HOME > DISC > ALCD-1169

アルルの女
プレイエル・ピアノによる ビゼー ピアノ作品集
L’Arlésienne
Œuvres pour piano de Bizet jouées au piano Pleyel



ALCD1169.jpgALCD-1169 税抜価格2,800円 2017/12/07発売
JAN 4530835 111924
小倉貴久子[フォルテピアノ]
Kikuko Ogura, fortepiano




G.ビゼー  [1838-1875]

ラインの歌 〜6つの無言歌〜
  [1] 夜明け
  [2] 出発
  [3] 夢想
  [4] ボヘミア女
  [5] ないしょ話
  [6] 帰郷
[7] 幻想的な狩り 変ホ長調
[8] ノクターン ヘ長調 作品2
[9] ノクターン ニ長調
[10] 半音階的変奏曲 ハ短調
アルルの女 〜アルフォンス・ドデの3幕のドラマ〜 より(作曲者自身によるピアノ版)
   第1幕

[11] 1. 序曲
  [12] 6. 音楽劇と合唱 終曲l
   第2幕
  [13] 7. 幕間と合唱 パストラール
  [14] 15. 幕間
  [15] 17. 間奏曲 メヌエット
   第3幕
  [16] 18. 幕間 カリヨン
  [17] 21. ファランドール
  [18] 22. 幕間(アダージオ)
  [19] 23. 合唱
  [20] 26. 音楽劇
  [21] 27. 終曲



〈使用楽器〉
フォルテピアノ:プレイエル(1848年、パリ)

〈録音〉キラリふじみ 2017年6月5-7日



フォルテピアノの第一人者として、めざましい活動を続ける小倉貴久子。
今回はプレイエル・ピアノでビゼーの作品を取り上げた。
管弦楽作品として名高い「アルルの女」の、作曲家自身によるピアノ編曲版、
それも原曲の劇音楽からの編曲であることも特筆に値する。
19世紀パリの薫りを醸し出す彩り豊かな音色で、知られざるビゼーの珠玉のピアノ作品が、鮮やかにその光彩を放つ。



OguraKikuko2017.jpg小倉貴久子(フォルテピアノ)

東京藝術大学を経て同大学大学院ピアノ科修了。アムステルダム音楽院を特別栄誉賞“Cum Laude”を得て首席卒業。1988年第3回日本モーツァルト音楽コンクール、ピアノ部門第1位。1993年ブルージュ国際古楽コンクール、アンサンブル部門第1位。1995年には同コンクール、フォルテピアノ部門で9年ぶり史上3人目の第1位と聴衆賞を受賞し話題を呼んだ。『音楽の玉手箱』や『ベートーヴェンをめぐる女性たち』、『モーツァルトの生きた時代』『モーツァルトのクラヴィーアのある部屋』などのユニークなコンサートシリーズを展開する一方、ソロ、室内楽、協奏曲などバロックから近現代まで幅広いレパートリーで活躍。また各ホール主催演奏会や音楽祭、ラジオ、TVの出演や録音も多い。浜松市楽器博物館でのレクチャーコンサートやコレクションシリーズでも高い評価を得ている。これまでにCDを40点以上リリース。それらの多くが読売新聞、朝日新聞、毎日新聞での推薦盤や「レコード芸術」誌の特選盤に選ばれている。CD《イギリス・ソナタ》は平成24年度文化庁芸術祭レコード部門〈大賞〉受賞。著書にカラー図解『ピアノの歴史(CD付き)』(河出書房新社)。校訂楽譜『ジュスティーニ:12のソナタ集 第1、2巻』(カワイ出版)。東京藝術大学古楽科非常勤講師。



Georges Bizet [1838-1875]

Chants du Rhin −Six romances sans paroles−
  [1] L’Aurore
  [2] Le Départ
  [3] Les Rêves
  [4] La Bohémienne
  [5] Les Confidences
  [6] Le Retour
[7] Chasse Fantastique en mi bémol majeur
[8] Nocturne en fa majeur Op.2
[9] Nocturne en ré majeur
[10] Variations Chromatiques en do mineur
L’Arlésienne −Drame en 3 Actes d’Alphonse Daudet− (Réduction pour piano par le compositeur, extraits)
   Acte I
  [11] 1. Ouverture
  [12] 6. Mélodrame et Chœur Final
   Acte II
  [13] 7. Entr’acte et Chœur. Pastorale
  [14] 15. Entr’acte
  [15] 17. Intermezzo. Minuetto
   Acte III
  [16] 18. Entr’acte. Carillon
  [17] 21. Farandole
  [18] 22. Entr’acte (Adagio)
  [19] 23. Chœur
  [20] 26. Mélodrame
  [21] 27. Final

Fortepiano made by Ignace Playel & Compagnie, 1848, Paris

Recording Location: Kirari Fujimi, 5-7 June 2017



Kikuko Ogura (fortepiano)
 Kikuko Ogura studied piano at the Tokyo University of the Arts and its Graduate School. She further studied at the Conservatorium van Amsterdam, graduating with “Cum Laude”. In 1988, she was awarded first prize at the Japan Mozart Piano Competition (piano category). In 1993, she won first prize for ensemble in the Bruges International Early Music Competition. Then in 1995, she was awarded first prize (and audience prize) in the fortepiano category of the Bruges competition as the third person in its history, after not being awarded for nine years.
Ogura has developed several unique concert series such as “The Musical Treasure Box”, “Beethoven and his Women”, “Mozart and his Era” and “Mozart’s Clavier Room”. She performs widely in solo recitals, chamber music and concertos in repertoire ranging from the baroque to twentieth-century music, and often appears in concert hall’s own series, music festivals, and on radio and television. Her lecture concerts and recordings using the instruments in the Hamamatsu Museum of Musical Instruments have been highly acclaimed.
She has made over 40 recordings, many of which have been highly recommended in Japanese major newspapers and have been chosen as the Best Disc in the Record Geijutsu Magazine. Her disc “English Sonata on Broadwood Piano” was awarded Grand Prize in the Record Category of the National Arts Festival 2012. She has also published a book “A History of the Piano” (Kawade Shobo Shinsha) and a critical edition of “Giustini: Twelve Sonatas” Volumes I and II (Edition Kawai). She currently teaches on the Early Music Course of the Tokyo University of the Arts.