HOME > DISC > ALCD-7178

ショパン:バラード&即興曲
CHOPIN Ballades & Impromptus

ALCD7178.jpgALCD-7178 税抜価格2,800円  2013/10/07発売中井正子(ピアノ)

Masako Nakaï, piano



フレデリック・ショパン (1810-1849)
1. 即興曲第1番 変イ長調 Op. 29
2. 即興曲第2番 嬰ヘ長調 Op. 36
3. 即興曲第3番 変ト長調 Op. 51
4. 即興曲第4番 嬰ハ短調《幻想即興曲》 Op. 66
5. バラード第1番 ト短調 Op. 23
6. バラード第2番 ヘ長調 Op. 38
7. バラード第3番 変イ長調 Op. 47
8. バラード第4番 ヘ短調 Op. 52

〈録音〉彩の国さいたま芸術劇場 2013年3月12-14日

MasakoNakai.jpgポーランドの伝統からフランス文化の精神へ──
数多くの芸術家と交友を結んだフランスの日々の中で自らの音楽を洗練させ、ピアノ音楽に「ショパン」という独自のジャンルを確立したショパン。中でも即興曲とバラードに織り込められた即興の精神は、後のドビュッシーの創作上の指標となり、ショパンがフランス音楽に根付く鍵となった。
ポーランドとフランスそして未来を結ぶショパンの傑作群が、中井正子の手によって新たなる輝きを身に纏う。


中井 正子
 東京藝術大学附属高校在学中、パリ国立高等音楽院に留学。ピアノ科を審査員全員一致の1等賞首席で卒業。第3課程研究科を経て、ジュネーヴ国際音楽コンクール第3位入賞、ロン・ティボー国際音楽コンクールのフランス音楽特別賞他を受賞。国内外でのリサイタルを始め多数のオーケストラと共演。TVやラジオ放送等の出演他、レクチャーコンサート等多数の演奏活動を行う傍ら東京藝術大学ピアノ科では後進の指導にもあたっている。
 CD「ドビュッシー ピアノ作品全集I~V」、「ラヴェル ピアノ作品全集」(ALM RECORDS)が出ており、「ドビュッシー ピアノ作品全集」全12巻、「ラヴェル ピアノ作品集」5巻等、「ショパン 名曲選集26」全3巻、「バッハ インヴェンション」「バッハ シンフォニア」(ショパン・ハンナ刊)、「ハノン」(音楽之友社)など多数の楽譜校訂をてがける。著書「パリの香り・夢みるピアノ」(ショパン刊)、「ドビュッシーと歩くパリ」(アルテスパブリッシング刊)がある。
http://park10.wakwak.com/~nakaimasako/


Frédéric Chopin (1810-1849)
1. Impromptu in A-flat major Op. 29
2. Impromptu in F-sharp major Op. 36
3. Impromptu in G-flat major Op. 51
4. Impromptu No. 4 in C-sharp Minor Op. 66 “Fantaisie-Impromptu”
5. Ballade in G minor Op. 23
6. Ballade in F major Op. 38
7. Ballade in A-flat major Op. 47
8. Ballade in F minor Op. 52


MASAKO NAKAÏ piano
While studying at the high school affiliated with the Tokyo University of the Arts (formerly: Tokyo National University of Fine Arts and Music), Masako Nakaï went to study at Conservatoire National Supérieur de Musique et Danse de Paris, from which she graduated with 1st prize honors. In addition to this, Ms. Nakaï won 3rd prize in the Geneva International Music Competition, and a special prize for a performance of French music at the Long-Thibaud International Music Competition. Masako Nakaï has given recitals in Paris, Lyon and Warsaw, as well as frequent appearances with top Japanese orchestras. She gives many concerts and seminars and appears many times in the TV-, and Radio-Programs. Ms. Nakaï also lectures at the Tokyo University of the Arts.
Masako Nakaï is engaged in editing the works of many composers such as Debussy, Ravel, Chopin, J. S. Bach and Hanon. Her memoir, “The Aroma of Paris, the Piano of Dreams” has been published by the Chopin Publishing Company and she has also published “Debussy à Paris” from Artes Publishing in 2012.