高橋悠治作品集
 失われた聲

 Lost Voices
ALCD-132 税込価格¥3,080(税抜価格¥2,800) 2022/03/07発売 JAN 4530835 113980肥後幹子(ソプラノ) 高橋悠治(ピアノ)

Mikiko Higo soprano Yuji Takahashi piano


音楽現代 準推薦盤



作曲: 高橋悠治(1938-)

◎福井桂子(1935-2007):詩
[1] 雪雲色の鳩(2018)
[2] 夏草に蓋われた引込線:夕星(ゆうずつ)―T.Mに(2018)
[3] アネモネ 薄みどりの朝の光をあびて りすさん!りすさん!(2018)

◎左川ちか(1911-1936):詩
左川ちか小詩集「海の花嫁」(2019)
[4] 1. 白と黒
[5] 2. 緑
[6] 3. 雲のかたち
[7] 4. 海の花嫁
[8] 5. 海の捨子

◎石牟礼道子(1927-2018):俳句、詩
[9] 水村紀行八句(2017)
[10] 精霊たちの浜辺(2017)

肥後幹子(ソプラノ) 高橋悠治(ピアノ)
Mikiko Higo soprano Yuji Takahashi piano


2021年6月25, 26, 30日 三鷹市芸術文化センター
Recorded at Mitaka City Arts Center Concert Hall on 25, 26 & 30 June 2021


リサイタルや録音を通じて高橋悠治作品を歌い続けてきた肥後幹子の『ソルシコス的夜』『ブレヒト・ソングス』に続くCD第三弾。2017〜19年の肥後幹子リサイタルのために作曲された、福井桂子・左川ちか・石牟礼道子の詩による高橋悠治歌曲集。
「このことばの光に照らして、三人の詩人の声と楽器のさまざまな響きが映る、耳の風景が消えていく。」




肥後幹子(ソプラノ)
Mikiko HIGO, soprano

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院リート科卒業。畑中良輔氏、 飯山恵己子氏に師事。
大学院在学中にウィーン国立音楽大学へ2年留学。W.ムーア、H.ドイチュほかに師事。その後、演劇を学ぶ。
俳優座にてブレヒト教育劇シリーズ等に出演。
1985年より詩人・谷川俊太郎、岡真史、B.ブレヒトの作品、作曲家・林光、武満徹、高橋悠治、K.ヴァイル、H.アイスラー、A.シェーンベルク、J.マルクスなどの作品を演奏。
1990年国際交流基金の招待により、香港にて作曲家・藤家渓子氏とともに演奏。「ぼくは12歳」「ブレヒトソング」をうたう。
2004年以降、 高橋悠治氏とともにリサイタルを重ねている。

CD:「ソルシコス的夜」(2011、Fontec)、「Brecht songs ブレヒトソングス」(2013、Fontec)



(え:柳生弦一郎)
高橋悠治(作曲・ピアノ)
Yuji TAKAHASHI, composition/piano

柴田南雄、小倉朗、ヤニス・クセナキスに作曲を学ぶ。
1960年~ ヨーロッパ、アメリカで現代音楽のピアニストとして活動。
1970年~ 季刊誌『トランソニック』を編集。
1978〜85年 世界の抵抗歌を独 のアレンジで演奏。「水牛楽団」を結成。
1991〜2006年 高田和子のために日本の伝統楽器と声のための作品を作曲。

著書:『高橋悠治 コレクション1970年』『音の静寂 静寂の音』(平凡社)
    『きっかけの音楽』『カフカノート』(みすず書房)ほか多数。

http://www.suigyu.com/yuji/