HOME > DISC > ALCD-7199

■オマージュ ―二人の天才 モーツァルトとショパンを讃えて
Hommage

ALCD7199.jpgALCD-7199 税抜価格2,800円 2016/04/07発売
JAN 4530835 111269
佐藤勝重(ピアノ)
Katsushige Sato, piano

レコード芸術準特選盤
読売新聞サウンズBOX推薦盤
音楽現代準推薦盤
CDジャーナル 今月の推薦盤



[1] チェルニー:モーツァルトの歌劇《フィガロの結婚》による華麗な幻想曲 op. 493
[2] モーツァルト:フランスの歌「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲(きらきら星変奏曲) K. 265
[3] モーツァルト/リスト編:アヴェ・ヴェルム・コルプス S. 461a
[4] モーツァルト/リスト編:ラクリモーサ(《レクイエム》より)
[5] ショパン:モーツァルトの《ドン・ジョヴァンニ》の「お手をどうぞ」による変奏曲 op.2
[6] オネゲル:ショパンの思い出
[7] グリーグ:練習曲 ショパンを讃えて(《気分》 op. 73より第5番)
[8] チャイコフスキー:少しショパン風に(18の小品 op. 72より第15番)
[9] フランセ:ショパンへのオマージュ(音楽の散歩道 より 第2番)
[10] ブゾーニ:ショパンの前奏曲による10の変奏曲 op. 22 Kind. 213a
[11] デームズ:葬送 ショパンへの礼賛

〈録音〉稲城市立iプラザ 2015年6月15~17日、8月19日

前回15人の作曲家の夜想曲を集めたCDで絶賛を浴びた佐藤勝重2枚目のソロ・アルバム。今回のテーマは「オマージュ」。モーツァルトとショパンという2人の天才作曲家の作品に掻き立てられ、数多くの作曲家たちが創作した作品の数々がここに集結。選曲や構成のみならず、作曲家や時代背景、楽譜、当時の楽器や演奏法など、一作品一作品丹念に精査した佐藤勝重の真摯な姿勢から生まれ出るファンタジーに注目したい。



SatoKatsushige.jpg
佐藤勝重(ピアノ)
桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後渡仏。その後パリ国立高等音楽院を1等賞、パリ・エコール・ノルマル音楽院の高等演奏家課程を賞賛つき満場一致で卒業。これまでに福岡幸子、江戸弘子、G. フレミー、G. ムニエの各氏に師事。この間、全日本学生音楽コンクール全国大会優勝やSOFIA国際ピアノコンクール第1位受賞など、国内外のコンクールに入賞する傍ら数多くのコンサートに出演。また、2000年にはワルシャワで行われた第14回ショパン国際ピアノコンクールに日本代表として選抜され推薦出場を果たした。
 近年は室内楽にも力を入れており、日本を代表する弦、管楽器アーティストと全国各地の演奏会で共演し、またラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭、軽井沢八月祭、東京・春・音楽祭に参加するなど様々な分野で幅広い音楽活動を展開している。また2012年リリースの初ソロアルバム「ノクチュルヌ」(ALM RECORDS)は、レコード芸術誌特選盤に選ばれ好評を博している。これらの演奏以外に、音楽雑誌への執筆やセミナーでの講義、全日本学生音楽コンクールなどの審査員を務め、現在、桐朋学園大学音楽学部および昭和音楽大学、同大学院にて、後進の指導にあたっている。






[1] Carl Czerny: Fantaisie Brillante sur des motifs de l’opéra Le nozze di Figaro op. 493
[2] Wolfgang Amadeus Mozart: 12 Variationen über das französische Lied “Ah, vous dirai-je, Maman” K. 265
[3] Wolfgang Amadeus Mozart / arr. Franz Liszt: Ave verum corpus S. 461a
[4] Wolfgang Amadeus Mozart / arr. Franz Liszt: Lacrymosa (from Requiem)
[5] Frédéric Chopin: Variations sur “Là ci darem la mano” de Don Juan de Mozart op. 2
[6] Arthur Honegger: Souvenir de Chopin 
[7] Edvard Grieg: Studie - Hommage à Chopin (Stemniger op. 73-5)
[8] Pyotr Il'yich Tchaikovsky: Un poco di Chopin (18 Pieces op. 72-15)
[9] Jean Françaix: Hommage à Frédéric Chopin (La Promenade d'un musicologue Eclectique Ⅱ)
[10] Ferruccio Busoni: ZehnVariationen über ein Präludium von Chopin op. 22 Kind. 213a
[11] Jörg Demus: Funérailles - Hommage à Chopin

Katsushige Sato. piano

Recording Location: Inagi City Public “i-Plaza”, 15-17 June, 19 August 2015


Katsushige Sato, piano
 Katsushige Sato graduated from Toho Gakuen Music School at the top of his class, after which he moved to France. He graduated from Conservatoire de Paris, receiving the first prize in performance. Additionally, he received unanimous praised upon his graduation from Ecole Normale de Musique de Paris. Sato studied with Sachiko Fukuoka, Hiroko Edo (in Japan) and Gérard Frémy and Germaine Mounier (in France). He was awarded first prizes at the Student Music Concours of Japan as well as the Albert Roussel International Piano Competition in Sofia, Bulgaria. In 2000, he was chosen to represent Japan in performances at the 14th International Fryderyk Chopin Piano Competition in Warsaw, Poland.
 In more recent years, Sato has been active performing in chamber-music groups as well as sharing the stage with well-known Japanese string and wind instrument performing artists in concerts throughout Japan. He has participated in the “La Folle Journée festival au JAPON”, the Karuizawa Arts Festival, and the Spring Festival in Tokyo. Sato is very active in other music related fields, including recording projects, writing articles for music magazines and lecturing in seminars. He released his first solo album “Nocturnes” and it has been chosen as the Best Disc in the Record Geijutsu Magazine. He has been invited to serve on the juries of numerous competitions and is currently a lecturer at Toho College of Music and Showa Academia Musicae.