パーカッションの宇宙」、安倍圭子との共演、2010年には全曲ネボイシャ・ジヴコヴィチ作曲によるコンサート「打楽器魂」、2011年にはジヴコヴィチ本人をゲストに迎えた「打楽器魂2011」を行なった。2013年には西村朗のオペラ「バカヴァッド・ギーター」をサントリーホールにて世界初演、2015年にNHKにより収録され、BSプレミアム「クラシック倶楽部」で放映された。国際打楽器フェスティバル(2014年クロアチア、2015年ルーマニア)での招聘演奏が好評を得る。CD「ウィッシュ」「ケチャ」「ヤントラ・西村朗パーカッションの宇宙」「打楽器魂・N.J.ジヴコヴィチ作品集」がMusica Vivanteより、「フォニックス・マリンバオーケストラ」「セレモニアル」「アメリカン・コンポーザーズ」がALM Recordsより発売中。マリンバ・ヴィブラフォン等の鍵盤楽器を中心にしたフォーメーション「フォニックス・マリンバオーケストラ」により、打楽器によるオーケストラの新しく多彩な領域を創造している。


UenoShinichi.jpg
上野信一
国立音楽大学首席卒業。フランス国立音楽院連合コンクール最上級課程第1位、パリ国際現代音楽コンクール打楽器部門特別賞など受賞歴多数。仏ストラスブール・フィルハーモニー打楽器奏者、トゥルーズ・キャピトル管弦楽団首席打楽器・ティンパニ奏者を歴任。ソリストとしても活躍し、新作初演は80曲以上。国際打楽器芸術世界大会(PASIC)および同欧州パリ大会(2007年)、国際打楽器フェスティバル(クロアチア2014年、ルーマニア2015年)など海外での招待演奏も好評を博す。高橋悠治や安倍圭子との共演等、活動の幅を広げている。ソロCDに「プサッファ 20世紀打楽器芸術集Vol.1」、高橋悠治とのデュオ・リサイタル・ライブ「花の世界」がMusica Vivanteより、ピアノと打楽器の名曲を集めた「デュオローグ」、トランペット、フルート、ピアノとの共演、フォニックス・レフレクションによるアンサンブル曲を収めた「セレモニアル ジョリヴェ打楽器作品集」がALM Recordsより好評発売中。パーカッション・グループ「上野信一&フォニックス・レフレクション」「アンサンブル・ムジカ・ヴィヴァンテ」主宰。国立音楽大学非常勤講師。



指揮:上野信一
演奏者(五十音順):悪原至 安東友樹子 飯野晶子 伊藤すみれ 荻原松美 小田もゆる 加賀谷巧 加藤大輝 亀尾洸一 木次谷紀子
白井桜子 杉江瑠維子 曽我龍介 高木雅也 高口かれん 武井千晴 田中歩実 戸口あおい 藤澤仁奈 藤田愛 曲淵俊介 吉田開
渡邊まや


[1] Nathan Daughtrey: Firefly [Japan premiere recording]
[2] Yo Goto: Prima Luce for Two Marimba Soloists and Marimba Ensemble [Commissioned, World premiere recording]
[3] Makiko Kinoshita: The Book of Sand [Commissioned, World premiere recording]
[4] Tokuhide Niimi: Sinfonia M ―Hear the voices of the Gods!― for marimba orchestra— [Commissioned, World premiere recording]
[5] arr. Miwa Okusada: Four Russian Songs (Coachman, Don’t Rush the Horses / Somewhere Far Away / The Lonely Accordion / Dark Eyes)

Darius Milhaud / arr. Keiko Abe: Scaramouche ~for Five Marimbists~
 [6] Vif
 [7] Modere
 [8] Brazileira

[9] Yoko Sugano / arr. Miwa Okusada: Flowers Will Bloom




Shiniti Uéno
Shiniti Uéno, a multi-percussionist and founder and leader of Shiniti Uéno & PHONIX Refléxion, graduated from Kunitachi College of Music and continued his studies at the Strasbourg National Conservatory with Jean Batique, Sylvio Gualda and Jean-Pierre Drouet. His awards include first prize at the “Concours Interregional des Conservatoires Nationaux de Region de France,” a special award at the “Concours International pour Interpretation de la Musique Contemporaine pour Percussion,” and third prize at the “Concours International d’Execution Musicale Maria Canals, Discipline Percussion Solo.” Uéno was a percussionist for Orchestre Philharmonique de Strasbourg and principal percussionist and timpanist for Orchestre National du Capitole de Toulouse. Also active as a soloist, he has presented world and Japanese premieres of more than eighty works by composers such as N.T. Dao, Maki Ishii, William Kraft, Isao Matsushita, Akira Nishimura, Kaija Saariaho, Yuji Takahashi, and Iannis Xenakis. Also notable is his recent duo performances with such artists as Keiko Abe, Yuji Takahashi, Yumi Nara, and Yusuke Satoh. Currently living in Tokyo, Uéno is on the faculty of Kunitachi College of Music. He is a YAMAHA percussion player.


Shiniti Uéno & Phonix Réflexion
Shiniti Uéno & PHONIX Refléxion was founded in 1988 by Uéno and young solo percussionists. Its recent activities include concerts with such guests as Keiko Abe and Nevojsa Jovan Zivkovic, participation in the International Percussion Festivals in Croatia (2013) and Romania (2014), as well as CDs such as “Wish,” Kecak”, “Yantra, “Souls of Percussion: Works of Nnevojsa Jovan Zivkovic” (all by Musica Vivante). It world-premiered Akira Nishimura’s “Bhagavad Gita” (Suntory Hall, Tokyo, 2013), the TV-opera version of which was recorded and broadcasted by NHK-BS in 2015. Marimba Orchestra, its new formation, has been presenting new and colorful sounds of percussion ensemble featuring keyboard instruments, namely marimba and vibraphone.

Members performing in this CD are
Itaru Akuhara, Yukiko Ando, Nina Fujisawa, Ai Fujita, Akiko Iino-Goto, Sumire Ito, Takumi Kagaya, Koichi Kameo, Daiki Kato, Noriko Kijiya, Shunsuke Magaribuchi, Moyuru Oda, Matsumi Ogihara, Sakurako Shirai, Ryusuke Soga, Ruiko Sugie, Masaya Takagi, Karen Takaguchi, Chiharu Takei, Ayumi Tanaka, Aoi Toguchi, Maya Watanabe, Kai Yoshida (alphabetical order)



Recording Location: Kirari Fujimi, 11-15 April 2017