HOME > DISC > ALCD-117

横笛 赤尾三千子の世界 乙女と若武者のためのレクイエム
  新版 水炎伝説  薄墨 —義経の笛

The World of Michiko Akao Requiem for Maiden and Young Warrior
New Version Legend of the Water Flame  The Usuzumi — Yoshitsune’s Flute

ALCD117.jpgALCD-117 税抜価格2,800円 2018/03/07発売
JAN 4530835 111986

横笛・歌:赤尾三千子
Yokobue/Voice: Michiko Akao

音楽現代 注目

geijutsusai_symbol.jpg平成30年度(第73回)文化庁芸術祭参加




新版 水炎伝説

[1] 如月に   松下功 作曲   能管
[2] アカトキ  石井眞木 作曲  龍笛
[3] 嵐の川縁(かわべり)  石井眞木 作曲  龍笛
[4] 黄泉の国   石井眞木 作曲  能管
[5] わかれ   石井眞木 作曲  龍笛
[6] 水炎   石井眞木 作曲  龍笛
[7] 幻想の女  石井眞木 作曲  ―(ヴァイオリン・歌)
[8] 解脱  石井眞木 作曲  龍笛
[9] 処女墓(おとめはか)  赤尾三千子 作曲  篠笛

台本・構成・編曲:赤尾三千子
原作:大岡信 
原曲:石井眞木
監修:松下功

横笛・歌:赤尾三千子
指揮:井上道義
アンサンブル・レジェンド
 1st Vn. 澤和樹 2nd Vn. 福崎雄也 3rd Vn. 西本幸弘Va. 市坪俊彦 Vc. 松本卓以 Cb.片岡夢児
パーカッショングループ72
 永曽重光 関聡 畑中暢行 前田啓 前田茂 目黒一則

薄墨 ―義経の笛

[10] 義経幻想 I  赤尾三千子 作曲  薄墨(龍笛)・琵琶
[11] 樹の聲  佐藤聰明 作曲  能管
[12] 神楽  江戸里神楽  篠笛
[13] いろはうた  赤尾三千子 作曲  歌
[14] 義経幻想II  赤尾三千子 作曲  薄墨(龍笛)・琵琶
[15] 安摩乱声(あまらんじょう)  雅楽  薄墨(龍笛)
[16] 衣川館(ころもがわたち)  赤尾三千子 作曲  篠笛


横笛・歌 赤尾三千子  
琵琶:田中之雄


〈録音〉
[1] -[9] 2016年1月30-31日 川口総合文化センター リリア 音楽ホール【ライヴ録音】
[10] -[16] 2016年11月29日 大谷資料館 大谷石地下採掘場跡(公演:2017年3月19日)


「横笛」の可能性を切り拓いてきた第一人者、赤尾三千子。赤尾の委嘱により1990年に生まれた現代神楽〈水炎伝説〉が、井上道義率いる精鋭音楽家との協演により、ここに新たな命を得る。そして、大谷石採掘場跡の巨大地下空間において紡がれた、源義経ゆかりと伝わる「薄墨の笛」の幻想的な響き。古来、脈々と受け継がれてきた日本人の血のたぎり、神々への祈り、魂、情念が時空を超える深い息によって呼び覚まされる。


AkaoMichiko.jpg赤尾 三千子 Michiko Akao
横笛演奏家。国立音楽大学楽理学科卒業。日本古来の横笛である龍笛、能管、篠笛の三種を独奏楽器として確立し、委嘱作品など100曲以上のレパートリーを作り上げる。石井眞木作曲「遭遇II」の龍笛奏者としてアメリカ公演に参加、小沢征爾指揮、サンフランシスコ交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団と共演する。カーネギーホール、ベルリンフィルハーモニーザール、ウィーン楽友協会など、国内外での演奏は、高い評価を得ている。静岡市文化財、鉄舟寺寺宝である伝源義経所持の「薄墨の笛」を託され、演奏を続けている。2013年制作のCD「空華一息」はレコード芸術誌の特選盤に選ばれる。芸術選奨文部大臣新人賞、中島健蔵音楽賞、日本文化芸術振興賞他、受賞。


New Version Legend of the Water Flame

[1] In February  Composed by Isao Matsushita  Nohkan
[2] Akatoki   Composed by Maki Ishii  Ryuteki
[3] Premonition of Death  Composed by Maki Ishii  Ryuteki
[4] The Land of the Dead  Composed by Maki Ishii  Nohkan
[5] Parting Forever  Composed by Maki Ishii  Ryuteki
[6] The Water Flame  Composed by Maki Ishii  Ryuteki
[7] Apparition of a Woman  Composed by Maki Ishii  -(Violin / Voice)
[8] The Return  Composed by Maki Ishii  Ryuteki
[9] The Tumulus  Composed by Michiko Akao  Shinobue

Directed by Michiko Akao
Story by Makoto Ōoka
Original Music by Maki Ishii (Commissioned by Michiko Akao in 1990)
Supervised by Isao Matsushita

Yokobue/Voice: Michiko Akao
Conductor: Michiyoshi Inoue
Ensemble Legend
 Kazuki Sawa, Yuya Fukuzaki, Yukihiro Nishimoto, Toshihiko Ichitsubo, Takui Matsumoto, Yumeji Kataoka
Percussion Group 72
 Shigemitsu Eiso, Satoshi Seki, Nobuyuki Hatanaka, Kei Maeda, Shigeru Maeda, Kazunori Meguro

The Usuzumi — Yoshitune’s Flute

[10] Apparition I   Composed by Michiko Akao  Usuzumi (Ryuteki), Biwa
[11] Ki-no-koe   Composed by Somei Satoh  Nohkan
[12] Kagura  Edo Sato Kagura  Shinobue
[13] Iroha  Composed by Michiko Akao  Voice
[14] Apparition II  Composed by Michiko Akao  Usuzumi (Ryuteki), Biwa
[15] Amaranjo  Gagaku  Usuzumi
[16] Koromogawa-tachi  Composed by Michiko Akao  Shinobue

Directed by Michiko Akao    

Yokobue/Voice: Michiko Akao
Biwa: Yukio Tanaka


[1] -[9] Recorded on 30-31 January 2016 at Kawaguchi Lilia Music Hall [Live Recording]
[10] -[16] Recorded on 29 November 2016 at Ōya History Musium (Concert on 19 March 2017)