HOME > DISC > ALCD-1162

バッハの錬金術 Vol. 1
ヴィオラ・ダ・ガンバと鍵盤楽器のためのソナタ全曲/二つのトッカータ

Bach’s Alchemy Vol. 1
Sonatas for Viola da Gamba and Harpsichord / Toccatas

ALCD1162.jpgALCD-1162 税抜価格2,800円 2016/09/07発売
JAN 4530835 111412
武久源造(チェンバロ&フォルテピアノ)
市瀬礼子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

Genzoh Takehisa, harpsichord & fortepiano
Reiko Ichise, viola da gamba

レコード芸術 特選盤
音楽現代 推薦盤
CDジャーナル 今月の推薦盤



J.S.バッハ:

ヴィオラ・ダ・ガンバと鍵盤楽器のためのソナタ 第1番 ト長調 BWV1027
 [1] Adagio
 [2] Allegro ma non tanto
 [3] Andante
 [4] Allegro moderato
ヴィオラ・ダ・ガンバと鍵盤楽器のためのソナタ 第2番 ニ長調 BWV1028
 [5] Adagio
 [6] Allegro
 [7] Andante
 [8] Allegro
ヴィオラ・ダ・ガンバと鍵盤楽器のためのソナタ 第3番 ト短調 BWV1029
 [9] Vivace
 [10] Adagio
 [11] Allegro
[12] トッカータ ホ短調 BWV914
[13] トッカータ ニ長調 BWV912

武久源造(チェンバロ [1]-[4], [13] & フォルテピアノ [5]-[12])
市瀬礼子(ヴィオラ・ダ・ガンバ [1]-[11])

〈使用楽器〉
●ヴィオラ・ダ・ガンバ:7弦バスガンバ ヨアヒム・ティルケ製作 1700年頃 中原洋所蔵
●チェンバロ:フィリップ・タイアー製作 1993年 アメリカ・フロリダ州
(モデル:クリスティアン・ツェル 1728年 ハンブルク在)
●フォルテピアノ:深町研太製作 2007年 日本・埼玉県
(モデル:ゴットフリート・ジルバーマン 1747年 ポツダム在)


〈録音〉神奈川県立相模湖交流センター 2016年3月1~3日



イギリス古楽界の第一人者であり、フロリレギウム、フレットワーク、パッサカリアのメンバーである傍ら、ソリストとして英国音楽界を代表する数々のオーケストラと共演を重ねるヴィオラ・ダ・ガンバ奏者・市瀬礼子。詳細なバッハ研究を続け、テクスチュアから内発的に要求される音楽表現を追求し、楽曲ごとにジャーマン・チェンバロとジルバーマン・ピアノを厳選し奏でる武久源造。異色の顔合わせがここに実現し、バッハ演奏にさらなる新風を巻き起こす!




Takehisagonzoh3.jpg

武久源造(チェンバロ&フォルテピアノ)

1957年生まれ。1984年東京藝術大学大学院音楽研究科修了。チェンバロ、ピアノ、オルガンを中心に各種鍵盤楽器を駆使して中世から現代まで幅広いジャンルにわたり、様々なレパートリーを持つ。特にブクステフーデ、バッハなどのドイツ鍵盤作品では、その独特で的確な解釈に内外から支持が寄せられている。また、作曲、編曲作品を発表し好評を得ている。音楽的解釈とともに、楽器製作の過程についても造詣が深く、楽器の構造的特色を最大限に引き出す演奏が、楽器製作家たちからも高く評価されている。1991年「国際チェンバロ製作家コンテスト」(アメリカ・アトランタ)、また1997年(第7回)および2001年(第11回)「国際古楽コンクール〈山梨〉」、ほか多数のコンクールに審査員として招かれる。ソロでの活動とともに、2000年に器楽・声楽アンサンブル「コンヴェルスム・ムジクム」を結成し、指揮・編曲活動にも力を注ぎ、常に新しく、また充実した音楽を追求し続けている。2002年から毎年、韓国からの招請による「コンヴェルスム・ムジクム韓国公演」を行い、両国の音楽文化の交流に大きな役割を果たした。1991年よりプロデュースも含め40作品近くのCDを主にALM RECORDSよりリリース。中でも「鍵盤音楽の領域」(Vol.1~9)、チェンバロによる「ゴールトベルク変奏曲」、「J.S.バッハ オルガン作品集 Vol.1」、オルガン作品集「最愛のイエスよ」、ジルバーマン・ピアノによる「J.S.バッハ パルティータ[全曲]」、16フィート弦付チェンバロによる「ゴルトベルク変奏曲」ほか多数の作品が、「レコード芸術」誌の特選盤となる快挙を成し遂げている。2002年、著書『新しい人は新しい音楽をする』(アルク出版企画)を出版。2005年より鍵盤楽器の新領域とも言えるシンフォニーのピアノ連弾版に取り組み多方面から注目を集めている。2006年、NHKラジオ第1「ときめきカルチャー」コーナーに年間を通して出演。1998~2010年3月フェリス女学院大学音楽学部及び同大学院講師。2012年、2013年、東京で上演されたラモーのオペラ『プラテ』、『レ・パラダン』にて音楽監督を務めた。また、ここ数年、ドイツ、リトアニア、アイスランド等の各国で、オルガン、チェンバロなどを駆使して、即興演奏を含む多彩なレパートリーによってコンサートを行い、注目を集めている。


IchiseReiko.jpg
市瀬礼子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

東京に生まれる。国立音楽大学楽理学科にてガンバに出会い、神戸愉樹美、中野哲也の両氏に師事。91年に渡英。王立音楽大学の奨学金を得て、ガンバをリチャード・ブースビーに師事。現在はイギリスを代表するガンバ奏者として、世界各地で演奏、録音活動を行っている。いままでに、イングリッシュバロックソロイスツ、ガブリエリコンソート、アカデミーオブエンシェントミュージック、ロンドンフィルハーモニックオーケストラ、といった英国音楽界を代表するオーケストラとソリストとして共演。また、室内楽奏者としては、フロリレギウム、フレットワーク、パッサカリアのメンバーとして世界各地の音楽祭で多くの演奏および録音活動を行っている。王立音楽大学教授。ロンドン在住。


J. S. Bach:

Sonata for Viola da Gamba and Harpsichord No. 1 in G major, BWV1027

[1] Adagio
[2] Allegro ma non tanto
[3] Andante
[4] Allegro moderato

Sonata for Viola da Gamba and Harpsichord No. 2 in D major, BWV1028
[5] Adagio
[6] Allegro
[7] Andante
[8] Allegro

Sonata for Viola da Gamba and Harpsichord No. 3 in G minor, BWV1029
[9] Vivace
[10] Adagio
[11] Allegro

[12] Toccata in E minor,
BWV914
[13] Toccata in D major, BWV912

Genzoh Takehisa(harpsichord [1]-[4], [13] & fortepiano [5]-[12])
Reiko Ichise(viola da gamba [1]-[11])



Recording Location: Sagamiko Koryu Center, 1-3 March 2016

Instruments:
Viola da gamba: 7 string bass viol, Joachim Tielke c.1700, Possession of Hiroshi Nakahara
Harpsichord: Philip Tyre 1993, Florida USA, after Christian Zell 1728 preserved in Hamburg
Fortepiano: Kenta Fukamachi 2007, Saitama Japan, after Gottfried Silbermann 1747 preserved in Potsdam


Genzoh Takehisa, harpsichord & fortepiano

Born in 1957, Genzoh Takehisa graduated from the Music Department of Tokyo University of the Arts and its Graduate School in 1984. Having mastered all types of keyboard instruments, particularly the harpsichord, piano and organ, he has an extremely wide repertoire encompassing a range of genres, from medieval music to the present. In particular, his individual and precise performances of Buxtehude, Bach and other German keyboard composers have been acclaimed both in Japan and abroad. His own compositions and arrangements have also been well received. In addition to musical interpretation, Genzoh has a deep knowledge of the processes involved in producing instruments, and his performances, which utilize the unique structural features of each instrument to great effect, have been highly praised by instrument builders. He has been invited to numerous competitions to serve as a member of the jury, including the International Cembalo Maker Competition (Atlanta, 1991), the 7th (1997) and 11th (2001) Japan Clavier Society Competition held in Yamanashi, Japan. Genzoh is in constant pursuit of new and fulfilling music; in addition to his extensive career as a soloist, in 2000 Genzoh formed the vocal and instrumental ensemble Conversum Musicum which he conducts and for which he arranges compositions. The Conservum Musicum ensemble has performed in Korea every year since 2002, and thus plays an important role in deepening musical and cultural exchange between the two countries. Since 1991, Genzoh has released nearly forty CDs, both as a performer and producer, mainly on the ALM Records label, and a number of these were selected as the Best Disc in the Record Geijutsu magazine. His book “New People Make New Music” was published in 2002 by ARC Publishing. In 2005 he embarked on a new venture to arrange symphonic works for piano duet, and this garnered a great deal of attention. From 1998 to 2001 he lectured at Ferris University, and in 2012 and 2013 he was the musical director of the Rameau operas Platée and Les Paladins which were staged in Tokyo. In recent years he has given numerous recitals around the world, in countries such as Germany, Lithuania and Iceland, presenting a varied repertoire and improvisations.


Reiko Ichise, viola da gamba

Tokyo born viola da gamba player Reiko moved to the UK in 1991 after reading musicology at Kunitachi College of Music, where she studied gamba with Richard Boothby. Reiko now has established herself as a one of the leading gamba players in UK. As a soloist ,she has performed with many leading orchestras including Academy of Ancient Music, Gabrieli Consort, English Baroque Soloists, Arte dei suonatori, London Philharmonic Orchstra, Hallé Orchstra, appearing in many international festivals. Reiko is in great demand as a chamber musician and member of prestigious ensembles such as Fretwork, Florilegium, Passacaglia and the Bach Players. She is a professor of viola da gamba at Royal College of Music in London.