HOME > DISC > ALCD-1134

ジャン=マリー・ルクレールの肖像
Ritratto di Jean-Marie Leclair

ALCD1134.jpgALCD-1134 税抜価格2,800円  2013/03/07発売アンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア
松永綾子(バロック・ヴァイオリン)
山口幸恵(バロック・ヴァイオリン)
懸田貴嗣(バロック・チェロ)
渡邊孝(チェンバロ)

Ensemble Ricreation d’Arcadia
Ayako Matsunaga, Violino
Yukie Yamaguchi, Violino
Takashi Kaketa, Violoncello
Takashi Watanabe, Clavicembalo

音楽現代推薦盤


RD.jpg●序曲第2番 ニ長調
●2つのヴァイオリンのためのソナタ第6番 変ロ長調 作品12-6
●トリオ・ソナタ第4番 ヘ長調 作品4-4
●ヴァイオリン・ソナタ第8番 ト長調
●音楽の気晴らし 第1集 ニ長調

録音:彩の国さいたま芸術劇場 2012年2月21-23日


伊・ボンポルティ国際古楽コンクール第1位、聴衆賞、ORF(オーストリア国営放送)録音賞受賞を皮切りに、ヨーロッパの様々な音楽祭で圧倒的な支持を得、近年では国内古楽界でも飛ぶ鳥を落とす勢いのアンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア。Ricreation d’Arcadiaの名の通り「理想郷での楽しみ」を信条とし、特にバロック・古典派初期のトリオ・ソナタなどの室内楽作品を得意とする彼らが、18世紀ヴァイオリン音楽の雄ルクレール(1697-1764)の“美のアルカディア(理想郷)”に迫る。緻密・奔放・優美そして愉悦——フランスバロックの魅力がここにある!


RDlogo.jpg

アンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア
 2001年モンテヴェルディの作品をテーマとしたコンサートをきっかけに出会い、2004年から活動を始めた。2003-2008年は東京・浜離宮朝日ホールで開催された「ヘンデル・フェスティバル・ジャパン」オーケストラの中核グループとして朝日新聞紙上や各音楽誌より非常に高い評価を得た。4人のメンバーは現在ヨーロッパを拠点とし、「イル・ジャルディーノ・アルモニコ」「ラ・ヴェネシアーナ」「アカデミア・ビザンチーナ」「イル・コンプレッソ・バロッコ」「アンサンブル・ゼフィロ」「バッハ・コレギウム・ジャパン」「オーケストラ・リベラ・クラシカ」など、日本のみならずヨーロッパの古楽グループのメンバーとしてもそれぞれ活躍している。
 2004年秋、イタリア、ロヴェレートでの第8回ボンポルティ国際古楽コンクールのアンサンブル部門で第1位、聴衆賞、ORF(オーストリア国営放送)録音賞を受賞。本選の模様はイタリアRAI とORFラジオで放送された。2005年夏から秋にかけてイタリアとスロヴェニアでの11の音楽祭へ出演、大成功を収めた。その後、オーストリアのメルク国際バロック音楽祭、インテーネ・バロックフェスティヴァル、エッカルツァウ城でのコンサートシリーズ、ザンクト・フローリアン・フィオリ・ムジカーリ、ブルンネンタール音楽祭、イタリアでは、メラーノ、ブレッサノーネの音楽祭などに出演、いずれも圧倒的な支持を得た。
 国内では、2006-08年目白バ・ロック音楽祭に参加、グナール・レツボール、エンリコ・ガッティ、ラ・ヴェネシアーナらと共演し、大きな話題となった。(ラ・ヴェネシアーナとのライブはNHK/BSで録画・放送された)また、2011年にはNHK-FMの名曲リサイタルにも出演した。
 2009年から東京オペラシティ・近江楽堂で定期的に行われるコンサートシリーズは、ナポリの知られざる作曲家に焦点を当てた「ヴィヴァ、ナポリ!!」や、バッハのゴルトベルク変奏曲の演奏会と並んで企画された「ヨハン・ゴットリープ・ゴルトベルクとドレスデン宮廷の音楽家たち」、「モーツァルトとバッハ一族 − 偉大なパトロンとしての G. van スヴィーテン男爵」など毎回意欲的なプログラミングと、演奏の質が各方面より高く評価されており、識者からも大きな注目を集めている。
 レパートリーは1600年から1800年のバロック・古典派初期の主にトリオ・ソナタをメインとした室内楽作品で、ヴィヴァルディ、コレッリ、J.S. バッハ、モーツァルトといった有名作曲家のみならず、ヨーロッパの図書館に所蔵されるバロック期の作曲家の未出版作品まで広くカバーしている。
 今後の予定として、ビーバーの「技巧的で楽しい合奏曲」全曲、ロカテッリのトリオ・ソナタ、18世紀ナポリのトリオ・ソナタ集、パーセルのトリオ・ソナタ集、C.H. アーベル(1634-96)の合奏曲集などが予定されている。
http://ricrearca.exblog.jp/
http://darcadia.blogspot.com/


●Ouvertura II en ré majeur
Ouvertures et Sonates en trio, Op. 13 (1753)
●Sonata VI en si bémol majeur Op. 12-6
Second Livre de Sonates à deux violons sans basse continue, Op. 12 (c. 1747-49)
●Sonata IV en fa majeur Op. 4-4
Sonates en trio pour deux violons et basse continue, Op. 4 (c. 1731-33)
●Sonata VIII en sol majeur
Premier Livre de Sonates à violon seul avec la basse continue (1723)
●Première Récréation de Musique en ré majeur
Première Récréation de Musique d’une Execution facile, Op. 6 (1736)

Instruments:
Ayako Matsunaga Anonymous. 18th century
Yukie Yamaguchi
Pieter Rombouts, Amsterdam ca. 1710

(Provided by Stichting Nationaal Muziekinstrumenten Fonds, Amsterdam)
Takashi Kaketa
François Le Jeune, Paris 1755, France
Takashi Watanabe Takahito Shimaguchi (2000), French harpsichord after Pascal Taskin (1769)


Ensemble Ricreation d'Arcadia (Pavia / Tokyo)
Ensemble Ricreation d’Arcadia was formed in 2004 by four young leading Japanese musicians (Ayako Matsunaga and Yukie Yamaguchi, violin, Takashi Kaketa, violoncello and Takashi Watanabe, harpsichord & organ) who regularly play with several baroque ensembles and orchestras in both Europe and Japan such as Il Giardino Armonico, La Venexiana, Accademia Bizantina, Il Compresso Barocco, Ensemble Zefiro, Bach Collegium Japan and Orchestra Libera Classica. The group’s aim is to explore the diverse instrumental music and vocal music of the seventeenth and eighteenth centuries, particularly focusing on the vast repertoire for the “trio sonata”. Their diverse repertoire ranges from works by Monterverdi and Carlo Farina (Capriccio Stravagante, 1626) to Handel’s operas and even early Mozart's symphonies, joined by fellow musicians who share the same ideal.
In 2004, Ricreation d’Arcadia won the first prize at “Premio Bonporti” (President of Jury: Gustav Leonhardt) in Rovereto, Italy and also received the Audience prize and the ORF recording prize. Since 2005, they have been invited to several early music festivals in Europe, including Accademia Filarmonica (Bologna), Associazione Filarmonica (Rovereto), Amici della Musica, Musica e Poesia a San Maurizio, MITO Festival (Milan), Festival di Brezice (Slovenia), Festival Internationale di Musica Antica (Urbino), Grandezze & Meraviglie (Modena), Trento Musicantica (Trento), Nuove Settimane di Musica Barocca (Brescia). Their concerts have been received with universal acclaim.
In 2006, the ensemble performed with Gunar Letzbor in Mejiro Ba-Rock Music Festival in Tokyo. From 2007 onward they were invited to music festivals in Austria and Italy, including Internationale Barocktage Stift Melk, INNtöne Festival, Schlosskonzerte Eckartsau and Konzertreihe FIORI MUSICALI in St. Florian, Brunnenthaler Konzertsommer, Music festival in Merano and Bressanone. In Mejiro Ba-Rock Music Festival 2007, they collaborated with Enrico Gatti and La Venexiana, which was filmed and broadcast by NHK. Some of their live concerts have also been broadcast by RAI and ORF.
Future plans include performances of Biber’s complete Harmonia Artificioso-Ariosa, as well as trio sonatas by Locatelli, Caldara, Corelli, and C.P.E. Bach.