HOME > DISC > ALCD-1138

リスト オルガン作品集 ~LICはびきののフェルスべルク・オルガン~
Franz Liszt: Organ Works -Felsberg Organ in LIC Habikino, Osaka-

ALCD1138.jpgALCD-1138 税抜価格2,800円  2013/05/07発売
JAN 4530835 110088
椎名雄一郎(オルガン)
Yuichiro Shiina, organ

レコード芸術特選盤・朝日新聞推薦盤・音楽現代注目盤


YuichiroShiina.jpgYuichiro Shiina (Photo: 篠原栄治)フランツ・リスト (1811-1886):
バッハのカンタータ《泣き、嘆き、悲しみ、おののき》による変奏曲[LW-E17, S673]
コンソレーション第4番 変ニ長調[LW-E22, S672d]
B-A-C-Hの主題による前奏曲とフーガ[LW-E3/2, S 260ii]
アヴェ・ヴェルム・コルプス(モーツァルト/リスト編)[LW-E42, S674d]
前奏曲 ホ短調 op. 28-4(ショパン/リスト編) [LW-E16, S662]
前奏曲 ホ長調 op. 28-9(ショパン/リスト編) [LW-E16, S662]
コラール〈アド・ノス、アド・サルタレム・ウンダム〉による幻想曲とフーガ[LW-E1, S259]
歌劇《タンホイザー》より〈巡礼の合唱〉(ヴァーグナー/リスト編)[LW-E10/2, S676ii]

〈使用楽器〉パイプオルガン(スイス・フェルスべルク社製)
3段手鍵盤ペダル 43ストップ
パイプ総本数 3033本
ジェネラル・コンビネーション 256通り
メカニカル・レギスター/コンビネーション 切換装置
調律法 442Hz=23度
System J-M・Tricoteaux 2000
設計・建造 Orgelbau Felsberg AG(スイス)
組立・整音 Orgelbau Felsberg AG(スイス) ヤマハ株式会社
コンビネーション ヤマハ株式会社
Orgelbau Felsberg AG

〈録音〉LICはびきの ホールM(大阪) 2011年12月27-29日



habikinoorgan1.jpgFRANZ LISZT (1811-1886):
Variationen über das Motiv von Bach “Weinen, Klagen, Sorgen, Zagen” [LW-E17, S673]
Consolation IV Des-dur [LW-E22, S672d]
Präludium und Fuge über B-A-C-H [LW-E3/2, S260ii]
Ave verum corpus (W. A. Mozart / F. Liszt) [LW-E42, S674d]
Prélude e-moll op. 28-4 (F. Chopin / F. Liszt) [LW-E16, S662]
Prélude E-dur op. 28-9 (F. Chopin / F. Liszt) [LW-E16, S662]
Fantasie und Fuge über den Choral “Ad nos, ad salutarem undam” [LW-E1, S259]
Pilgerchor aus “Tannhäuser” [2. Fassung] (R. Wagner / F. Liszt) [LW-E10/2, S676ii]

Recording Location: LIC Habikino – Hall M (Osaka), 27-29 December 2011


habikinoorgan2.jpg「ピアノ×オーケストラ=オルガン!?」
分厚い音響に包まれたピアノのヴィルトゥオーゾであり、「レ・プレリュード」など色彩的なオーケストラの魅力が詰まった「交響詩」の創設者としても知られる作曲家、リスト。そのリストの鍵盤音楽の側面と、オーケストラが持つ多彩な音色が融合した彼のオルガン作品が面白くないわけがない!最大のオルガン作品「コラール〈アド・ノス、アド・サルタレム・ウンダム〉による幻想曲とフーガ」などオリジナル作品の他、ワーグナーやショパン、そしてモーツァルトの編曲など「リストのオルガン」を知るのに最適の8作品を収録。日本を代表するオルガニスト椎名雄一郎がリスト作品演奏のために選んだのは、パイプ総本数3033本、ストップ数43を誇り、後期ロマン派の繊細なニュアンスを細部まで再現する、スイスのオルガン工房フェルスベルク社のオルガン。大阪のLICはびきの・ホールMに設置された名器が、いま、高らかに輝きを放つ!



椎名雄一郎(オルガン)
 東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。 同大学院音楽研究科修士課程修了。オルガンを池田泉氏、廣野嗣雄氏、通奏低音を今井奈緒子氏、チェンバロを故小島芳子氏に師事。在学中、スペイン政府奨学金を得て、サラマンカ・オルガンアカデミーに参加する。
 2002年、NDR(北ドイツ放送局)音楽賞国際オルガンコンクール優勝他、1994年、第1回ザ・シンフォニーホール・オルガンオーディション入賞、 1997年、第1回ダラス国際オルガンコンクール第2位、 2000年、第12回ライプツィヒ・バッハ国際コンクール第3位など数多くの国際コンクールで入賞する。
 1999年10月よりオーストリア政府奨学金、ロームミュージックファンデーション奨学金を得て、ウィーン国立音楽大学に留学し、オルガンをM. ラドゥレスク氏、チェンバロをG. マレー氏に師事し、満場一致の最優秀の成績で卒業。 安田生命クオリティオブライフ文化財団より助成をうけスイス、バーゼル・スコラカントルム音楽院に留学。オルガンとチェンバロをJ.-C. ツェーンダー氏、通奏低音をJ.-A. ベッティッヒャー氏、アンサンブルをA. ルーリー氏に師事。2001年、オーストリア・ジュネスオーケストラのベルリン、シャウシュピールハウス公演にてチェンバリストとして参加し、絶賛された。
 2002年から2007年3月まで、豊田市コンサートホール専属オルガニストとして、演奏会、講座の企画を行う。2005年より10年間にわたるJ. S. バッハオルガン全曲演奏会シリーズを行っている。また、コジマ録音より、CD「バッハのオルガン解体新書」「オルガン音楽のすゝめ」「平和の祈り」「風琴事始」「新発見!バッハのオルガン芸術」をリリースし、高い評価を得ている。
 現在、日本の他、ドイツ、スイスなどヨーロッパ各地で演奏活動を行っている。活水女子大学准教授、学院オルガニスト。 東京藝術大学非常勤講師、日本キリスト教団吉祥寺教会オルガニスト。



Yuichiro Shiina, organ
He graduated from Music Department of Tokyo University of the Arts with a degree in organ performance. He followed the master course of Graduate School of the same university and received Master's Degree of Music in 2002. He studied organ under Prof. T. Hirono, and harpsichord under Y. Kojima. During his university days he participated into Salamanca Organ Academy with award of scholarship from Government of Spain.
In 1997, he won the Second Prize in the First Dallas International Organ Competition and was granted Dallas Honorary Citizen. In 2000, he won the Third Prize in XII International Bach-Wettbewerb in Leipzig. Then he won the First Prize in NDR Musikpreis 2002-Internationaler Orgel-Wettbewerb.
In October 1999 to May 2001 he had studied at University of Music and Performing Arts in Vienna, being awarded scholarships both from Austrian Government and Rohm Music Foundation. In Vienna he studied organ under Prof. M. Radulescu and harpsichord under Prof. G. Murray. He graduated from Organ Department of the university at the most excellent achievement approved with one consent. During October 2001 and September 2003 he studied organ and harpsichord under Dr. J.-C. Zehnder, throughbass under J.-A. Bötticher and ensemble under J. Sonnleitner and A. Rooley in Schola Cantorum Basiliensis in Switzerland. In 2001 he joined a concert by Jeunesseorchester in Schauspielhaus in Berlin as a cembalist and won the highest praise.
From 2002 until March 2007, he was planning various concerts as an organist attached to John Brombaugh's Organ, Toyota City Concert Hall, Japan. He is now giving frequent concerts of organ and harpsichord in Japan and oversea countries, Germany, Switzerland and USA etc. He is associate professor at Kwassui Women’s University, and a lecturer at Tokyo University of the Arts. He is also an organist of Kwassui Institute and Kichijoji Church.