HOME > DISC > ALCD-111

柳田孝義 ヴィオラ協奏曲「ハルモニアの祈り」
WORKS OF TAKAYOSHI YANAGIDA
A Grace of Harmonia

ALCD111.jpgALCD-111 税抜価格2,800円 2015/12/07発売
JAN 4530835 111092

大井剛史(指揮) 青木篤子(ヴィオラ) 東京交響楽団(管弦楽)ほか

Takeshi Ooi (conductor) Atsuko Aoki (viola)
Tokyo Symphony Orchestra
etc.


柳田 孝義:

[1]-[3] ヴィオラ協奏曲「ハルモニアの祈り」(2014)
1. I
2. II
3. III
青木篤子(ヴィオラ)大井剛史(指揮)東京交響楽団(管弦楽)

[4]-[8] 5つの回廊(木管五重奏のための)(2008)
4. I
5. II
6. III
7. IV
8. V
アミューズ・クインテット/ 若松純子(フルート) 杉原由希子(オーボエ) 大浦綾子(クラリネット) 松坂 隼(ホルン) 井上俊次(ファゴット)

[9]-[12] オーロラの彼方から…(英詩朗読を伴うオーケストラのための)(2010)
9. I
10. II
11. III
12. IV
拝仙マイケル(英詩朗読) 十束尚宏(指揮) 東京交響楽団(管弦楽)

[13]-[17] ヴァリュラン(クラリネットと弦楽四重奏のための)(1994)
13. I
14. II
15. III
16. IV
17. V
佐川聖二クラリネット五重奏団/ 佐川聖二(クラリネット) 小森谷巧(第1ヴァイオリン) 佐川裕子(第2ヴァイオリン) ブルース・プラム(ヴィオラ) ベアンテ・ボーマン(チェロ)


中世以来の教会旋法や典礼に触発された独自の作風によって類まれな抒情性を現代音楽の世界に刻む作曲家・柳田孝義の20年の創作の軌跡を追う。クラリネット界の重鎮・佐川聖二率いるクラリネット五重奏団の委嘱から生まれた《ヴァリュラン》(1994)から、古代ギリシア以来「神の音程」とされ音楽の礎となってきた完全5度、完全8度の音程から新たな広がりを求めたヴィオラ協奏曲《ハルモニアの祈り》(2014)に至るまで、室内楽と管弦楽のそれぞれで柳田が追い求めてきた陰影豊かな音楽が刻まれる。最高の演奏者に恵まれた、至高の叙情。


yanagidatakayoshi.JPG柳田孝義(作曲)
 1948年、北海道札幌市生まれ。武蔵野音楽大学、同大学院でクラウス・プリングスハイム、ミュンヘン国立音楽大学でハラルド・ゲンツマーに作曲を学ぶ。
 第38回日本音楽コンクール作曲部門第一位作曲賞を受賞。第52回、第54回文化庁芸術祭優秀賞(オーケストラ・プロジェクト)。第1回F. Ticheli国際作曲コンテスト(New York)第三位入賞、2005年、North Pacific Music (Portland, Oregon, USA)から「現代日本の最も透明な抒情性を湛えた作曲家」と評価を受けオーケストラ作品集が出版されている。
 また2009年にはスウェーデンのルンド大学マルメ音楽院、ノルウェーのベルゲン大学グリーグ・アカデミーで自作によるレクチュアコンサートを行う。自身が北海道の出身であるためか若い頃から北方の音楽、美術に親しみ、北欧の芸術家との交流も長く続いている。
 同年新たなオーケストラ作品集をALM RECORDSから出版。他にウインドオーケストラ、室内楽、合唱作品など多数の楽譜が出版されている。
 著書に「名曲で学ぶ対位法」「名曲で学ぶ和声法」(いずれも音楽之友社刊)がある。現在、文教大学教授、教育学部長、日本音楽著作権協会正会員、日本現代音楽協会正会員、日本作曲家協議会正会員。日本電子キーボード音楽学会前代表幹事。




Takayoshi Yanagida:
● [1]-[3] Viola Concerto “A Grace of Harmonia" (2014)
Atsuko Aoki, viola / Takeshi Ooi, conductor / Tokyo Symphony Orchestra

● [4]-[8] Five Galleries for Wind Quintet (2008)
Amuse Quintet
(Junko Wakamatsu, flute / Yukiko Sugihara, oboe / Ayako Oura, clarinet / Shun Matsuzaka, horn / Toshitsugu Inoue, bassoon)

● [9]-[12] From Beyond the Aurora Borealis… for Orchestra accompanied by English poems (2010)
Michael Huissen, reading / Naohiro Totsuka, conductor / Tokyo Symphony Orchestra

● [13]-[17] Valhulin for Clarinet & String Quartet (1994)
Seiji Sagawa Clarinet Quintet (Seiji Sagawa Clarinet Quintet / Takumi Komoriya, 1st violin / Hiroko Sagawa, 2nd violin / Bruce Plumb, viola / Berndt Bohman, cello)



TAKAYOSHI YANAGIDA
Born in 1948 in Sapporo, Hokkaido. Studied composition at Musashino Music University and Graduate School under Klaus Pringsheim and at Munich National Music University under Harald Genzmer
First prize winner in the composition category at the 38th Music Competition of Japan. Received Outstanding Achievement Awards at the 52nd and 54th Cultural Affairs Agency Arts Festival (Orchestra Project). Third prize winner at the First F. Ticheli International Composition Contest (New York).
Included in the Orchestral Portfolio of “Contemporary Japan’s Composers of High Lyricism”, published by North Pacific Music (Portland, Oregon) in 2005.
Conducted lecture concerts of his own works at Sweden’s Lund University Graduate School in Malmö and at the Grieg Academy of Norway’s Bergen University in 2009. He has particularly close relationships with Scandinavian artists, perhaps due to his being from Hokkaido.
Also in 2009 another collection of his orchestral works was published by ALM RECORDS. He has also published many other scores of chamber and choral music as well as for wind orchestra.
His textbooks include Learning Counterpoint from Masterpieces and Learning Harmony from Masterpieces.
At present he is a professor, dean of faculty of education at Bunkyo University. He was Secretary-General of the Japan Electronic Keyboard Music Society and is a member of the Japanese society for Rights of Authors, Composers and Publishers, the Japan society for Contemporary Music, and the Japan Federation of Composers Inc.