La Festa!



ALCD-3129 税込価格¥3,080(税抜価格¥2,800) 2022/10/07発売 JAN 4530835 114567
Le Due Trombe: 霧生貴之・川田修一(トランペット)
勝山雅世(オルガン) 井手上達(パーカッション) ほか

Le Due Trombe: Takayuki Kiryu & Shuichi Kawata trumpet
Masayo Katsuyama organ
Tohru Ideue percussion

音楽現代 推薦盤




コンチェルト・グロッソ 変ホ長調(作者不詳,伝G.F.ヘンデル: コンチェルト・グロッソ Op.3/4b)†
Anonymous: Concerto Grosso in E-flat major (Attributed to G.F. Handel: Concerto Grosso Op.3/4b)
  [1] I. Largo
  [2] II. Allegro
  [3] III. Largo
  [4] IV. Allegro

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ: 教会カンタータBWV78「イエスよ、汝はわが魂を」†
  [5] I. 合唱
  [6] II. アリア(二重唱)

[7] ヨハン・パッヘルベル: シャコンヌ ヘ短調†

ハンス=アンドレ・シュタム: コンチェルティーノ「モーツァルトへのオマージュ」〈世界初録音〉
  [8] I. Allegro moderato
  [9] II. Larghetto
  [10] III. Tempo di Minuetto

[11] ジョーゼフ・ホロヴィッツ: コンチェルティーノ・クラシコ 第2楽章

[12] ジャン=フランソワ・ミシェル: ロリポップス†

[13] ホセ・ラファエル・パスクアル=ビラプラーナ: マニャの結婚式†

ジャン・アラン: 2つの行進曲
  [14] I. ホラティウスとクリアトゥスの行進
  [15] II. 聖ニコラスの行進 〈世界初録音

[16] ケヴィン・マッキー: 光と石

[17] ジャスティン・ハーウィッツ: アナザー・デイ・オブ・サン(映画「ラ・ラ・ランド」より)†

[18] チック・コリア: スペイン†

[19] リヒャルト・ワーグナー: エルザの大聖堂への行列(オペラ《ローエングリン》より)†

[20] 和泉宏隆(T-SQUARE): オーメンズ・オブ・ラブ†

        (†編曲:霧生貴之 Arrangement: Takayuki Kiryu)


Le Due Trombe霧生貴之 & 川田修一〈トランペット〉
勝山雅世〈オルガン〉
井手上 達〈パーカッション〉 ...[8] [10] [12] [13] [14] [15] [17] [18] [19] [20]

[19]
伊藤慶亮〈指揮〉
山本英助 森重修実 服部孝也 佐藤秀徳 阿部一樹 箕輪綾子 金子美保 中西あづさ〈トランペット賛助〉


<録音>
2022年2月16日 川口総合文化センター リリア 音楽ホール [16] - [20]
2022年2月18-19日 軽井沢コルネ [1] - [15]



トランペット・デュオとオルガン、相性抜群のアンサンブルが繰り広げる饗宴!
この取り合わせでしか聴けない響きと超絶技巧、そして絶妙の選曲。
Le Due Trombeが贈る初のCD








霧生貴之〈トランペット〉
96年より渡欧、第5回カザルツァ・リグレ国際コンクール管楽器部門及び独奏部門総合1位、第1回ソンチーノ管楽器コンクール金管部門優勝。1998年よりスイスに拠点を移すまでイタリアフィルハーモニー管弦楽団のトランペット奏者を務める。2017年より日本初のトランペット2本とオルガンのユニット「Le Due Trombe」を川田修一氏と結成。オリジナルから自身によるアレンジまでトランペットとオルガンの可能性を追求する姿勢は徐々に注目されつつある。また、古楽奏者としてもオーケストラ・リベラ・クラシカ、バッハ・ コレギウム・ジャパンなどのプロジェクトに参加。2018年より宮下宣子氏主催、古楽金管セミナー・ナチュラル/バロックトランペット講師。2020年に日本初のプロ奏者によるバロックトランペットアンサンブル「バロックトランペット・コンソート・ジャパン」結成コンサートを開催、日本でのナチュラル/バロックトランペット普及活動にも力を注いでいる。現在、Le Due Trombe、オーケストラ・リベラ・クラシカ、チューリッヒ交響楽団、バロックトランペット・コンソート・ジャパン、各メンバー。


川田修一〈トランペット〉
1984年福島県須賀川市生まれ。福島県立安積高校を経て、国立音楽大学において矢田部賞を受賞し首席で卒業。ならびに弦管打楽器ソリストコースを首席で終了。同大学卒業演奏会、ヤマハ新人演奏会に出演。第78回、81回日本音楽コンクールトランペット部門入選。第25回日本管打楽器コンクールトランペット部門第3位入賞。第49回ドイツ・マルクノイキルヒェン国際コンクール ディプロマ賞授与。2015年~16年、文化庁新進芸術家海外研修員としてドイツ・カールスルーエ音大にて研修を行う。2017年、文化庁主催コンサート「明日を担う音楽家達」においてG.F.テレマンの協奏曲を新日フィルと共演。これまでに国立音大にて熊谷仁士、山本英助の両氏に、カールスルーエ音大にてラインホルト・フリードリッヒ、M.クライン、S.スタラー、A.キアン、M.マイシュ(バロックトランペット)の各氏に、プライベートで北村源三、野口浩史の両氏に師事。Brass Ensemble ZERO Tokyo、Le Due Trombe、金管合奏団「宴」、The Schilke Fiveのメンバー。藝大フィルハーモニア管弦楽団を経て、2017年より東京フィルハーモニー交響楽団首席トランペット奏者。


勝山雅世〈オルガン〉
東京藝術大学卒業。在学中、安田生命クオリティ・オブ・ライフ奨学生、卒業時アカンサス音楽賞受賞。同大学院修了。バーゼル・スコラ・カントゥルムに留学。2003年オランダのアルクマール・シュニットガー国際オルガン・コンクール第3位入賞。2007年からヘンデル・フェスティバル・ジャパンで通奏低音を担当。2008年から2021年まで、サントリーホール主催「それいけ!オルガン探検隊」(現在のオルガンZANMAI)で演奏、企画にも携わっていた。年末のN響第九Special Concertの前公演を十数年務め、今年(2022)も予定されている。制作に関わることもあり、2022年8月、さいたま芸術劇場の「キミとの遭遇~地上の音楽と踊りをめぐる旅~」では、演奏と音楽制作を担当した。日本オルガニスト協会会員。


井手上 達〈パーカッション〉
1999年東京藝術大学卒業。日本管打楽器コンクール4位入賞。尺八、篠笛と打楽器のアンサンブルグループ『Bamboo Symphonia』、古楽オーケストラ『オルケストラ・アヴァン=ギャルド』メンバー。2013年から一年間、文化庁新進芸術家海外研修員制度研修員としてベルリンへ派遣されチューリッヒ音楽大学に在籍。藝大フィルハーモニア管弦楽団ティンパニ・打楽器奏者。これまでに打楽器を百瀬和紀、有賀誠門、岡田知之の各氏に、ティンパニをRainer Seegers氏に師事。





Anonymous: Concerto Grosso in E-flat major (Attributed to G.F. Handel: Concerto Grosso Op.3/4b)
  [1] I. Largo
  [2] II. Allegro
  [3] III. Largo
  [4] IV. Allegro

Johann Sebastian Bach (1685-1750): Jesu, der du meine Seele, BWV78
  [5] I. Coro
  [6] II. Duetto

[7] Johann Pachelbel (1653-1706): Chaconne in F minor

Hans-André Stamm (1958-): Concertino “Hommage à Mozart”〈World Premiere Recording〉
  [8] I. Allegro moderato
  [9] II. Larghetto
  [10] III. Tempo di Minuetto

[11] Joseph Horovitz (1926-2022): Concertino Classico, Second Movement

[12] Jean-François Michel (1957-): Rolipops

[13] José Rafael Pascual-Vilaplana (1971-): Les Noces del Manyà

Jehan Alain (1911-1940): Deux Marches
  [14] I. Marche des Horaces et des Curiaces, JA 121A
  [15] II. Marche de Saint Nicolas, JA 121 〈World Premiere Recording

[16] Kevin McKee (1980): Lux et Lapis (Light and Stone)

[17] Justin Hurwitz (1985-): Another Day of Sun (from Film “La La Land”)

[18] Chick Corea (1941-2021): Spain

[19] Richard Wagner (1813-1883): Elsa's Procession to the Cathedral (from Opera “Lohengrin”)†

[20] Hirotaka Izumi (1958-2021, T-SQUARE): Omens of Love

      († Arrangement: Takayuki Kiryu)


Le Due Trombe: Takayuki Kiryu & Shuichi Kawata, trumpet
Masayo Katsuyama, organ
Tohru Ideue, percussion ...[8] [10] [12] [13] [14] [15] [17] [18] [19] [20]

[19]
Eisuke Yamamoto, Osami Morishige, Takaya Hattori, Shutoku Sato, Kazuki Abe, Ayako Minowa, Miho Kaneko, Azusa Nakanishi, support trumpet


Recording Location: Kawaguchi LILIA Concert Hall, 16 February 2022 [16] - [20]
Karuizawa Cornet, 18-19 February 2022 [1] - [15]