HOME > DISC > ALCD-3106

◉MY SWEET HOMETOWN

ALCD3106.jpgALCD-3106 税抜価格2,800円 2014/12/07発売
JAN 4530835 110729
八巻志帆(バス・クラリネット)
藤井裕子(ピアノ)

Shiho Yamaki, bass clarinet
Yuko Fujii, piano



[1] 岡野貞一(B.スターク編曲):ふるさと
[2] 多忠亮(小六禮次郎編曲):宵待草
[3] 成田為三(森田一浩編曲):浜辺の歌
[4] G.フォーレ:シチリアーノ
[5] 黒人霊歌(磯崎敦博編曲):ディープ・リバー
[6] G.フォーレ(J.レイ編曲):夢のあとに
[7] A.ピアソラ(啼鵬編曲):リベルタンゴ
[8] G.ガーシュウィン(K.ジャレット編曲):Someone to watch over me
[9] A.ピアソラ(啼鵬編曲):オブリビオン
[10] 海沼實(B.スターク編曲):里の秋
[11] 滝廉太郎(千住明編曲):荒城の月
[12] 桑山哲也:哀愁のミュゼット
[13] 菅野よう子(辻井伸行・山下康介編曲):花は咲く
[14] M.レーガー:アルバムのページ

〈録音〉三鷹市芸術文化センター 2014年6月10-11日
〈解説〉藤井一男

日本で初めてバス・クラリネット専攻生として音楽大学に学んだバス・クラリネット奏者、八巻志帆。独奏楽器としてのバス・クラリネットの魅力を切り拓く八巻がセカンド・アルバムで演奏するのは、彩り豊かなメロディの花束。日本人の心にあたたかく広がる唱歌・童謡の数々、菅野よう子の「花は咲く」、そしてピアソラ、キース・ジャレット編曲のガーシュウィンまで。時代と情景を映し出す名曲の数々を奏でることでバス・クラリネットのあたたかく深みをもった響きが引き出され、聴く人それぞれの胸に懐かしい情景が浮かび上がるアルバムが出来上がった。


ShihoYamaki.jpgShiho Yamaki
(Photo: Ryo Matsumoto)
八巻志帆(バス・クラリネット)

 宮城県仙台市出身。仙台向山高等学校卒業。
 相愛大学音楽学部音楽学科にバス・クラリネット専攻の一期生として入学。在学中より、大前哲氏による『Concord ~2本のバス・クラリネットのための~』の委嘱初演を行うなど、積極的に演奏活動を行う。
 2009年初夏に1stソロアルバム『Bass clarinet Recital』をリリースし、発売記念リサイタルを行う。同大学卒業演奏会(於:いずみホール)をはじめ、関東、関西で行われた新人演奏会に複数出演。
 バス・クラリネットを副島謙二、藤井一男、福井聡の各氏に、クラリネットを藤井一男、福井聡、金井信之の各氏に、2013年よりジャズを鈴木孝紀氏に師事。また、故浜中浩一、ヤン・ギュンス、サウロ・ベルティの各氏のマスタークラスを受講。2014年3月、代表を務めるMilfy Clarinet Ensembleで参加した第11回クラリネットアンサンブルコンクール(日本クラリネット協会主催/於:パルテノン多摩)で第2位を受賞。
 ジャンルに捉われないソロ バス・クラリネットの世界の確立を目標に、様々なジャンルのアーティストと共演を重ねている。

http://ameblo.jp/milfy-cl5/



YukoFujii.jpgYuko Fujii
(Photo: Yuuji Hirose)
藤井裕子(ピアノ)

 東京藝術大学附属音楽高校を経て、東京藝術大学器楽科卒業。ピアノを神野明、堀江孝子、田村宏、ソルフェージュを茂木眞理子の各氏に師事。これまでに国内主要オーケストラ、モラヴィア弦楽四重奏団、ベルリン・フィル首席オーボエ奏者アルブレヒト・マイヤーほか様々なアーティストと共演。藤井香織とは数々のステージで共演し、姉妹ならではの息の合った感覚と絶妙なアンサンブルが国内外で高く評価されている。
 第10回クーラウ国際フルートコンクール・デュオ部門で藤井香織と共に第2位入賞。2003、2005年には、中南米10カ国にてコンサートツアーを行い、大成功をおさめる。2014年夏に、藤井香織と共演でCD「ヴォヤージュ」(ALCD-3101)をコジマ録音よりリリース。各誌で好評を得る。
 音色の多彩さと抜群のリズム感を持ち合わせ、深い人間性に裏付けられた温かい音楽作りができる室内楽ピアニストとして、古典からクロスオーバーに至る幅広いジャンルで活躍している。

http://yuko-fujii.jimdo.com



[1] Furusato (Teiichi Okano / arr. Bruce Stark)
[2] Yoimachigusa (Tadasuke Ohno / arr. Reijiro Koroku)
[3] Hamabe no Uta (Tamezo Narita / arr. Kazuhiro Morita)
[4] Sicilienne (Gabriel Fauré)
[5] Deep River (Negro spiritual / arr. Atsuhiro Isozaki)
[6] Après un Rêve (Gabriel Fauré / arr. James Rae)
[7] Libertango (Astor Piazzolla / arr. TEJO)
[8] Someone to watch over me (George Gershwin / arr. Keith Jarrett)
[9] Oblivion (Astor Piazzolla / arr. TEJO)
[10] Sato no Aki (Minoru Kainuma / arr. Bruce Stark)
[11] Kojo no Tsuki (Rentaro Taki / arr. Akira Senju)
[12] Melancholy Musette (Tetsuya Kuwayama)
[13] Flower will bloom (Yoko Kanno / arr. Nobuyuki Tsujii & Kosuke Yamashita)
[14] Albumleaf (Max Reger)