HOME > DISC > ALCD-1172

フレスコバルディ鍵盤作品集

GIROLAMO FRESCOBALDI
Keyboard Works

ALCD1172.jpgALCD-1172 税抜価格¥2,800円 2018/10/07発売
JAN 4530835 112211

辰巳 美納子(チェンバロ)
Minako Tatsumi, harpsichord




G.フレスコバルディ

[1] トッカータ第1巻 第8番 (1615)

5つのガリアルダ (1627)
 [2] ガリアルダ第1番
 [3] ガリアルダ第2番
 [4] ガリアルダ第3番
 [5] ガリアルダ第4番
 [6] ガリアルダ第5番

[7] トッカータ第2巻 第2番 (1627)
[8] カンツォーナ第1番 (1627)
[9] カンツォーナ第3番 (1627)
[10] ラ、ソル、ファ、レ、ミによるカプリッチョ (1624)
[11] バッサ・フィアメンガによるカプリッチョ (1624)
[12] トッカータ第1巻 第11番 (1615)

4つのコレンテ (1615)
 [13] コレンテ第1番
 [14] コレンテ第2番
 [15] コレンテ第3番
 [16] コレンテ第4番

[17] ベルガマスカ 《音楽の花束》より (1635)
[18] トッカータ第2巻 第9番 (1627)
[19] パッサカリアに基づく100のパルティータ (1637)


辰巳 美納子(チェンバロ)

〈録音〉神奈川県立相模湖交流センター 2017年12月26-28日



辰巳美納子の3rdソロ・アルバムは、ルネサンス末において、それまでにない全く新しい、激しく強烈な表現を鍵盤音楽に与えた作曲家、フレスコバルディの作品集。変ホ/嬰ニ音、嬰ト/変イのキーが分割された、いわゆる分割鍵盤のチェンバロを駆使し、雄弁な役者の舞台のような劇的な表現が実現されている。


TatsumiMinako.jpg

辰巳 美納子(チェンバロ)

 武蔵野音楽大学ピアノ科卒業後、東京藝術大学チェンバロ科卒業、同大学院修了。藝大在学中に第5回古楽コンクール〈山梨〉最高位、同時に第3回栃木[蔵の街]音楽祭賞受賞。その後、オランダ政府奨学金を得てアムステルダム・スヴェーリンク音楽院に学び、オランダ国家演奏家資格を取得し卒業。チェンバロを山田貢、鈴木雅明、アンネケ・アウテンボシュ、グスタフ・レオンハルトの各氏に師事。また、オルガンを鈴木雅明、フォルテピアノをスタンリー・ホッホランドの各氏に師事し、あわせて学んだ。
 オランダにて様々な演奏を行い、帰国後は、NHK-FM『FMリサイタル』『名曲リサイタル』、NHK-BS番組に出演。ソロ、室内楽の他、ソリスト及び通奏低音チェンバロ、オルガン奏者として、これまでにバッハ・コレギウム・ジャパン、新日本フィル、オーケストラ・アンサンブル金沢、東京シティ・フィル、名古屋フィル、札響、大阪フィル、神戸市室内合奏団、東響、群響、神奈川フィル、東フィルなど全国各地の演奏会や録音に多数出演。チェンバロ協奏曲などのソリストとして華麗な演奏を展開するほか、鋭い感性と自在な表現で全体を支える通奏低音には定評があり、多くの指揮者、共演者から信頼を寄せられている。美しい音色と共にあるその表情豊かな演奏は、常に高い評価を得ている。




Girolamo Frescobaldi (1583-1643):

[1] Toccata Ottava (Libro I, 1615)

Cinque Gagliarde (1627)
 [2] Gagliarda Prima
 [3] Gagliarda Seconda 
 [4] Gagliarda Terza
 [5] Gagliarda Quarta
 [6] Gagliarda Quinta

[7] Toccata Seconda (Libro II, 1627)
[8] Canzona Prima (1627)
[9] Canzona Terza (1627)
[10] Capriccio sopra la, sol, fa, re, mi (1624)
[11] Capriccio sopra la Bassa Fiamenga (1624)
[12] Toccata Undecima (Libro I, 1615)

Quattro Correnti (1615)
 [13] Corrente Prima
 [14] Corrente Seconda
 [15] Corrente Terza
 [16] Corrente Quarta

[17] Bergamasca (Fiori Musicali, 1635)
[18] Toccata Nona (Libro II, 1627)
[19] Cento Partite sopra Passacagli (1637)


Recording Location: Sagamiko Koryu Center, 26-28 December 2017


Minako Tatsumi, harpsichord

Minako Tatsumi studied harpsichord at the Tokyo University of the Arts receiving both Undergraduate and Master degrees. In 1991, Minako won the top prize at the 5th Competition for Early Music in Yamanashi. She was awarded a scholarship by the Dutch government to study at the Sweelinck Conservatorium Amsterdam, graduating with the Soloist Diploma. Minako has studied Harpsichord with Mitsugu Yamada, Masaaki Suzuki, Anneke Uittenbosch and Gustav Leonhardt, Organ with Masaaki Suzuki, Fortepiano with Stanley Hoogland.
Apart from giving various recitals in Netherlands Minako has performed numerous concerts in Japan as a soloist and also as a basso continuo player on both harpsichord and organ. Her performances include playing with the Bach Collegium Japan, the New Japan Philharmonic, the Orchestra Ensemble Kanazawa, and several other orchestras. She also appeared on several radio and TV programs by the NHK (Japan Broadcasting Corporation). While increasing her popularity in the field of Early Music, Minako continues to collaborate extensively with musicians both in Japan and abroad.